THX7539

フォト

Amazon.

楽天...

Amazon...

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

ベクタリング・コントロール

最近は、”トルクベクタリング”という制御があるらしい。

R&Dにマツダとフォードのトルクベクタリング機能の記事がありました。

トルクベクタリングって、ようは、前後左右の車輪トルクをコントロールして、コーナーリング性能を上げようというシステムらしい。

これって、四輪それぞれ個別にモーターを組み込んだEVだと、簡単かつ超精密にコントロールできるはず。
モーターだと、ミリ秒単位でコントロールができる。

これがガソリンエンジンだと、ブレーキとか電子制御デフで制御するんだろうか?

マツダでは、”G-ベクタリング コントロール”って言うらしい。

スカイアクティブは普通のエンジンよりも、応答が良いらしく、ブレーキではなくエンジントルク制御でやってるらしい。

コーナリングの入り口(ターンイン)で、前加重にしておいて前輪の接地を高め、立ち上がりでは後ろ荷重で加速して抜けていく様な制御らしい。

これってようは、

コーナーでブレーキ残しつつハンドル切り始め、立ち上がりでは後ろ荷重で後輪にトルクをかけて加速して抜ける。

という、いままで人間がやったたことを、自動でやってくれるようです。

さらに、フォード・フォーカスRSでは、トルクベクタリングを使って、ドリフトしやすくするモードを搭載しているようです。

マツダ
http://www.roadandtrack.com/new-cars/news/a29737/how-mazda-g-vectoring-works/

http://www.mazda.co.jp/beadriver/dynamics/skyactiv/skyactivvd/

ちなみに、マツダ・ロードスター100万台記念で、にしき堂とのコラボ商品、ロードスター仕様の”もみじまんじゅう”が発売されたそうです。
http://blog.mazda.com/archive/20160627_01.html

フォード:
ドリフトモードで、母親にドリフトやらせようとします。
http://www.roadandtrack.com/new-cars/videos/a29734/ford-focus-rs-drift-mode-mother/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

HONDA二つ目のエンジン供給に備えて組織拡大

HONDAが二つ目のチームへのエンジン提供に備え、組織を拡大しているそうです。

しかし、マクラーレン側はかたくなに拒んでいるそうだ。

そりゃそうですよね、マクラーレンで結果出さない限りリソースは100%!マクラーレンに集中すべきと思いますよね。

元ネタ記事:http://f1-gate.com/honda/f1_31662.html

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

もう一度アメリカで再販売してほしい、素晴らしいSUV8台

かつてアメリカで販売されていたSUVのなかで、もう一度販売してほしいSUV8台です。

日本が世界に誇るべき四駆! あの2台も含まれています!!!

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/car-culture/classic-cars/g6741/eight-suvs-comeback-usa/

■Ford Bronco
R&D誌はアメリカの雑誌なんで、しょうがないですね。
アメリカ人にとっては、ランクル40みたいな存在かな?

■GMC Typhoon
初めて聞いた名前ですが、でかいですね。
その割に2ドアだ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/GMC%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%B3

■International Scout
インターナショナルハーベスターという会社が作った、”スカウト”と言う名前の車です。
http://blog.goo.ne.jp/landcruiserfj60/e/7fc1f8d0e59997fce1fb40a4b78d0d90

■Jeep Wagoneer
これも、アメリカを代表する四駆ですね。

■Land Rover Defender
これはもう、言わずと知れた定番中の定番ですね。
無骨な四駆らしい四駆がなくなるのは寂しいな。

■Mitsubishi Pajero
アメリカ人にも人気があるんですね。
私はあまり好きではありませんが。
ほとんどが、パリダカのイメージだけって感じ。

■Suzuki Samurai
いまさら、言いがかりをつけて追い出したくせに、戻ってきてほしいなんて...
しかし、ヨーロッパでは、むちゃくちゃ人気があるらしい。
ヨーロッパ人は懐が深い、エンジン載せ替えたりして、かなり楽しんでる方が多い。

北米で、二度と売ることはないでしょう!

最後に残る四駆らしい四駆は、ジムニーだ!

■Toyota FJ
ランクルは何と言っても、超絶の耐久性。壊れません!
某テロ集団が、ランクルに乗り回してるのをみてアメリカ政府が言いがかり付けてきたぐらい。
世界中あらゆる場所で、あらゆる人から信頼されている最高の車!

http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/70-f2c0.html

にほんブログ村 車ブログ ジムニーへ
にほんブログ村

2016年6月29日 (水)

車好きのための、GAZOO写真教室#2

第2弾が掲載されていました。

車の写真も奥が深いですね、真横、真正面を撮るだけなんですが、ちょっとずれるだけで違いますね。

元ネタ記事:http://gazoo.com/car/pickup/Pages/oneesan_160628.aspx

第一弾:http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/gazoo1-ba12.html

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

隼エンジン搭載の超速スズキ・セルボ

スズキ・セルボに、同じスズキのバイク、隼エンジンを搭載した動画を発見しました。

昨日は、隼エンジン搭載のミニを紹介しましたが、今回はセルボ!

やっぱりかっこいいですね!ジウジアーロのデザイン!

最高ですね。

もう一度、このデザインを踏襲したRR軽スポーツカーを発売しても良いんじゃないでしょうか?

もしくは、もういちどジウジアーロにデザインをお願いしてみては。

スペックは、180馬力、0-100km/hは5秒、車重は640kg!!!

彼らはドイツ人のようですね。
どうせなら、セルボでニュルブルクリンクを走ったら良いのに。

 

にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村

2016年6月28日 (火)

パイクスピーク最速!ベスト10!

パイクスピーク最速、ベスト10が掲載されていました。

私的には、パイクスピークと言えばあの人!

