THX7539

フォト

Amazon.

楽天...

Amazon...

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月29日 (木)

東京モーターショー、アルトワークス復活

東京モーターショーに参考出品されているが、アルトワークスが、復活するのか?

でも、エンジンはR06Aなので...どうなの?

なんだか、アルトターボRSをマニュアルにしただけじゃないの?

期待はしたいが、エンジン仕様しだいだと思う。

http://www.suzuki.co.jp/release/d/2015/1028/index.html

http://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/2015tokyo/20151028_727936.html

http://alto-works.jugem.jp/?eid=594

RX-9への期待が世界中ですごい!

マツダのコンセプトカー発表以来、世界中の自動車関連メディアで話題になっていますが、TopGearでもコンセプトカー自体の記事以外にも、ロータリーエンジンの歴史の記事も掲載されています。

世界で唯一、かつ素晴らしい性能を持つロータリーエンジンの復活を世界中が期待しているようです。

ちなみに、以前アメリカへ出張した時、ミニ(BMW)に乗っているアメリカ人と自動車の話しで意気投合しましたました。

彼はミニの他にRX-7も持っているんですが、最近はRX-7に乗らないと言うので、なぜか聞いたところ、RX-7は速すぎて、ついついアクセルを踏みすぎてしまう。 そして、スピード違反で捕まってしまうからだ、と説明してました。

要は、それだけ楽しい車で、アクセルを踏みすぎてしまうって事だと思います。

http://www.topgear.com/car-news/tokyo-motor-show/cosmo-furai-history-rotary-engined-mazdas#1

http://www.topgear.com/car-news/concept/meet-rx-vision-mazdas-gorgeous-rotary-engined-sportscar

ちなみに、FuraiはTopGearでの撮影中に燃えちゃったんでですよね。

http://www.topgear.com/car-news/photo-day/photo-day-mazdas-amazing-furai-burns-crisp

東京モーターショー、ヤマハのコンセプトカーってミニマクラーレン?

ヤマハのコンセプトカーが公開されました。

ゴードンマレーがデザインしたようですが、重さは750kg!

本当に発売されれば、相当話題になるだろうが...

今までもヤマハは、何度かコンセプトカーを発表しているが、市販までは至っていないようなので、今度もコンセプトだけでは?

海外メディアは、結構注目しているようです。

http://www.roadandtrack.com/car-shows/tokyo-auto-show/news/a27175/yamahas-latest-concept-is-asports-car/

http://blog.caranddriver.com/yamaha-sports-ride-concept-a-sports-car-with-motorcycle-soul/

東京モーターショー、スズキのコンセプトカー

東京モーターショーで公開されたスズキのコンセプトカー、マイティデッキと言うらしいが、これって、ジムニー?

違うよねぇ?

http://www.autoblog.com/2015/10/28/suzuki-mighty-deck-air-triser-ignis-trail-tokyo-2015/

にほんブログ村 車ブログ ジムニーへ
にほんブログ村

2015年10月28日 (水)

マツダRX-VISION - RX-9

ついに、ロータリー復活だ!

社長は、明確に復活するとは言ってないが、86が発売されて以来のスポーツカー復活の兆しは止まらないだろう。

Skyactiv-Rを搭載し、RX-9としてぜひ復活してほしい。

http://f1-gate.com/other/mazda_28965.html

http://s.news.nifty.com/topics/detail/151028013944_1.htm

http://mw.nikkei.com/tb/#!/article/DGXLASDZ28H08_Y5A021C1000000/

http://www.autoexpress.co.uk/mazda/rx-8/92982/mazda-rx-vision-tokyo-concept-previews-new-rx-9-coupe

http://m.caranddriver.com/news/mazda-rx-vision-concept-debuts-in-tokyo-news

マツダの怪しげなコンセプトカーはロータリー.スポーツカーだった!

マツダの怪しげなコンセプトカーが、東京モーターショーで公開されるようですが、やっぱりロータリーエンジン搭載のスポーツカーだった!

