THX7539

フォト

Amazon.

楽天...

Amazon...

« 2016年ル・マン24時間レース、トヨタ1-3体制で走行中 | トップページ | 2016年ル・マン24時間レース、#6が2位でゴール »

2016年6月20日 (月)

アメリカの会社が開発した小型ロータリーエンジン(動画追加)

わずか70cc、10,000rpm、3.5馬力、小型ロータリーエンジンのプロトタイプ。
しかも、空冷。

カート用に作られたようです。

アメリカのコネチカット州にある”LiquidPiston”という会社が作ったようなんですが、我々が知るマツダのロータリーとは違うようです。

ハウジングが三角で、ローターが繭みたいな形になっています。
元ネタ記事には、動画もありますが、いまいち動画からでは、どのように動作するのかよくわからない。

でも、ロータリー・エンジンであることは確かなようです。

ホームページを見ると、4ストローク・ロータリーエンジンと書いてあり、LiquidPiston社の特許である”thermodynamic cycle and engine architecture”(熱力学サイクルとエンジン構造)をベースとしている。

特許なので、もしかしたらアメリカの特許庁のホームページあたりで、特許の内容を参照できるかも。

市販モデルのエンジンは、重さ3ポンド(1.3kg)、15,000rpm、5馬力になるそうです。
通常の4ストロークエンジンより、30%小さくなるそうです。

さらに、次のプロトタイプは40~70馬力で、マルチ燃料対応を計画しているそうです。

アメリカのベンチャー企業の発想はユニークだが、もしかしたらGMあたりが買収していつの間にか、市販されちゃったりするかも...

元ネタ記事:http://blog.caranddriver.com/startup-company-creates-rotary-engine-that-weighs-4-pounds-video/

http://liquidpiston.com/

http://liquidpiston.com/technology/x-mini-gasoline/

日本語記事:http://japanese.engadget.com/2016/06/19/1-8kg/

にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村

« 2016年ル・マン24時間レース、トヨタ1-3体制で走行中 | トップページ | 2016年ル・マン24時間レース、#6が2位でゴール »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514142/63792898

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの会社が開発した小型ロータリーエンジン(動画追加):

« 2016年ル・マン24時間レース、トヨタ1-3体制で走行中 | トップページ | 2016年ル・マン24時間レース、#6が2位でゴール »

Amazon....

楽天

ブログ村

  • ブログ村

AD

楽天....

無料ブログはココログ