THX7539

フォト

Amazon.

楽天...

Amazon...

« ホンダ、各気筒の排気量が異なったエンジンの特許出願 | トップページ | 元TopGear司会者たちの新番組名が決まった! »

2016年5月12日 (木)

レースから追放されたレースカー

レギュレーション変更などで、締め出されたレースカーたち。

あまりにも勝ちすぎたり、速すぎたりと、いろんな理由でレースから去るレースカーを9台ピックアップした記事です。

無茶苦茶勝ちすぎるのも、問題ですね。
その後は、レギュレーション変更で締め出し...

出る杭は打たれる。

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/motorsports/g6685/banned-race-cars/?

■1968年 ロータス56
タービンエンジン(ガスタービンエンジン)搭載で、4WDのインディーカー。

予選では圧倒的な速さで1,2位になったらしいが、レギュレーション変更により決勝では優勝できず。

■1967年 Penskeカマロ Z/28
ペンスケじゃなくて、ピンスキーカマロ。

ボディパネルを塩酸につけて薄くして軽量化した...と記事で書いております。

元記事を読んだがレースからの撤退理由は、いまいちよく分からない。
やっぱり勝ち過ぎなのかな?

■1973年 ポルシェ917/30
1300馬力、水平対向12気筒、ターボエンジン。

マクラーレンを打ち破ったらしいですが、残念ながら、レギュレーション変更により撤退。

■2001年 BMW M3GTR
わざわざ、アメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)のホモロゲーション獲得のためにV8に乗せ換えて(しかも、デチューン)10台限定販売されたらしい。

そのかいあって、ポルシェ911GT3に勝ち、クラス優勝するも、
ALMSがレギュレーションを変更し100台市販するよう変更したため、撤退。

■1992年 ウィリアムズFW14B
アクティブサスペンションで圧倒的な速さを見せたが、1993年アクティブサスが禁止された。

ドライバーは、ナイジェル・マンセル

■1992年 日産スカイラインGTR(R32)
オストラリアのツーリングカーレースで活躍したと書かれていて、ターボと4WDが禁止となり撤退したらしい。

■1969年 ダッジ・デイトナ / 1970年 PlymouthSuperbird
かなり個性的な車ですが、NASCARで活躍したららしい。

しかし、とがったフロントノーズと、でかいウィングが禁止となったらしい。

■1970年 Chaparral2J
チョー個性的な車です。

私もこの記事で初めて知りました。

後ろにスノーモービルのエンジンで回すファンを搭載しています。
このシステムで路面との間に負圧を発生させ、ダウンフォースを発生させているそうです。

でも、かっこ悪ーい

あえなく、ファン搭載のシステムが禁止されたそうです。

■1978年 ブラバムBT46B
これは、有名なファンカー。

デビュー戦でニキ・ラウダのマシンがいきなり優勝。

しかし、あえなくファンがほこりや小石をまき散らして危険だとして、たった1回で出場停止、あえなくデビュー戦で撤退。

ちなみに、デザインはゴードン・マレーです。

にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村

« ホンダ、各気筒の排気量が異なったエンジンの特許出願 | トップページ | 元TopGear司会者たちの新番組名が決まった! »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514142/63614607

この記事へのトラックバック一覧です: レースから追放されたレースカー:

« ホンダ、各気筒の排気量が異なったエンジンの特許出願 | トップページ | 元TopGear司会者たちの新番組名が決まった! »

Amazon....

楽天

ブログ村

  • ブログ村

AD

楽天....

無料ブログはココログ