ロータリーエンジンにSKYACTIVを適用したSKYACTIV-Rというエンジンを搭載する! とチーフエンジニアのフジワラ氏の言葉が紹介されています。

RX-7だという明言はないが、2シーターのスポーツカーであることは明言されている。

SKYACTIVをロータリーエンジンに適用するとは...すごい!

http://www.autoblog.com/2015/10/27/mazda-tokyo-concept-rotary-report/

おまけ、

4ローターのRX3が爆走する動画。

RX-3というよりは"サバンナ"と呼びたい!

http://www.roadandtrack.com/car-culture/videos/a27158/just-listen-to-this-quad-rotor-mazda-rx-3-scream/

2015年10月26日 (月)

NSXの販売開始が延期

新型NSXの販売開始が来年春に延期となったそうです。

と言っても、買うわけでもないんですが...

どうも、エンジンレイアウトの変更らしい。

この期に及んで延期ということは、やはり相当なこだわりがあるんしょう。

もしかして、アロンソ、バトンからダメ出し食らったか?

佐藤琢磨も開発に関与しているらしいし...

相当なダメ出し食らったか?

http://www.autocar.jp/news/2015/10/26/143013/

2015年10月24日 (土)

F1情報、メルセデスがエンジン規制緩和に合意

今季、ルノーとホンダエンジンは非常に苦戦していますが、メルセデスがエンジン開発規制を緩和したことで、来季以降はF1がさらに面白くなりそう。

今のF1は見ていて全く面白くない!

メルセデスとフェラーリだけが争っていて、出来レース。

しかも、エンジンの爆音もない。

規制緩和も良いが、スーパーGTみたいに上位にハンディをつけれないんだろうか?

何はともあれ、ホンダ頑張れ、マクラーレン頑張れ!

http://f1-gate.com/mercedes-benz/f1_28871.html

http://f1-gate.com/ricciardo/f1_28890.html

http://as-web.jp/news/info_smart.php?c_id=1&no=68857

2015年10月17日 (土)

ランボルギーニ・イオタが日本で売りに出てます!

スーパーカー世代にはたまらない、”ランボルギーニ・イオタ”が売りに出ています。

イオタと言っても、オリジナルはすでに焼失していますので、ドイツのランボルギーニのディーラーの社長が、ランボルギーニにオーダーしたものらしいです。

スーパーカーブーム当時は、ミウラとイオタは見た目だけの違いだと思っていたなぁ~
三浦っていう名前の奴は、からかわれたりとか...

このイオタを販売している名古屋のディーラー、ビンゴスポーツは、海外でも有名らしく、TopGearのホームページでも紹介されています。
でも、東京で売られているみたいなことを書いてますが...

外人さんは、日本はとにかく東京なんでしょうねぇ。

ビンゴスポーツのホームページを見ると、正面からみたイオタの写真がありますが、座席の後ろにファンネルが並んでるのが見えて、むちゃくちゃかっこいい!

http://jp.autoblog.com/2015/10/15/ultimate-lamborghini-miura-for-sale/

2015年10月16日 (金)

ヤマハが、東京モーターショウでコンセプトカー出展

ヤマハ発動機が、東京モーターショウに4輪のコンセプトカーを発表するそうです。

なんか、以前にも聞いたような気がするので、ググってみると、2013年にも発表していました。

さらに、1991年にも由良卓也デザインのスポーツカーを発表してるみたいです。

今回もおそらく、技術的なアピールのためのコンセプトのみで、市販までは行わないんでしょう。

http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/kyodo-2015101601001515/1.htm

http://jp.autoblog.com/2015/10/16/yamaha-tms2015/

VWスキャンダルの余波は...

フォルクスワーゲンの不正で、他の自動車メーカーの自動車も調査が行われているようです。

ルノー、日産、現代などのディーゼル車が規制値を超えたとの、調査結果もあるようです。
調査会社としては、名前を売るチャンスなんだろうな。

日本メーカーで不正が見つからなければいいんだが...

ディーゼルは環境に良いのに、これで悪者の烙印を押され無ければいいんだが...

http://newsphere.jp/business/20151015-2/

http://jp.autoblog.com/2015/10/13/honda-mazda-mitsubishi-mercedes-also-under-diesel-emissions-s/

2015年10月15日 (木)

CMで思い出すあの車...

GAZOOのホームページに、”CMが印象的だったクルマ”が特集されています。

ケンメリスカイライン、ホンダシティ、日産セフィーロ等...

あ~、そんなCM、あったなぁーっていう感じ。

http://gazoo.com/car/pickup/Pages/meishakan_cm01_150826.aspx  

YouTubeで、CM動画を探してみました。

2015年10月14日 (水)

日産リーフ VS 180のCM動画

日産リーフと180SX?(もしかしたら、北米仕様の240SX?)とのドラッグレースのCMが放送されていますが、リーフって本当にあんな加速ができるのか?

