THX7539

フォト

Amazon.

楽天...

Amazon...

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

台湾で見かけたボンネット・ダンプカー、推定50歳

台湾で見かけたボンネット・ダンプカー

日本ではまったく見かけることがなくなった、ボンネットタイプのダンプカーですが、このダンプは、まだまだ現役のようです。

推定、50歳?

いすゞ製と思われます。

メンテ性の良さからか、アメリカでは、まだボンネットタイプのトラックをよく見かけますが、日本では全く見なくなりました。

中古で台湾に流れてきたのか、新車で台湾に輸入されたのか?
久々にボンネットタイプのダンプを見かけ感動!

現役で頑張り続けてほしい。さすが日本製、耐久性抜群!

Dsc_0247picsay

2014年11月26日 (水)

2017年新型ジムニー発売か?

なんと、TopGearのHPにジムニーの記事が乗っている!!!

スーパーカーじゃないけれど、あのTopGearのHPにジムニーの記事があります。

イギリスのセールスチーフのインタビューとして、どうも2016年にプロトが発表され、2017年に新型が発表されるみたいなことを書いてます。

新型は革新的だが、人目見ればジムニーだとわかるような車になるというようなことも書いてます。

それがどんなデザインだかまでわかりませんが、JA22以前のような、角ばったデザインが復活してほしい。

トヨタの70も復活したことだし、旧来のデザインが復活してほしい。

アメリカでは、一時期売れすぎたため、GMにこてんぱんに叩かれましたが。
ヨーロッパでは人気のようです。

http://jp.autoblog.com/2014/12/02/suzuki-next-jimny-samurai/

http://www.topgear.com/uk/car-news/suzuki-jimny-update-2014-11-26

にほんブログ村 車ブログ ジムニーへ
にほんブログ村

マクラーレンホンダF1 FIFA公式テスト

マクラーレンホンダF1が、FIFAの公式テストのためアブダビのヤス・マリーナサーキットを走行しました。

今回は、MP4ー29にホンダエンジンをのせた開発用の車両だそうです。

なんとしても、あのセナ時代のホンダの復活を期待したい。

http://jp.autoblog.com/2014/11/25/mclaren-honda-test-car-makes-its-first-run-in-abu-dhabi/

動画はこちら、

http://www.honda.co.jp/F1/news2014/02/

2014年11月24日 (月)

コペン エクスプレイ発売開始

ダイハツ コペン エクスプレイがついに発売されました。

http://jp.autoblog.com/2014/11/23/daihatsu-copen-xplay-2014-kei-open/

https://copen.jp/?model=x&_ga=1.89195739.1545551399.1416840512

樹脂パネルを交換するだけで、色んなバリエーションを簡単に作れ、樹脂パネルをいかした造形を作れるというのは、非常に画期的。

ただし、パネルを買って簡単に、誰でもデザインを変更できるってほど簡単ではないようです。

エクスプレイで特に気に入った点は、フロントグリル!
ローブでは、真ん中にバーがありましたが、エクスプレイは大きくグリルが空いていてとてもいいデザインだと思います。

安全上の理由からか、最近の車はグリルの中央にバーのあるデザインが多いのですが、やっぱりバーはない方がデザイン的にいい。

気になる点ですが、コペン ローブで、センターコンソールの上部分にナビを付けると、とてもうっとうしい感じになる点です。

http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-d00f.html

エクスプレイのコンソールは若干、上部のデザインが変わっていて、ナビを付けるとどうなるのだろう?

ナビの画面が、引っ込めばいいんですが、画面がダッシュボードから突き出ているような感じになり、とても邪魔。

これからどんなバリエーションが出るのかわからないが、デタッチャブルトップの復活を期待したい。

ところで、先代のコペンは、海外では1300ccだったが、今回もそうなんだろうか?