モンスター田嶋!6年連続優勝ですよ。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/motorsports/videos/g6722/fastest-times-pikes-peak/

■Sebastien Loeb in 2013
8分13秒878
言わずと知れた、ローブですね。
WRC9連覇。

■Rhys Millen in 2013
9分2秒192
リース・ミレン

■Romain Dumas in 2014
9分5秒80
ロマン・デュマ

■Rhys Millen in 2015
9分7秒22
ふたたび、リース・ミレン

■Greg Tracy in 2014
9分8秒18
グレッグ・トレーシー

■Hiroshi Masuoka in 2014
9分12秒20
ようやく、日本人が出てきました。
増岡浩

■Nobuhiro Tajima in 2015
ようやくモンスター田嶋です。
9分32秒40

http://www.apev.jp/teamapev/

■Paul Dallenbach in 2015
9分36秒49
ポール・ダレンバック

■Jean-Philippe Dayraut in 2013
9分42秒74
ミニクラブマンに、GTRのエンジンを載せたマシンで走ったそうです。
http://blog.livedoor.jp/motersound/archives/51782958.html

■Nobuhiro Tajima in 2014
再びモンスター田嶋です。
9分43秒90

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

海外オークションで、ちょっと毛色の変わった日本車が出品されていました。

AUTOCARに掲載されていた記事です。

オークション出品車両を紹介した記事なんですが、ちょっと変わった日本車が出品されていました。

まず、スバル360。
左ハンドル。
外人から見ると、バブルカーみたいな感じでしょうか。
値段は148万円。
左ハンドルだから、日本だともっと値段がついたかも。

それから、かなり状態が良さそうなホンダN600(N360 の海外版)
ディーラーが所有していたらしいんで、かなり状態がよさそう。
136万円だそうです。

長野県栄村で使用されていた、軽トラの消防車。
たぶん消防団仕様だと思います。
スバルサンバー四駆べーすで、177万円!。

どんな経路で、海外に渡ったんだろう?

さいごに、日産フェアレディ240ZG。
648万円。
写真を見ると状態は良さそうなんで、もっと値段がついても良いと思うんだが。

ちなみに、オークションはアメリカで開催されているようで、名前は”ジ・ファイネスト・オークション”というそうです。

元ネタ記事:http://www.autocar.jp/auction/2016/06/25/175908/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

隼エンジン搭載のクラシック・ミニ

スズキのバイク、”隼”のエンジンを搭載したミニ。

180馬力、0-100km/hは3秒!

スーパーカー並の速さです!

ちなみに、R35 GTRのニスモや、ケータハムスーパーライト500Rが2.9秒です。

これも、隼エンジン搭載ですが、ドラッグレース仕様。

タイムは12.62秒とあります。ちなみに、ドラッグレースは402mです。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

2016年6月27日 (月)

アマゾン Fire TV Sticを買ってみた

アマゾンのFireTV Sticを買ってみた。

今年の秋には、元TopGear司会者のアマゾンでの新番組も始まるらしいし、私はアマゾンPrime会員に加入しているので、無料動画も楽しめる。

動画のほか、アマゾン・ミュージックライブラリーや、アマゾン・クラウドに保存した動画や写真もTVで楽しめる。

車関係の動画はまだ少ないようですが、これから増やしてもらいたいですね。

昔のTopGear、FifthGearなど等...

スカパーみたいな番組ラインナップで、新作映画、ドラマ、TV番組がタイムリーにでてくれば良いんだけど。

理想は、クラウド上にいろんな動画があって、いつでも視られるようになれば、ブルーレイレコーダーのHDD容量なんて気にしなくいいし、レンタル店にもわざわざ行かなくてもよくなるんだけどなぁ。

どうせ、レコーダーに無造作に録画しても、たまるだけ、クラウドにあれば何時でも何時でも見られる安心感がある。

レコーダーは、地上波とBSの番組録画だけにしたい。

セットアップは超簡単、TVのHDMI端子に差し込んで、WiFiをセットアップすれば終わり。
アマゾンへの登録はすでに終わった状態で送られてきます。(中古の場合は、自分で行う必要がある)

https://www.amazon.co.jp/Amazon-Video/b/ref=topnav_storetab_aiv?ie=UTF8&node=2351649051

レースカーからインスパイアされた空力ボディを持つ車、10台

レースカーからインスパイアされた、空力ボディ・デザインを持つ車10台。

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/new-cars/car-technology/news/g6737/cool-aerodynamics-road-cars/

■Ferrari 488 GTB Active Diffuser Flaps
フラップが下がると,空気抵抗が下がるらしい。

■Ford GT Flying Buttresses
説明しにくいが、空気の通り道のような形状にすることでダウンフォースを生んでるらしい。

■Dodge Viper ACR Extreme Aero Package
省略、見た目がエアロ?

■McLaren Airbrake
69度の角度にあげることで、エアブレーキとしているそうです。

■Koeningsegg One:1 Top-Mount Wing
リアウィング前方の乱気流を防いでいる...
ことらの動画を見てください。https://youtu.be/jOoS6FBoQZM

■Aston Martin DB11 Aeroblade
エアロブレードとは、Cピラーにあいた空気の通り道により、ダウンフォースを発生させるらしい。
上記のフォードGTと似たコンセプトで、空気の通り道を工夫しているようです。

アストンは、高級GTカーなので、奇抜なボディデザインを使用せず、上記のようなシステムを採用した...とあります。

動画もありました。
https://youtu.be/l_p8VRdjwfQ

■McLaren P1 Manual DRS
ふたたび、マクラーレン。
Drag Reduce Systemと言われる、空気抵抗を減らすシステムで、F1にも採用されている技術らしい。

■Porsche 911 GT3 RS Front Wheel Air Outlet
見ての通り、フロントフェンダーのエア抜きですね。
冷却効果もある。

■Pagani Huayra BC
大きなリアウイングと、フィン、そして必要に応じて動作する前方と広報につけられたフラップ。

■Ferrari 458 Italia Deformable Front Winglets
ウイングレットは弾性素材で作られていて、高速走行時に変形し,ダウンフォースを生むらしい。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2016年6月26日 (日)

タタ・ナノに200hpのエンジンを載せてみた。

インド製の小型・廉価自動車、タタ・ナノにバイクの200馬力エンジンを載せてみた。

オリジナルは623cc、40馬力だそうです。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/a29692/tata-super-nano-drive/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ミニが出てくる、たのしい絵本