ガソリンエンジンより、モータのほうがレスポンスが早いんで加速がいいのは分かるが、リーフのモーターがあんなに強力だとは...

4輪にそれぞれモーターを搭載した4WDで、適切なソフトウェアで四輪のトルクをコントロールできたら、たぶんガソリンエンジンは、加速もコーナーもかなわんないと思います。

モーターは、千分の一秒単位でコントロールできるけど、ガソリンエンジンはそこまでレスポンスがよくないので、適切にコントロールできるソフト次第では電気自動車にはかなわないと思います。

ただし、電池がどれだけ持つかが問題ですが。

なので、モーターアシスト付きのガソリンエンジンなら航続距離、加速レスポンスともに両立できるというのが、新型NSXの回答だと思います。

元TopGear三人の新番組名はまだ不明!

元TopGearの司会者、ジェレミー、リチャード、ジェームスの三人が司会する予定の、アマゾン配信の番組名は一時”ギアノブ”と言われていたが...

どうも、単なるうわさだったようで、ジェレミーが完全に否定したようです。

果たしてどんな名前になるのか?

TopGearというネーミングがよかっただけに、新番組名がどうなるか楽しみ!!!

http://jp.autoblog.com/2015/10/13/clarkson-amazon-not-called-gear-knobs/

2015年10月13日 (火)

トヨタS-FRの詳細スペックがリーク

トヨタS-FRの詳細スペックが流出。

1.5リッター、2NR-FKE(カローラのエンジン)が搭載されるようです。

6速ミッション、重さは1トン!

値段は150万ぐらい。

ロードスターを意識した仕様ですね。

http://beta.motortrend.com/auto-news/forum-leaks-technical-specs-for-toyota-s-fr/

2015年10月12日 (月)

ついに!22万キロ以上をともにしたジムニーJA22を手放します!

ついに、悲しい別れの時がやってきました。

新車から22万キロ以上を一緒に走ってきた、ジムニー(JA22)を手放す時がやってきます。
最近は、発進、加速時に右の後輪からカラカラと音が鳴り(たぶんベアリング?)、オーディオも突然電源が落ちたりと、そろそろ買い替えサインが色々と出ていました。

30万キロいけるか!と思ってましたが...残念。
でも、エンジン(K6A)だけなら、30万キロいけると思います。

中古のJB23を探していたんですが、ようやく良い中古が見つかりました。

JB23のランドベンチャー(または同等のグレード)、MT、ノーマル(リフトアップ等は無し)、色は緑か青、走行距離は5万キロ以下で探したんですが...

これが、なかなか見つからない。
第一に、MTがない! 今どきはほとんどATらしい。

しかも、新古車だと高すぎて、パーツ代が出ない。

パーツ込みで、新車と同じぐらいの値段になることを狙って探したんですが、なかなか見つからず。
XCでもいいかと思っていたら、なんと、ディーラー系の中古車屋さんから乗り換えられる方がいて、中古として出てきたという連絡がありました。

行ってみると、8型のクロスアドベンチャー、色は白でした。

最初は、もう少し粘ろうと思い、断ったんですが。
色々と考えた挙句、結局買うことにしました。

納車は、いろいろと都合もあり、来月になると思います。

しかし、ジムニーのお手頃中古車ってありませんねぇ~ しかも、値段も下がらない。

にほんブログ村 車ブログ ジムニーへ
にほんブログ村

回生ブレーキって、こんなにエネルギーを生み出すんだ!

トヨタから、改正ブレーキがどれだけのエネルギーを生み出すのかが、良く分かる動画がアップされています。

すごいですねぇ。
商業用のタクシー、バス、トラックには全部付けたほうが良いんじゃないの?

どれだけすごいかは、とりあえず動画を見てください。

2015年10月11日 (日)

トヨタ、2020年ごろには自動運転を実現

すごい時代になってきました。

ついに自動運転の時代です。
あと5年先の話ですよ!

マニュアルトランスミッションがなくなり、ガソリンエンジンもなくなり、エンジンの爆音も消し去られ、最後は運転手も要らなくなるとは...

自動車レースは、自動運転ソフトウェアの勝負になるんだろうか?

F1だと、今年優勝のソフトウェアはマクラーレンの...って感じ?