ジムニーのワイドボディー見たいに、ちょっとボディーを広げて、日本でも1300を売ればいいのに。

2014年11月23日 (日)

イギリスの自動車文化は深い

イギリスにはブリティッシュモーターヘリテージという会社があります。
生産が終了した自動車(ミニ、MG、トライアンフ等)のパーツ等を生産している会社です。

日本の自動車は世界にその性能を認められてはいますが、まだまだアイデンティティー、デザイン、自動車文化の面ではまだまだだと思います。

その一つが、イギリスにあるブリティッシュモーターヘリテージの存在。

http://www.bmh-ltd.com/index.html

http://www.vividcar.com/cgi-bin/WebObjects/f1b8d82887.woa/wa/read/f50cb8e2f6/

エンジン等、全てのパーツは無理ですが、ボディシェルは完全に今でも新品が手に入ります。

コスト無視でやろうと思えば、新しいボディシェルを手にいれて、エンジンと手に入らないパーツを載せかえ、手には入る新品パーツを付ければ、ほぼ新車が手に入ります。

また、バックヤードビルダーが現在手には入る他車のエンジンをのせ、新車として販売することもできます。
そうやって復刻販売されたのが、MGB GT(MG LE50)。

http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/mgb-gtmg-le50-d.html

日本にも数々の名車がありますが、イギリスの自動車文化の面ではまだまだ追い付いていない。

各社共同で、クラシックカーを維持するために同じような会社を作ってはどうだろうか?
コスト的にも、各社バラバラで旧車のパーツを作るよりいいと思うんだが。

そのうち、ミニもMGの様にブリティッシュモーターヘリテージのボディシェルを使って、エンジンは現在のものを使った新車が手には入るときが来るかも。
日本ではオリジナルをいかに維持するかに重きを置く場合が多いですが、海外では気軽にエンジンのせ変えたりしてクラシックカーを楽しむことが多いようです。

2014年11月22日 (土)

台湾で見かけたミニ - 2

三越デパートにのクリスマス用ディスプレイになってました。

アイブローが片方とれています。残念!

Cloud_drive

今週のまとめ 11/17~23

今週のまとめ 11/17~11/23
気になった記事だけまとめてみた。

■トヨタ燃料電池車『MIRAI』市販化
エコカーの本命がついに発売ですね。

CO2排出ゼロ!ガソリン消費もゼロ!

水素エンジンってどうなんだろう。
できれば、内燃機関の方が良いんだけど。

エンジン音、排気音がない車ってどうも...

サウンドレーサーが売れそうな気がする。
実際に、プリウスとかにつけている人は多いんじゃないのか?

http://jp.autoblog.com/2014/11/18/mirai-12-15/

http://jp.autoblog.com/2014/11/18/toyota-mirai-press-conference-1/

http://jp.autoblog.com/2014/11/18/toyota-mirai-press-conference-2/

■ホンダF1エンジン+マクラーレン
2015年ホンダF1エンジン搭載のマクラーレンが初走行。

とにかく、もう一度あのセナ時代のホンダF1が復活してもらいたい。
最強タッグ復活!

http://jp.autoblog.com/2014/11/20/mclaren-honda-f1-first-photos-silverstone/

http://youtu.be/Bdhv-hjWw08

■ナイジェル・マンセルっていまは三菱ディーラー
もとF1ドライバーのナイジェル・マンセルっていまは、三菱のディーラーをしているそうです。

なんで、三菱なの?って気がしますが。

http://www.topgear.com/uk/photos/ten-things-we-learned-this-week-2014-11-21

■LAモーターショーのベスト&ワースト
LAモーターショーのベストカーとワーストカー

http://www.topgear.com/uk/photos/los-angeles-motor-show-roundup-gallery-2014-11-21

2014年11月17日 (月)

レクサスLFーLCは量産されるらしい

レクサスヨーロッパの副社長さんによると、2012年のデトロイトモーターショーで公開された、Lexus LF-LCは量産化されるそうです。

量産車はいったいどんなスペックになるんでしょう?

昭和世代としては、レクサスブランドのスーパーカーもいいんですが、できれば、トヨタ????GTを期待しているんですが...

http://www.autoexpress.co.uk/lexus/89453/lexus-will-build-the-stunning-lf-lc

2014年11月12日 (水)

アキュラ(ホンダ)がインテグラの後継モデル開発か?

インテグラの後継モデル開発のうわさがあるらしい。

でも、4ドアなんじゃねえの?

なんか、S660とか、S2000の後継モデルの話もあるけど、本気でスポーツカー作る気あるのか?