クラッシック・ミニが出てくる絵本を見つけました。

先日、病院の待合室で見かけたんですが、「こもり まこと」さんが書かれた絵本でした。

「こもり まこと」さんの絵本は、ミニ以外にも、旧車がたくさん描かれていてとても良いですね。

ミニのほか、ダットサン・フェアレディとか、ヒーリーがでてきてとてもおもしろそう。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

2016年6月25日 (土)

ランボルギーニ・ミウラ生誕50周年記念

ランボルギーニ・ミウラ生誕50周年記念として、ランボルギーニ・アヴェンタドールのミウラカラーが”アヴェンタドール・ミウラ オマージュ”として発売された。

ボディは赤と金のツートンカラー、ホイールも金色。

ランボルギーニにとって、ミウラの存在は偉大なようですね。

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/new-cars/future-cars/news/a29698/lamborghini-aventador-miura-homage/

http://response.jp/article/2016/06/24/277451.html

動画と元ネタ記事は関係ありません。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

初心者向け”インジェクション制御”ってなんだ? #3

■第三回目は、マップの話

フィードバック制御という言葉が出てきたので、マップの話をしたいと思います。

フルコンの設定でよく出てくる、”マップ ”。

こんなやつ↓↓

Photo

マップと一言でいっても、燃調を設定するものを燃調マップ、点火時期なら点火マップなど、いくつか種類があります。

空燃比マップとは、吸入空気量と回転数を縦横軸にとり、その交点上のポイントごとに燃料噴射量の数値を設定したものです。
(吸入空気量は、ミニの場合インマニの負圧です。インジェクションの制御方式により違い、アクセル開度だったり、マスフローメーターだったりもします。)

フルコンなどでエンジンチューニングをする際は、フィードバック制御(クローズドループ制御)で燃調を行う方法と、

空燃比マップに設定された値をもとに制御する方法(オープンループ制御)があります。

空燃比マップによる制御では、ECUはバキュームセンサーで読み込んだ吸入空気量(インマニの負圧)と、回転数をもとに噴射量を空燃比マップから値を読み取り、燃調を行います。
(インジェクターの制御方式により、バキュームセンサーではなく、スロットルエンコーダー値だったり、マスフローメーターの値だったりしますが、ミニの場合はバキュームセンサーです。)

これをオープンループ制御と言います。 (この言葉はテストに出ます!)

空燃比センサーの値をよみながら、少しずつ燃調を自動調整(フィードバック)していくクローズドループ制御(フィードバック制御)と違い、

あらかじめこの空気吸入量と回転数に対する、噴射量を決めてECU内部にデーター(空燃比マップ)として記憶しています。

実際のフルコンチューニングでは、オープンループ制御とクローズドループ制御の領域を分けて、両方を使い分けるようにしているようです。

クローズドループ制御だけならば、殆どECU任せでいいんですが、オープンループ制御時を併用する場合は、各MAPの値をいかに設定するかがフルコンチューニングの肝になるようです。

ちなみに私のミニも、ある回転数まではクローズドループ制御ですが、それ以上の場合または加速時はオープンループ制御へ切り替わっているそうです。

(ちなみに、ノーマルのECUがどうなっているかは良く知りません。)

インジェクターの制御方式については、次回に解説いたしますが、基本的に三つあります。

ミニに採用されているスピードデンシティ方式と、マスフロー方式、スロットルスピード方式。

スピードデンシティ方式では、インマニの負圧と回転数で燃調マップを作ります。

■用語について

マップという言葉が出てきますが、マップには二つ意味がありますのでご注意ください。

上記にあるような、燃調マップだとか、点火マップなどのマップと、

センサーのマップ(MAP:Manifold Absolute Pressure)”があります。

単に”マップ”といった場合は区別がつきませんので、前後の話の流れで判断してください。

マップセンサーは、バキュームセンサー、負圧センサーと言ったりもしますが、インテーク側の負圧を検知して、その電気信号をもとにECUは空気の吸入量を割り出し、燃調を行っています。

ちなみに、バキュームセンサーは結構なお値段します。

以前乗っていたJA22のバキュームセンサーが故障し、交換したんですが値段は2万円ぐらいしました。

■第一回、空燃比:
http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/1-143e.html

■第二回、空燃比その2:
http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/2-27ad.html

にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村

2016年6月24日 (金)

2016年ル・マン24時間レース、トヨタ、ストップの原因は...

GAZOO Racingのホームページで、ル・マン24時間レースの最終盤でのストップの原因が説明されていました。

原因は、ターボチャージャーとインタークーラーを結ぶダクト周辺の不具合だったそうです。

トヨタではさらに真因を探るべく、調査を継続しているそうです。

本当に残念でしたが、頑張ってほしい!!!

http://toyotagazooracing.com/jp/wec/release/2016/0623-01.html

こっちのリンクは、フォトギャラリーです。

http://toyotagazooracing.com/jp/wec/report/2016/03/11.html

関連ブログ記事:http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/201624-0b27.html

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードが生中継されている

イギリスで行われている、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードがインターネットでライブ中継されている。

http://www.roadandtrack.com/motorsports/videos/a29706/are-you-watching-the-goodwood-festival-of-speed-live-right-now/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

この動画を見れば、どんだけF1が速いか実感できる

F1は速い!って誰でも解ってますが。

日常の中で、どれだけ速いのかを実感することは全くない。

しかしこの動画を見れば、,少しは実感できると思います。

画面は左右に分かれていて、同じサーキットの同じ場所、同じ角度から撮影した物で、右がF1、左がその他のレースカーのようです。

動画は少し古いようで、右を走っているF1はV10時台の物だそうです。

オートポリスで、FJ1600と一緒に走ることがあるが、これがむちゃくちゃ速いからなぁ。最終コーナーを曲がったFJがバックミラーに映った、あっという間に追い抜かれるからなぁ。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

知られざる「海外で走る軽自動車」:スズキ

GAZOO掲載の「知られざる「海外で走る軽自動車」その4」にスズキ自動車の軽自動車が紹介されています。

http://gazoo.com/car/pickup/Pages/daily_160623.aspx?MAKER_CD=I&CARTYPE_CD=926&GENERATION=03

やっぱり海外で人気があるスズキの車と言えば、スイフトとジムニーではないでしょうか。

ジムニーはインドや、当南アアジア諸国ではかなりの超人気。

でも、やっぱりエンジンは軽規格がない海外では、660ccを1リッターに変えたりと、日本のエンジンより大きいエンジンを積んでますね。

あのカウンタックをデザインしたガンディーニさえも、スズキのワゴンRにんっていたくらいですから、日本のけっして軽自動車は侮れません。

http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/post-0b68.html

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

軽自動車最速だ!新アルト・ワークス

新型アルトワークス、R06Aも軽自動車最速になっちゃいました。

ブーストアップしたS660に、約7秒差をつけたそうです。

これでまだ、まだタービン交換はしていないようで、チューニング途中らしいですから、これからどんだけ速くなるんだろう?

