THX7539

フォト

Amazon.

楽天...

Amazon...

« ポルシェ911Rで200mph(322km/h)出してみた | トップページ | 完全EVの新NSXがパイクスピークに参戦 »

2016年6月11日 (土)

初心者向け”インジェクション制御”ってなんだ? #2

■第二回目は、”空燃比 - その2”

前回に引き続き、空燃比の話です。

理想空燃比は14.7と説明いたしましたが、トルクが一番大きくなる空燃比は、ちょっと濃いめの”12.5”(出力空燃比)なんです。

実際のECU制御は、空燃比は常に14.7、一定ではなく、
エンジン始動、加速時、低速時、アイドリング、水温等...の状況に応じて空燃比を調整(補正)し、14.7から濃くしたり、薄くしたりしています。
エンジンについているいろんなセンサー(水温、吸気温度、バキュームセンサー、O2センサー等)の値をもとに、ECUが判断しています。

例えば加速時は、急に空気の吸入量が増えます。
ECUは、増加した空気の量にガソリン噴射を追従させるため、通常よりも一時的にリッチ調整します。

逆に、減速時は出力を必要としないので、ガソリンをカットしています。

また、始動時、寒い朝などは、ガソリンがうまく霧状にならずに、シリンダー内に届かないため、エンジンが温まるまで(水温が上がるまで)、燃調をリッチにするそうです。

フルコンの設定においては、この補正値が結構ポイントになるそうです。

その他、空燃比は、エンジン出力のほかに排気ガス内のCO、HC、NOxの量にも影響します。COとHCはリッチだとおおくなり、Noxはリーン側で多くなります。

第一回、空燃比: http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/1-143e.html

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

« ポルシェ911Rで200mph(322km/h)出してみた | トップページ | 完全EVの新NSXがパイクスピークに参戦 »

エンジン制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514142/63593208

この記事へのトラックバック一覧です: 初心者向け”インジェクション制御”ってなんだ? #2:

« ポルシェ911Rで200mph(322km/h)出してみた | トップページ | 完全EVの新NSXがパイクスピークに参戦 »

Amazon....

楽天

ブログ村

  • ブログ村

AD

楽天....

無料ブログはココログ