シビックTypeRだって5ドアハッチだし。

やっぱ、スポーツカーは基本ドアは2枚だよ。

http://jp.autoblog.com/2014/11/11/did-acura-just-confirm-working-integra-successor/

2014年11月 9日 (日)

訃報:徳大寺有恒さんが死去

「間違いだらけのクルマえらび」で有名な、徳大寺有恒さんがお亡くなりになりました。

非常に残念です。

ご冥福をお祈りします。

http://jp.autoblog.com/2014/11/08/rest-in-peace-mr-tokudaiji/

2014年11月 6日 (木)

Top Gearの対抗番組”Fifth Gear”

イギリスの自動車番組と言えば”TopGear”ですが、”FifthGear”という対抗番組があります。

現在日本では、ディスカバリーチャンネルで放送されています。

どちらの番組がいいとは言えません。 どっちも、それぞれに良いとこがあります。

番組のMCは4人、1名が女性(ヴィッキー)で、3人の男性(ティフ、ジェイソン、トム)という構成です。

男性の1人ティフ、女性のヴィッキーは、元TopGearのMCだったそうで。ジェレミーがMCを始める前、番組が下火になり中止となった時に、移籍したそうです。

ティフはF1まで乗ったレーサーで、さらにジェイソンもBTCCに出場するレーサー。
これなら、スティグのようなドライバーは必要ないようですが、もとスティグ(2代目)のベン・コリンズが2010年から参加しているそうです。

ティフは、TopGearでジェームズの代わりに、アリエル・アトムを運転するドライバーとして出演したことがあり、番組どうしは仲がいいようですね。

番組の内容は、いたって普通の番組で、TopGearみたいなむちゃくちゃなことはしませんが、サーキットなどでガッツリ良い走りを見せてくれますし、車の評価も言いたい放題、きっちり評価してくれます。

また、燃費グッズの評価や、ナビの評価など、TopGearではやらないような評価を行ってくれます。

番組のホームページはないようですが、フェイスブックとYouTubeのチャンネルはあるみたいです。

https://www.facebook.com/fifthgear

https://www.youtube.com/user/fifthgearuk

ちなみに、今のTopGearって、2002年にジェレミーがMCになって、今みたいに人気番組になったそうです。
ジェレミーといえば、また、ツイッターでの記事が物議をかもしているようです。

http://jp.autoblog.com/2014/11/04/top-gear-clarkson-trouble-again-over-beer-tweet/

2014年11月 5日 (水)

SEMAショーにて新型ロードスター(MX-5)のレースカー発表

マツダのフェイスブックからの記事です。

「SEMAショーにて新型MX-5をベースとした世界統一仕様のレースカー」が発表されたそうです。

このレースカーを使って、世界各地でレースを行うそうです。

最終的には、世界チャンピオンも決めるそうです。

マツダのフェイスブック
https://www.facebook.com/Mazda.Japan?fref=nf

AutoBlogJapanの日本語記事
http://jp.autoblog.com/2014/11/07/2016-mazda-miata-global-mx-5-cup-official/ 

TopGearのホームページにも同様の記事がありましたので追加します。
http://www.topgear.com/uk/car-news/mazda-mx-5-global-cup-racer-2016-2014-11-05

Image_10

AutoExpressの記事

http://www.autoexpress.co.uk/mazda/mx-5/89325/mazda-reveals-track-spec-mx-5-for-race-series

2014年11月 4日 (火)

シビックTypeRのライバル?ルノーメガーヌTrophy-R

たぶん、シビックTypeRのライバルとなるだろう、ルノー・メガーヌTroph-Rの試乗記がTopGearにありました。

こちらは、3ドアハッチですねぇ。

やっぱ、ホットハッチは、3ドアハッチですよね。

姑息な5ドアハッチはなぁ。

2リッター、271bhp、0-100㎞/hは5.8秒。 最高速254㎞/h、ニュルのタイムは7分54秒。

日本での値段と維持費はどれぐらいなんだろう?

Image_9

日産レンタカーでZをレンタルした - 追記

前の記事で書き忘れたことを書きます。

◎油温計が付いているんですが、油温がやたら高い気がします。

ちょっと峠を走っただけで、100度になってました。(普通に前の車についていっただけで、全く飛ばしてない。)
普通に走ってても、90度以上はあった。

たぶん、これだと、サーキットを走ると130度以上に確実に達するでしょう。
夏場は... 怖くて絶対に走れん。

だいたい、100度でも高い。
80-90度ぐらいで押さえたいとこなんだけど...

下手すると油膜切れするかも...
サーキットを走るなら、オイルクーラーは絶対に必要!

高速でも長時間だと、130度になるかもしれない。
高速道路は、油温計を見ながら走ったほうが良いかも、110度になったら30分休憩とか。(*_*;

オイルクーラーはついていないのか???
それとも、グレードによっては付いてるの?

