THX7539

フォト

Amazon.

楽天...

Amazon...

« スバルBRZ GT300の動画 | トップページ | ドラッグレース Bugatti Veyron VS GT-R(R35) »

2012年1月 2日 (月)

ホンダも第三のエコカー、超低燃費エンジン開発へ

ホンダも、ようやく超低燃費エンジンを搭載した車の販売を決めたようです。

エンジン自体が超低燃費なので、高速道路でも低燃費で走れるし、大量の電池を搭載していないため、環境にもいい。

EV、HVは大量の電池を積んでますが、その電池を作るためにどんだけ環境汚染しているのか? また、寿命が尽きた電池を破棄する場合はどうなのか?

モーターを作るときに必要なレアメタルの採掘、精錬にどんだけの電気を使い、環境を壊しているのか? を考えると、やっぱり、エンジン自体の燃費を向上させた、第三のエコカーこそ本物のエコカーだと思います。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120101-00000022-san-bus_all

今までのエンジンと吸排気のタイミングが違う、アトキンソンサイクルというエンジンだそうです。ホンダではEXlinkeという名前だそうです。
以下の動画を見てもらうと良く解るんですが、吸気の時は青い印がついた所までピストンが下がり、圧縮、爆発後は赤い印がついた所までピストンが下がります。圧縮比よりも、膨張比を大きくすることでエンジン効率を向上させたエンジンなんだそうです。
よく見ると、クランクシャフトとコンロッドの間にもう一つリンクをかませて膨張比が大きくなるようにしているようです。

以下リンク(ホンダのホームページ)で分かりやすく、詳しく説明しています。単にアトキンソンサイクルを採用しただけでなく、エンジン内の摩擦抵抗も減らす工夫を行っているようです。
http://www.oita-trinita.co.jp/2011_index.html

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

« スバルBRZ GT300の動画 | トップページ | ドラッグレース Bugatti Veyron VS GT-R(R35) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514142/53632042

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダも第三のエコカー、超低燃費エンジン開発へ:

« スバルBRZ GT300の動画 | トップページ | ドラッグレース Bugatti Veyron VS GT-R(R35) »

Amazon....

楽天

ブログ村

  • ブログ村

AD

楽天....

無料ブログはココログ