恐るべし、新アルトワークス、R06A! なんだか、ほしくなっちゃいますねぇ。

元ネタ: http://alto-works.jugem.jp/

tetsuさん、記事のリンクを掲載させていただきます。 m(_ _)m 

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2016年6月23日 (木)

フォードフラットヘッドV8エンジンのピントン・バルブの動作

フォードフラットヘッド・V8エンジンのヘッドをはずし、ピストン、バルブの動きが丸見え動画。

フラットヘッドのバルブが、ピストンサイドにあり動作する様子が丸見え。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/videos/a29688/how-car-engine-valves-work/

こちらは、フォードフラットヘッド・V8エンジンをリビルドする動画

http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/v8-9c39.html

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

GT-Rでアウトバーンを爆走、314km/h出してみた

日産のテストドライバーの運転するGT-Rでアウトバーンを走り314km/hだしてみた。

レポーターはかなりビビり顔。

はえぇ~

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

史上最速のピット作業1.92秒!

先日のヨーロッパGPで、マッサの乗るマシンのピット作業が史上最速だったらしい。

わずか、1.92秒!

あっという間。

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/motorsports/news/a29666/fastest-f1-pit-stop/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

女子高生がS660で爆走試乗!セールスマンびびりまくり

S660(しかも限定車)に乗る同級生が、Facebookですごい動画をシェアしてきた。

南関東ホンダカーズの動画らしいんだが、どう見ても普通の女子高生が突然ディーラーを訪れて、試乗を申し込みます。

初心者マークを貼り付けて、試乗をスタートすると...

いつの間にかコースへ入っていき、グルングルンに爆走!

セールスマンびびりまくり、顔引きつり状態になります。

動画の最後のほうで、女子高生が去るシーンをよーく見ると、柱に”MIKI KOYAMA”と書かれた女性レーサーのポスターがあります。

正体を探るヒントが、ここにありました!

小山美姫という、FIA-F4に参戦する18歳の女性レーサーでした。

http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/motorsports/2016/02/02/18f4f1/

ポケバイから、 カートに進んで今は、FIA-F4。

かなり、お父さんが厳しいらしく、星一徹みたいだったらしい。

将来有望ですね。 女性F1ドライバーも夢じゃなさそう。

オートポリスに来ないかなぁ~

元ネタ記事:
http://s.response.jp/article/2016/06/20/277165.html

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2016年6月22日 (水)

トヨタの名車KP61型スターレット!復活してくれぇ~

KP61型スターレットの記事がありました。

元ネタ記事:http://gazoo.com/car/pickup/Pages/vehiclenavi_160621.aspx?MAKER_CD=%EF%BE%8C&CARTYPE_CD=18&GENERATION=1

ここで、KPスターレットを知らない方は以下のリンクをご覧ください。
http://nostalgia1970.blog135.fc2.com/blog-entry-2.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88#2.E4.BB.A3.E7.9B.AE_P6.23.E5.9E.8B.EF.BC.881978.E5.B9.B4_-_1984.E5.B9.B4.EF.BC.89

皆さん無茶苦茶、綺麗にしてますね。

OHVエンジンで1300㏄、キャブですね。
エンジンはミニと同じぐらいです。 
車重も軽い、730kgですね。

KPスターレットみたいな車が、復活するとうれしんだけどなぁ~。

トヨタさん、”61”か”KP61”の車名で復活してはどうでしょうか。

3ドアハッチの小型スポーツって、いまはないんですよねぇ。

ハッチバックは、ほとんど5ドアだし、デカいし。

ぜひ、このサイズの小型スポーツカー復活をお願いします。

その他に、記事の中にこんな一文がありました。

「ポルシェ社は「クラシック部門」を設立し、かつて製造・販売したモデルのパーツを再生産しているという。
また、ドイツ本国にポルシェを送り、大金を払うことでラインオフした状態にフルレストアすることも可能だ。」

やっぱり、日本にもクラシックカーを維持する、ブリティッシュモーターヘリテージのような組織が必要!

土屋圭一がのるKP61型スターレットとGTRが勝負する動画がありましたので、掲載します。

土屋圭一が、一時黙り込むほど真剣に走っています。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

懐かしいゲーム”マッピー”のスマホ用ができたらしい。

我々世代(40代、50代)には懐かしいゲーム、”ナムコのマッピー”がスマホで復活。

元ナムコのクリエイターが開発したらしいから、これは本物です。

8ビット風のグラフィックが最高!

他のナムコゲームも出るのかなぁ?

http://japanese.engadget.com/2016/06/21/android-ios/

2016年ル・マン24時間レース、ポルシェもトヨタを絶賛!

2016年ル・マン24時間レースは、マツダ787が優勝したとき以来、最高の盛り上がりではなかっただろうか。

といっても、TVで無料中継はないので時々インターネット経由での情報しかなかったが。。。
来年は、トヨタ優勝が現実的というか、ほぼ確実ではないかと思われる中、スタートとゴールぐらいはTV無料中継してほしいなぁ。

まあ、愚痴はどうでも良いんですが...