◎次に、TopGearではエンジン音がうるさいとか、音が変だとか言われてましたが、普通に走ってる分にはエンジン音は全く気になりませんでした。

短時間だったが、高速で加速する時も、走ってる時もそれほど、うるさいという感じではなかったと思う。

AT車だったんで、Dレンジだとエンジン回転数も低めだし。
マニュアル車だともう少し、エンジンを回せるのでうるさいのかも。

◎それと、シートですが。
シートの前後の高さを変えることができますが、いまいち座り心地が悪い。
86のシートのほうが、かなりいいと思う。

◎最後にスピードメータなんですが、180㎞/hまでしかない。
なんで? 3.7リッターのスポーツカーなのに((+_+))

こんなん、すぐに振り切るよ。

※下の写真は、停車後に時間をおいて撮影したため、油温は下がっています。

Dsc_0213

2014年11月 3日 (月)

日産レンタカーでZをレンタルした

日産レンタカーでZをレンタルした。

トヨタレンタカーで86を借りたのに続いて、こんどは日産レンタカーでZを借りてみた。

7速ATです。

http://www2.nissan.co.jp/Z/index.html

Dsc_0201

やっぱりでかいですね、3.7リッターですよ。
一般道ではパワーを持て余します。
キックダウンすると、ロケットみたいに飛んでいきますね。

7速ATですが、86のAT同様パドルシフトでマニュアルシフトも可能です。
でも、やっぱりATてきなシフトで、シフトショックは大きいし、シフトした瞬間ちょっとぐっと押し出す感じがあります。運転しにくいです。
86のATのほうがフィーリングがよかったと思います。

MTのほうは、ダブルクラッチをしなくても、自動でブリッフィングして回転数合わせてくれるらしいのに、ATのほうももう少しなんかほしかったなぁ。

とはいえ、マニュアモードも無いよりはましで、ATでもレブまで回せる。
嫌なら、MTを買うべきと思った。

でも、7速は多いなぁ。

メーターは、真ん中がタコメーターで、右がスピードメータですが、やっぱりスピードメーターが見にくい。右のほうにまで目がいかない。

86みたいにデジタル表示をタコメーター内につけたほうがいいと思う。

それと、タコメーターの内に”Rev”ランプがついてて、Rev手前になると点滅し、マニュアルシフトのときには、シフトアップのタイミングがわかる。

Dsc_0209

パドルシフトは、ちょっと操作しずらかった。
ウィンカーレバー、ワイパーレバーを間違って操作してしまった。
右のパドルでシフトアップしようとしたら、パッシングしてしまった。

まあ、パドルシフトはあんまり使う人もいないかもしれないけど。

Dsc_0223

後ろは見にくそうだなぁと思ってたけど、やっぱり、ほとんど見えん。

でも、バックもモニターが付いてました。

Dsc_0205

一番嫌だったのは、ドリンクフォルダーの位置。
邪魔で仕方ない。

ATなので走行中にそれほど、シフトレバーを触ることはないが、Dレンジからマニュアルに切り替えるとき、PからDにするとき、バックする時など、とにかくドリンクフォルダーに何か入れておくと邪魔でしょうがない。

何を考えて、こんなところにドリンクフォルダーを作ったのか?
ペットボトルならいいが、スタバのコーヒーとかの場合、飲み口のコーヒーがシャツの袖についてしまう。

テストドライバーは、テスト中にドリンクフォルダーにペットボトルは置かないんだろうけど。

Dsc_0227

Dsc_0218

最近の車は全部そうなってるかもしれんが、ハンドルの下側、8時と4時の方向がちょっとだけ太くなっていて、街乗りでハンドルの下を持つときに持ちやすくなっていました。

Dsc_0225_2

次回は、マツダ系のタイムズレンタカーでロードスターかRX-8を借りてみよう。

タイムズレンタカーは、ミニOneも借りれるみたい。


追記記事

http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/z---b13a.html

2014年11月 2日 (日)

棚落ちピストンをディスプレイしてみた

エンジンブローした時のピストンを、ディスプレイボックスに入れてみました。

プラモデル用のディプレイケースが2500円ほどであったので、買った見ました。

ついでに、取り外した純正カムも入れてみました。 オークションに出したけど、売れなかったんだよなぁ

Dsc_0188

http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-4238.html

http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_481c.html

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

Amazon....

楽天

ブログ村

  • ブログ村

AD

楽天....

無料ブログはココログ