まったく、つまらん時代になりそうだなぁ。

また、クラシックカーの税金とか上げるんだろうなぁ...

バイクの自動運手はしばらく無理だろうから、最後はバイクにもどろうかなぁ。

http://jp.autoblog.com/2015/10/10/toyota-lexus-autonomous-tech-2020-video/

2015年10月10日 (土)

光コラボレーションの勧誘電話

光コラボレーションへの移行を勧める、電話がかかってきました。

電話をかけてきたのは、NTTと光コラボレーションを提供する会社の間に入って、勧誘だけを行っているような会社で”株式会社コラボサポート”という会社です。

おそらく、光コラボレーションを提供する会社からマージンを取ってるんだと思います。

電話での勧誘で、まず”値段が安くなる”を主張してきます。
電話では、ゆっくりと検討できないのに、即決を迫ってきます。

何なのかをよく理解できない場合、メリットとデメリットを理解できない場合は、即決せずに、いったん断ることをお勧めします。
今すぐでなくても、あとでも変更できますので。

私、いったんは了承したものの、色々と調べてみるとネットスピードとか、回線品質、サービス内容など、NTTと全く同じ? かどうか良く分からなかったので、断りました。
もうすこし、サービス内容、口コミ情報などを調べ、様子を見た上で変更を考えたいと思います。

千円ほど安くなるらしいのですが、電話での即決の必要は全くありません。
十分検討したほうが良いと思います。
変更したあとで元に戻したい場合は、自分で手続きが必要かもしれません。

電話口で、名前(姓名)を言わせたり、電話をしていると途中で”ピピ”っていう音がしたり、どうも録音していて、後々の証拠、契約の根拠にしようとしているようです。

”ピピ”っていう音がしていることを突っ込むと、はぐらかされました。

私は、一旦承諾した後に断ったので、断った後再度電話がかかってきて、姓名を言わされました。
電話かけてくるぐらいなんだから、名前も知ってると思うんだが...

胡散臭い会社ではないようですが、即決の必要はないと思うし。
やろうと思えば、NTTに自分で変更を申し込むことも可能です。

ちなみに、「自分で変更します。」というと、今のプロバイダの解約時に違約金がかかるとか、キャッシュバックがないとか言われました。
そんとく感をあおってきます。

NTTから、正式に文書でサービスが変わることをアナウンスしてもらいたですよねぇ。
いきなり、取次会社から勧誘電話がきても、ユーザーは判断できませんよ。

しかし、私の電話番号はどこから入手したのか?
NTTから?

参考: http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1508/13/news004.html

http://ameblo.jp/snow08467245forest/entry-12013843678.html

http://hikari-korabo.com/flets-korabo

東京モーターショー2015年: トヨタ

トヨタの東京モーターショー関連情報です。

GAZOOのホームページですが、トヨタのみならず他社の情報もあります

私が一番気になるのは、やっぱり”S-FR”!

市販モデルはどんなデザインになるんだろう?

昔のMG、トライアンフ、フィアットの軽量小型スポーツカーが流行するのかなぁ
欧米のメーカーからも、同じようなコンセプトで新車が出てくるかも。

https://gazoo.com/car/tms2015/Pages/index.aspx?adid=ag169_151010

2015年10月 9日 (金)

86の弟分デビューか?S-FR

トヨタの新コンセプト”S-FR”!

Sは、スモールってことのようですね。

1.5リッターで、重さは1トン切り、マツダのロードスター(MX-5)にぶつけてくるんでしょう。

ホンダのS2000の後継車は、S1500! 1.5リッターのハイブリッドらしいから、1.5リッター辺りの軽量コンパクトスポーツカーが、そろって出てきそうですね。

http://www.topgear.com/car-news/tokyo-motor-show/toyotas-s-fr-concept-tiny-rwd-sports-car-we-want-and-need

http://www.autoexpress.co.uk/toyota/93060/toyota-s-fr-coupe-stars-in-quirky-toyota-tokyo-motor-show-line-up

http://jp.autoblog.com/2015/10/09/toyota-s-fr-44/

TopGearの元司会者たちの新番組の撮影開始

TopGearの元司会者、ジェレミー、ジェームス、リチャードの三人の新番組の撮影が開始されたそうです。

アマゾン・プライムから配信されるようですが、日本でも見れるのかなぁ?