本題です。

GAZOOへのリンク
無念!ル・マン24時間、チェッカー目前で初制覇の夢消えるhttp://gazoo.com/car/pickup/Pages/oneesan_160621.aspx

【ルマン24時間 2016】残り3分の悲劇…トヨタ中嶋一貴「チームの皆にありがとうと言いたい」
http://gazoo.com/news/article/st3/Pages/2016/06/RES_277151.aspx

ポルシェのサイトにも、トヨタを絶賛する言葉が掲載されています。
http://www.porsche.com/germany/social-media/?lid=52455653

はっきり言って今回はポルシェの棚ぼた優勝。

オリンピックなら、金と銀のメダルを”二個いち”にしても良いくらいだ。

ニュルの最速記録は、何が何でも必ず奪還するポルシェも、今回ばかりはトヨタに度肝を抜かれただろう。

「おまえら、アウディばっかり気にしてただろぉ!」って言ってやりたい。

R&Dに掲載されている豊田社長の力強い決心の言葉が、掲載されていました。

”We will be back next year, reborn, and ready to take you on with all of our might. Look out for the 'sore losers,' Toyota, on the track next year. The fight is not over!”

「我々は来年戻ってくる! 生まれ変わり、そして全力をかける準備ができている。 負けず嫌いのトヨタは、来年もこのコースにいる! 戦いは終わっていない!!!」

俺からも一言いっておく!

おまえら!悔しいからって、来年からトヨタに不利なレギュレーション変更するんじゃねえぞ!」
「卑怯なことするんじぇねえぞ!タイマンはってこい!

関連リンク;

http://gazoo.com/news/article/st3/Pages/2016/06/RES_277151.aspx

http://f1-gate.com/porsche/lemans4_31605.html

http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/jcast-270178/1.htm

http://www.autocar.jp/news/2016/06/20/174914/

著作権、放映権の関係からか、トヨタのYouTubeチャンネルにも、GAZOOレーシングのチャンネルにも動画がありませんでしたので、日本で唯一の優勝チームに敬意を表して、マツダ787の動画を掲載します。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2016年6月21日 (火)

HSR九州デビューしようかなぁ

オートポリスが震災にあったため、10月までは走行できなくなり、最近ストレスがたまりつつあります。

先日、ジムニーのタイヤローテーションに行きつけのタイヤ屋さんにいったら、HSR九州の走行会に誘われました。

次回の走行会に行ってみようかなぁ...と考え中。

私とはまったく関係ありませんが、HSR九州でのイベント動画を発見したので貼り付けてみました。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

こんな運転はやめてほしい#3

車幅感覚がない!

狭い道のすれ違いで、左に寄らない。

おばさんに多いんですが、車幅感覚がないのか、まったく左にさけようとしない。

だからといってスピードも落とさず、すれすれを通り抜ける!

止まって待ってりゃ、まだ良いんだけど...

おばさん以外にも、こっちを小さい車だと思って、左に寄らず突進してくる車。

私は軽自動車(ジムニー)、クラシックミニに乗ってると、無駄にでかい車(たいていは四駆)が、”小さい車が避けろ!”とばかりに、狭い道にもかかわらず、突進し手来ますからね。

ほとんど一人しか乗ってなくて、その大きさは99%無駄なはずなのに。

無駄にでかい車の税金を上げて、軽自動車、小型車の税金は下げてほしいよなぁ。
もしくは、4人以上乗らない場合は違反とするとか。

ハイブリッド車より、無駄にでかい車を減らした方が環境に良いんじゃないの?

にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村

乗り続けて31年、コスモスポーツ

1985年に中古で手に入れて以来、31年間走り続けるコスモスポーツの記事がGAZOOにありました。

1967年発表の車とは思えないほど、とてもきれいにされています。

外装はもちろんのkと、車内、エンジンルームもむちゃくちゃ、まるで新車のよう。

下世話ですが、値段をつけると相当な値段になるのではないでしょうか?

やはり部品には苦労されているらしく、部品取りとして2台のコスモスポーツを購入されてたそうです。
旧車維持を目的とした部品供給元として、日本にもブリティッシュモーターヘリテージのような組織が必要ではないでしょうか。

本当に素晴らしい、わたしのミニもこれぐらい手入れをしてきれいに保ちたいものです。

元ネタ記事:http://gazoo.com/car/pickup/Pages/vehiclenavi_160616.aspx?MAKER_CD=C&CARTYPE_CD=A06&GENERATION=-1

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2016年6月20日 (月)

2016年F1ヨーロッパGPハイライト動画、バトン11位

ルマンの陰に隠れて忘れてましたが、F1ヨーロッパGPもやってたんです。

ずらして開催すれば良いのに。

今期の壁は11、10位ぐらいのラインか?

なかなか、コンスタントに2人そろって入賞しないなぁ。

元ネタ記事:http://f1-gate.com/movie/f1_31590.html

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

8ポートヘッド搭載のミニ、オンボード映像とシャシダイ動画

先日、8ポートヘッド搭載ミニの迫力動画をご紹介したが、同じミニのほかの動画を紹介します。

シャシダイに乗せてる動画と、レースのオンボード映像です。

エンジン音も良いですが、ストレートカットギアの音を唸らせながらガンガン走っています。

ハンドルのシャフトをかなり伸ばしてるみたいで、ポジション的に運転しやすそう。

それと、オンボード映像を見ていると、ダブルクラッチを使わずにシフトダウンしていますね。

 

 

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

これは怖い、一般道を走る車が大ジャンプ

一般道にWRCなみのジャンプポイントが出現。

次々と、車がジャンプしていきます。

ミニで走ってると、ちょっとした段差でも”ガクン”と振動が伝わってきますが、こんな道を走ったら腰にきそう。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/videos/a29541/minnesota-highway-buckle-cars-flying/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2016年ル・マン24時間レース、#6が2位でゴール

トヨタ6号車が、2位でゴール!おめでとう!

