THX7539

フォト

Amazon.

楽天...

Amazon...

« TopGearが訴えられる | トップページ | 2011年オートポリス第三戦、ミニクーパーの床に穴が開いてしまった!!! »

2011年4月 2日 (土)

テスラ VS TopGear

テスラが自社のEVの評価について不当であると、英BBCで放送中のTV番組TopGearを訴訟した記事を書きましたが、その後、TopGear側の法的な対応について、TopGearのホームページにありましたので、リンクと簡単な翻訳を掲載します。

よく読んでみると、やっぱり真相はTopGearが正しくて、EVスポーツカーはまだ使い物にならない、品質が低すぎる。 ぽっと出のベンチャーに既存メーカと同様の品質の車なんて作れるはずがない。 ましてや、スーパーカーなんて...
ということだと思います。

おそらく、日本のメーカが品質基準からすると、市販できる代物ではないでしょう。ニュルで気合い入れて走ったら、数周で故障することでしょう。

なので、EVは日産リーフか三菱を買って、おとなしく乗りべき。

http://transmission.blogs.topgear.com/2011/04/02/tesla-vs-top-gear-andy-wilman-on-our-current-legal-action/

英文を読んでみると、

2008年の12月に放送したテスラのロードテストに対して、テスラが抗議しているようです。なんでいまさらという感じですが...

現在は、BBCの規定に従って、裁判に備えるために、相手側の言い分を分析しているようです。

テスラのほうは、弁護士の準備を待つだけでなく、メディアでのプロモーションに忙しいそうですが、TopGear側は静かに裁判に備えているようです。

以下がテスラに対する反論のポイント

1.TopGearはテスラの走行可能距離が55マイルだけだとは言っていない。実際に番組の中では「我々は、我々のトラック上で計算した結果、55マイルでバッテリ切れになるだろう」と言っている。
第一に、我々は、スポーツカー、スーパーカーのロードテストを行っていて、それがTopGearの存在たるゆえんである。よって、今回トラックにおいて、限界走行のテストを行ったのは当然。
第二に、55マイルというのは、我々の頭から出てきたものだが、もとはといえばテスラの専門家から来たもので、彼らが計算したものである。

2.我々は、モータが焼付いたとは言っていない。 実際番組では「パワーがなくなった」といっている。 これは事実である。

3.テスラは、我々ブレーキが故障したという嘘をついて行っているが、テスラ自身も「バキュームポンプが故障した」と言っている、まさにそれはブレーキが酷使された結果故障したことを示している。

以下まだ英文は続いてますが、後日時間があれば訳を掲載します。

ちなみに、TopGearとはイギリスBBCで放送中の超人気TV番組で、おもにスーパーカー、スポーツカーの評価を行ってます。 評価はイギリス独特の皮肉を交えた、かなり厳しいものですが、メーカに媚びることなく率直な評価に定評があります。 このあたりは、某日本のカー○ラフィックTVとは違い、数々の賞を受けるほど評価が高い。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

« TopGearが訴えられる | トップページ | 2011年オートポリス第三戦、ミニクーパーの床に穴が開いてしまった!!! »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514142/51282179

この記事へのトラックバック一覧です: テスラ VS TopGear:

« TopGearが訴えられる | トップページ | 2011年オートポリス第三戦、ミニクーパーの床に穴が開いてしまった!!! »

Amazon....

楽天

ブログ村

  • ブログ村

AD

楽天....

無料ブログはココログ