記事の写真では、三人それぞれのお気に入りのスーパーカーを前にしゃしんをとってますねぇ。

http://jp.autoblog.com/2015/10/09/fomer-top-gear-crew-filming-amazon-show/

2015年10月 8日 (木)

2年後のホンダは最強!メルセデスが明言

メルセデスが明言したそうです。

2年後のホンダは強敵になる!

今は苦戦しているけど、ほんと頑張ってほしい!
2年後、ホンダ、メルセデス、フェラーリ、ルノーの戦いを期待している!

http://as-web.jp/news/info_smart.php?c_id=1&no=68569

2015年10月 7日 (水)

マツダロードスター VS トヨタ86 VS ケータハム270R

マツダロードスター、トヨタ86、ケータハム270Rの比較記事です。

記事の元ネタがが北米なので、ロードスター(MX-5)は2000㏄です。

「86は細いエコタイヤ履かせて、かんたんにドリフトができる」と、TopGearと同じことを言われてます。

ロードスターは、やっぱ2000㏄に乗ってみたいなぁ。
1.5でターボでも良いんだけど。

S2000は1.5リッターターボになるらしいから、ロードスターもパワー的に対抗すべきじゃないのか?
ターボ仕様か北米の2000㏄を投入してもらいたい。

http://www.autocar.jp/firstdrives/2015/10/06/140569/

ロードスター VS 86の記事へのリンクと、動画を追加
http://jp.autoblog.com/2015/10/09/2016-mazda-mx-5-miata-toyota-gt86-track-video/

2015年10月 6日 (火)

大分県の温泉CMがすごい

車の話ではありませんが...

大分県の温泉CMがすごい。

元日本代表選手が率いるシンクロナイズドスイミングチームが、温泉でシンクロやってます。

2015年10月 5日 (月)

BMWとレクサスが2020年発売目指し、スーパーカーを開発中

レクサスに近い関係すじからの情報として、2020年発売を目指し、アウディR8の様なスーパーカーを開発中らしい。

800馬力、ミッドシップ、4輪駆動。

フロントはモーターで駆動し、カーボン製のタブとアルミフレームのボディ。

エンジンはBMWの直列6気筒ツインターボ、プラグインハイブリッドか、トヨタのル・マンレースカーTS040のエンジンをベースとしたエンジンになるそうです。

http://www.autoexpress.co.uk/bmw/92986/lexus-and-bmw-team-up-to-create-an-audi-r8-crusher

2015年10月 3日 (土)

S2000は、1.5リッターターボになるのか? じゃあS1500だ

2018年発売のS2000後継車は、F1エンジンのテクノロジーを応用した1.5リッター・ターボで、モーターによるパワーアシスト付き、300bhpらしい。

リンク先の記事には、ホンダに近い筋からの情報となっていて、信憑性のある噂だと思います。
リンク記事の画像のほうは、あくまでも想像図らしいです。

シビックTypeRの2リッター・ターボエンジンになるとばかり思っていたが...
しかし、1.5リッターとすると、S2000の後継は、S1500になるのか???

ポルシェケイマン、アウディTT、BMWZ4、アルファロメオ4Cのライバルとなるらしい。

http://www.autoexpress.co.uk/honda/s2000/92985/new-hybrid-honda-s2000-is-taking-shape

2015年10月 1日 (木)

シビック・タイプR購入受け付け開始

シビックタイプRの購入受け付けが開始され、限定750台受注とのことです。

ついにターボ化され、ちょっと残念。

購入を検討されている方は、以下の記事を読んで見てはいかがでしょうか。

http://www.autocar.jp/firstdrives/2015/10/13/141258/

http://www.autocar.jp/firstdrives/2015/10/02/134945/

http://www.autocar.jp/firstdrives/2015/09/30/134717/

http://www.topgear.com/car-news/hot-hatch/hot-hatch-shootout-civic-type-r-vs-fiesta-st-vs-vw-golf-r#1

決断した方はこちら、

http://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/new/

F1情報、来年からは爆音復活!

どうやら、2016年からF1らしさが復活するようです。

爆音が出るよう、エキゾーストのレギュレーションを変更するそうです。

http://f1-gate.com/fia/f1_28661.html

http://jp.autoblog.com/2015/10/07/fia-formula-one-exhaust-wastegate-calendar/

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

Amazon....

楽天

ブログ村

  • ブログ村

AD

楽天....

無料ブログはココログ