残念ながら5号車は、1位で走行中、残り2周でリタイヤ。

もしリタイヤしなかったら、1,2位独占だったが、

これで、来年は優勝確実だな。

http://toyotagazooracing.com/jp/wec/report/2016/03/10.html

http://f1-gate.com/toyota/lemans24h_31584.html

にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村

アメリカの会社が開発した小型ロータリーエンジン(動画追加)

わずか70cc、10,000rpm、3.5馬力、小型ロータリーエンジンのプロトタイプ。
しかも、空冷。

カート用に作られたようです。

アメリカのコネチカット州にある”LiquidPiston”という会社が作ったようなんですが、我々が知るマツダのロータリーとは違うようです。

ハウジングが三角で、ローターが繭みたいな形になっています。
元ネタ記事には、動画もありますが、いまいち動画からでは、どのように動作するのかよくわからない。

でも、ロータリー・エンジンであることは確かなようです。

ホームページを見ると、4ストローク・ロータリーエンジンと書いてあり、LiquidPiston社の特許である”thermodynamic cycle and engine architecture”(熱力学サイクルとエンジン構造)をベースとしている。

特許なので、もしかしたらアメリカの特許庁のホームページあたりで、特許の内容を参照できるかも。

市販モデルのエンジンは、重さ3ポンド(1.3kg)、15,000rpm、5馬力になるそうです。
通常の4ストロークエンジンより、30%小さくなるそうです。

さらに、次のプロトタイプは40~70馬力で、マルチ燃料対応を計画しているそうです。

アメリカのベンチャー企業の発想はユニークだが、もしかしたらGMあたりが買収していつの間にか、市販されちゃったりするかも...

元ネタ記事:http://blog.caranddriver.com/startup-company-creates-rotary-engine-that-weighs-4-pounds-video/

http://liquidpiston.com/

http://liquidpiston.com/technology/x-mini-gasoline/

日本語記事:http://japanese.engadget.com/2016/06/19/1-8kg/

にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村

2016年6月19日 (日)

2016年ル・マン24時間レース、トヨタ1-3体制で走行中

2016年ル・マン24時間レースは、21時間経過時点でトヨタの5号車が1位、6号車が3位で走行中。

一時、1,2位で走っていたが、現在は1-3体制で走行中。

このままゴールしてほしい!!!

頑張れ!!!

http://toyotagazooracing.com/jp/wec/report/2016/03/09.html

http://f1-gate.com/toyota/lemans24h_31573.html

にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村

トヨタクラシックカー・フェスティバルが海外で紹介されていた

原文には”トヨタ博物館フェスティバル”と書かれているが、おそらくクラシックカー・フェスティバルのことだろう。

かなりの写真を用いて、詳しく紹介されています。

記事を書かれた方(アメリカ人)が驚いたことは、

駐車場自体が、会場の様だった、そこには”走り屋”風のDR30スカイラインや、クラシックカートヨタセリカ2000GT、プリンス2000GT、トヨタスポーツ800等があったと書かれています。

ちなみに、”走り屋”は英文記事に漢字で書かれております。英語で言うと、“Boy Racer”だそうです。
元ネタ記事のリンクにて確認してみてください。

セリカ2000GTの写真では、ホイールはワタナべだとか書いていますね。

程度の良い日本車のクラシックカーは、欧米ではかなり効果に取引されますから...
http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-9e3f.html

投資としても、クラシックカーを見る場合がありますから、かなり興味があるんでしょう。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-shows/g6714/toyota-museum-festival/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

初心者向け”インジェクション制御”ってなんだ?番外編#1

元ネタのタイトルは”失われた芸術、機械式燃料インジェクション”

まるで置き時計のようだと表現してるように、かなり精密機械といった感じですね。

写真を見ると”SPICA”とありますので、アルファロメオのインジェクションかな?

ちなみに、ホンダS800は機械式インジェクションを搭載の予定だったとかで、ボンネットのパワーバルジがその名残だそうです。
機械式インジェクションは、あまりにも複雑なので断念したらしい。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/a26665/mechanical-fuel-injection/

動画を探してたら、いかにも職人風の、おじいさんがアルファロメオのインジェクションをメンテする動画を見つけました。
メンテできる方も、少ないんでしょうね。

■第一回、空燃比:
http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/1-143e.html

■第二回、空燃比その2:
http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/2-27ad.html

にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村

風変わりなエンジン・レイアウトの車ベスト10

ちょっと風変わりなエンジン・レイアウトの車を10台紹介します。

クラシックミニも、風変わりと言えば風変わりなエンジンレイアウトですよね。
一階がトランスミッションで、二階がエンジン。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/g6727/unusual-powertrain-layouts/

■Ferrari Berlinetta Boxer/Testarossa
フェラーリ・ベルリネッタボクサー。
180度のV型エンジンで、トランスミッションの上にエンジンをマウントしています。

と言ってもミニのそれとは違い、あくまでも別々になってはいるようです。

■Volvo S60/V60/XC60
これは、横置きFFエンジンです。

ただし、六気筒です!

普通横置きエンジンは、三気筒か四気筒ですが、六気筒とは...

さすがに、短命に終わり四気筒に置き換えられたそうです。

■NissanGTR
意外と知らない人が多いかも...

GTRって、エンジンは前ですが、トランスミッションは後ろにあります。

それで、四駆と言うことは、プロペラシャフトが二つあるってことです。

一本はエンジンとトランスミッションを接続し、

もう一つはトランスミッションからフロントへ伸びています。

■Ford RS200
これも、GTRと似ていますが、エンジンはミッド、トランスミッションは前にあるそうです。

■Lamborghini Miura
これは有名ですよね。

ミニと同じ二階建て構造。

■Cizeta-Moroder V16T
珍しいスーパーカーですね。

ミッドにV16を横置きに搭載しているそうです。

幅広すぎ!

■Dymaxion Car
後ろにエンジンを置いて、前輪を駆動する三輪車だそうです。

単なる変な車ですね。

■Ferrari F50
ほとんどF1と同じロードカーですね。

エンジンはみっどで、その後ろにトランスミッション。

F1エンジンベースのエンジンはシャシーに固定されテるらしく、音と振動はかなり大きいらしい。
ロードカーではありえないレイアウトです。

■Porsche 918 Spider
PDKギアボックスを上yder下逆さにマウントしているらしいが...

■Citroen Traction Avant
一番前にトランスミッションがあり、その後ろにデフ、そのまた後ろにエンジンがあるそうです。
ちなみに、FFの元祖みたいな車だそうです。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2016年6月18日 (土)

こんな運転はやめてほしい#2

今回は、ストレス発散記事ではなく、GAZOOで連載されている、ドライビングスクールの記事を紹介します。

シートポジション、ハンドル操作など基本的なレッスン動画です。

今更人に聞けない、運転の基本レッスンとして面白いと思いますし、こんな運転やめてほしいっていう運転を、自分がしないためにも基本は押さえておきたい。

元ネタ記事:
http://gazoo.com/car/love/Pages/drivingmovie01.aspx

関連記事:
http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/1-24af.html

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

V8エンジンLS1から、クレイジーアメリカンV12を作った

V8エンジンのLS1から、クレイジーアメリカンのV12エンジンを作った。

LS1を”にこいち”して、V12を作ったらしい。

717馬力!

