THX7539

フォト

Amazon.

楽天...

Amazon...

« グリルがかっこいい、メルセデスAMG GTR | トップページ | 過去50年で最もイギリスで売れた車。 »

2016年4月12日 (火)

2016サーキット走行一回目、その3

今回のサーキット走行では、パフォーマンスボックスを使って走行データをロギングしました。

三年前に、2、3回使ったきりずっと眠ったままでした。

ようは、GPSロガーです。
ちなみに、ドリフト用のロガーもあります。

0-100km/hの計測だとか、簡易馬力計測もできるそうですが、まだ使いきれていません。

記録したGPSログは、専用のソフトで解析が可能です。

区間ごとのベストタイムをつなぎ合わせた、仮想ベストラップも解析可能です。
オートポリス走行会でくれるラップタイムの書類にもありますよね。

コース上のラインどりの確認はもちろん、コース上のどこの位置でどんだけのスピードが出てたとか、Gがどんだけだとかとか、ラップの比較だとか...

色々と解析ができるんですが、まだ使いこなせてません...

さらに、走行動画とログデータのリンクもできるらしいんだが...どうやるんだろう???

今回のベストラップは、2分47秒88ですが、区間ごとのベストをつなぎ合わせると2分44秒38となっています。
いまの技量で理論上あつ3秒ぐらいは速くなるってことですね。

ちなみに、オートポリスは公式には3区間(セクター)に分割されていますが、パフォーマンスボックスの解析ソフトは、なぜか9分割になっています。

どこで分割するかは設定可能ですが、ネット上で配布されている設定ファイルは、なぜか9分割となっています。

パフォーマンスボックスの使い方動画を見つけました。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

にほんブログ村

« グリルがかっこいい、メルセデスAMG GTR | トップページ | 過去50年で最もイギリスで売れた車。 »

サーキット」カテゴリの記事

ミニクーパー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514142/63466415

この記事へのトラックバック一覧です: 2016サーキット走行一回目、その3:

« グリルがかっこいい、メルセデスAMG GTR | トップページ | 過去50年で最もイギリスで売れた車。 »

Amazon....

楽天

ブログ村

  • ブログ村

AD

楽天....

無料ブログはココログ