2.5気筒+2.5気筒のエンジンと、3.5気筒+3.5気筒のエンジンを合わせて、6気筒+6気筒のV12エンジンを作っているようです。
0.5気筒のシリンダーをどうやって一つにしたのか、かなり興味があるんだが...

どうせなら、V8二つでV16にしたらよかったのに。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/car-design/news/a29552/the-ls1-based-v12-with-over-700-horsepower-is-happening/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

アルファロメオ155 DTMレースカーのインジェクターがすごい

元ネタ記事のタイトルは、アルファロメオ155 DTMのV6エンジンの音がすごいとなっていますが、動画を見てびっくり。

エンジン音どころじゃない、

元ネタにある動画の”36秒”から出てくる、スロットルがすごいことになっている。

なんとインジェクターが、ファンネルの外に付いてます。

ファンネルの外側から、インジェクターがガソリンを吹きまくってます。

こんなの初めて見た。

普通、インジェクターはスロットルバルブの手前(ファンネル内)か、スロットルバルブのエンジン側についてるもの。

もろ、ファンネルの外じゃ,ガソリン散らばりまくり。 そうとうガソリン臭い車だろう。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/motorsports/videos/a29582/alfa-155-dtm-sound/

ちなみに、こちらは先日紹介したミニの動画ですが、ファンネル内にインジェクターが付いてますね。
それでも、かなりガソリンのはね返りがあるようですが...
http://www.roadandtrack.com/car-culture/classic-cars/videos/a29558/austin-mini-engine/

http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/vls1v12-153c.html

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2016年6月17日 (金)

ミニ・ビジョン・ネクスト・100発表(動画あり)

BMWグループ100周年を記念して、各BMWグループがコンセプトカーを発表している中、ミニも同様に発表しました。

ぱっと見た感じ、すごく透明感があるデザインで、フロントガラスがでかい。

未来的ですが、ミニの面影なしって感じ...

自立的な自動運転システムを想定しているらしく、自分でチャージしたり、洗車をして、ユーザーの元に戻ってくるそうです。

おりこうさん!

一つだけ救われたのは、マニュアル運転も想定に入れていて、

”ジョン・クーパー・ワークス・パフォーマンス・モード”と言うのが装備されいるらしく、

このモードでは昔ながらのマニュアル運転が楽しめるらしい。

しかも、自動車がドライブに快適な道を察知した場合、ジョン・クーパー・ワークス・パフォーマンス・モードに切り替えるように促すらしい。

まったく、おりこうさんな奴だ!

元ネタ記事:http://www.autocar.jp/news/2016/06/17/174698/

ところで、同じBMWグループのロールスロイスからも同じビジョン・ネクスト100が発表されています。

本物のロールスがここまで未来的になると、ペネロープのFAB1は、一体どうなるんだ???

元ネタ記事:http://www.autocar.jp/news/2016/06/17/174711/

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

ソケットレンチセット・ベスト10と、初心者向けツール16選

まずは、ソケットレンチセットベスト10。

11ドル(1,169円)から、500ドル(5万円)まで様々。

スナップオンはやっぱ高いですね、9個のソケットセットで2万5千円。

KTCも同じぐらいの値段かな。

そろえたいけど、あんまり使わないしなぁ...

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/buying-maintenance/g6723/socket-wrench-sets/

つぎは、初心者向けツールセット16選。

16選の内訳は、以下の通りです。

乾燥剤は、オイルなどを床にこぼしたときに、乾燥剤(おそらく、シリカゲル)で吸い取るんだそうです。 シリカゲルであればかなり吸着力があるだろうから、オイルなどの吸着にもってこいなんだろう。

ところで、サービスマニュアルってディーラーで手に入るんでしょうか?
ジムニーのサービスマニュアルほしいんだけど...

ソケットレンチセット、 プライヤー各種、 トルクレンチ、 メガネレンチ、

ドライバー、 プラスチックハンマー、 照明、 ラテックス手袋、

結束帯、 マルチテスター、 インパクトレンチ、 潤滑油、 オイルパン、

乾燥剤、 テープ、 サービスマニュアル。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/buying-maintenance/g6726/tools-to-get-you-started-working-on-your-own-car/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

乗り物のレゴキット

また、レゴのカスタムキットネタがR&Dに掲載されていた。
今度は、フォルクスワーゲン。

http://www.roadandtrack.com/car-culture/entertainment/news/a29529/lego-volkswagen-beetle/

一体レゴにはどんなキットがあるのか、調べてみた。

http://momcom.jp/?ca=35

乗り物のキットは、飛行機、自動車、洗車など...相当種類があるようです。

乗り物のレゴキットを組み立てる動画をアップしているYouTubeチャンネルもありました。
https://www.youtube.com/user/brickbuilder23

関連記事:

http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-da06.html

http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/fj40-47b6.html

http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/10-1948.html

http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-1b71.html

http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/911gt3-547e.html

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

8ポートヘッド搭載のミニ、迫力のスロットルどアップ動画

Ardenというメーカーの8ポートヘッドを搭載したクラシックミニの動画です。

よくある動画と違い、4連スロットルドアップの動画、かなり迫力あります。

4連スロットル、4連インジェクター、ど迫力の吸気動作がどアップで見ることができます。

スロットル内部、インジェクターが丸見え。

この角度からの動画は思いつかなかったなぁ。

馬力どれくらい出てるんだろう?

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/classic-cars/videos/a29558/austin-mini-engine/

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

2016年6月16日 (木)

レゴ40,000ピースで、フォードGTをつくってみた

1/3スケールで、フォードGTをレゴで作ったらしい。

中心部はどうなっているんだろう?

中心部までぎっちり、レゴブロックで作っているんだろうか?

なんだが、8ビットのCG画像みたいに、ガタガタしている。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/motorsports/news/a29556/ford-gt-lego/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

新シビックTypeR、ヨーロッパ各地のサーキットでFF.最速記録を樹立中

新型ホンダ・シビックTypeRが、ヨーロッパ各地のサーキットでFF.最速記録を次々と樹立中です。

ただし、ニュルでの記録はゴルフに破られていますが...
記録は破られていますが、ちょっと訳ありらしい。

このゴルフはリアシートを取り外してて軽量化されていて、エンジンもレースカー用の物をデチューンしたような物らしい。
一応、400台限定販売の予定だとか。
http://car-me.jp/articles/5285

ドイツ人としては、ニュルの最速記録だけは、何が何でもドイツ車の物にしておきたいらしい。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/motorsports/news/a29538/honda-civic-type-r-lap-records/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

この動画を見て、初めて自動運転の素晴らしさが解った。

この”これが、トヨタがなぜ自動運転システムを作る理由”と題された、R&D誌の記事を見たとき、初めて自動運転システムが素晴らしいんだと思いました。

元ネタ記事は英文ですが、トヨタの動画が貼り付けてありますので、それを見れば、訴えたい意味は解ると思います。
動画は、トヨタのYouTubeチャンネルにアップされている動画なので、日本語です。

これなら、死ぬ間際までサーキットとまでは言わないが、一生ドライブを楽しめる時代が来るのかも。

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/new-cars/car-technology/videos/a29522/toyota-self-driving-car-commercial/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

第10弾はロータス・エスプリ - スーパーカーブームの花形モデル

第10弾はロータス・エスプリ。

ボンドカーですね。

ジウジアーロがデザインしたウェッジシェイプが最高にかっこいい。

スーパーカーのイメージにピッタリ。

ウェッジシェイプのスーパーカーが復活してほしいなぁ。

元ネタ記事:http://gazoo.com/car/pickup/Pages/meishakan_supercar_160615.aspx?MAKER_CD=%EF%BE%82%20&CARTYPE_CD=1&GENERATION=-4

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2016年6月15日 (水)

2016年ル・マン24時間レース

いよいよ18日(土曜日)から、いよいよル・マン24時間レースが始まります。

とりあえず、関連リンクを集めてみた。

GAZOOでは、LINE LIVEでスタートを生中継、その後もダイジェストで配信するそうです。

歴代チャンピオン: http://www.roadandtrack.com/motorsports/news/a29533/visual-guide-24-hours-le-mans-winners/

歴代ポルシェの優勝車:http://www.roadandtrack.com/motorsports/news/a29565/take-a-look-at-every-le-mans-winning-porsche-in-this-excellent-gif/

オフィシャルサイト: http://www.lemans.org/en/24-hours-of-le-mans/

GAZOO: http://toyotagazooracing.com/jp/wec/special/2016/24h-lemans.html

F1Gate: http://f1-gate.com/lemans/

にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村

100台限定、BMWミニジョンクーパー・ワークス・チャレンジ

100台限定、BMWミニ、ジョンクーパー・ワークス・チャレンジ発売。

でも...イギリス国内で。

残念!

231馬力、2リッターターボ、0-100km/h6.3秒以下。

足回りもに見直され、イギリスのニトロン製のサス。

ホイールは一本あたり、2.5キロも減量されているそうです。

どうせなら、2シータ-でロールゲージ入れてほしい。

値段は、480万円(32,000ポンド)。

元ネタ記事:http://www.autocar.jp/news/2016/06/15/174328/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

グローブボックスに常備すべき、ハンディツール・ベスト9

いまどきこんな言葉を使う人は少ないと思いますが...昔風に言うと”十徳ナイフ”。

最近はマルチツールとか、ハンディツールと言うようですね。

コンパクトに折りたためるし、あれば何かと便利ですね。

特にジムニーで林道を走ったりする人は、持っていた方が良いんじゃないでしょうか。

R&Dが選んだ、特選9品。
http://www.roadandtrack.com/car-culture/buying-maintenance/g6720/best-multi-tools/?

やっぱり定番はスイスアーミーか、レザーマンツールですね!

靴べらのようなシンプルな形の物は、飛行機内にも持ち込めて良いかもしれませんね。

私が、是非ほしいと思ったのは、7番のブレスレッドタイプ。

でも、アメリカ人サイズだから、日本人の手にはかなり大きいのかも...

わたしも、一般的なレザーマンツール風の物を一本持っています。

確か、道の駅えびので買ったと思います。
道の駅えびのは、けっこう自衛隊グッズを販売していて、その中の一つだったと思います。

Dsc_1702_

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ポルシェ911GT3のレゴを組み立てる

ポルシェ911GT3のレゴを組み立てる動画。

どうがは、箱を開けるところからですが、結構箱は高級感を出してますね。

2700ピースもあり、エンジンやサスペンションなど、かなり複雑、リアルにできています。

外側のボディの見た目はなんだか、つぎはぎだらけの感じがありますが...

組み立て動画は、25分あります。

早送りなので、実際の組み立てはかなり時間がかかっていると思います。

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/car-culture/a29521/lego-porsche-911-timelapse/

関連記事:
http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-da06.html

http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/fj40-47b6.html

http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/10-1948.html

http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-1b71.html

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

海外で走る軽自動車

GAZOOのホームページに”知られざる、海外で走る軽自動車”という記事がありました。

元ネタ記事:http://gazoo.com/car/pickup/Pages/daily_160612.aspx?MAKER_CD=I&CARTYPE_CD=900&GENERATION=20

軽自動車といえども、なめちゃいけません。

あのマルチェロ・ガンディーニもワゴンRに乗っていたそうです

カウンタックをデザインした人ですよ。

ただし、海外では660ccでなくて、1リッターだと思いますが...

先代コペンも海外では1.3リッターですからね。

チューニングしたらどっちが速いんだろう? 1.3のNA VS 660のターボ?

四駆の軽トラックとかも、ヨーロッパではかなり人気があるみたい。
むちゃくちゃ楽しんでるみたいです。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2016年6月14日 (火)

クラシックミニのマフラーに水が入ると...

新しくボディカバーを買ったんだが、マフラーを完全に覆いきれないため、雨の日に水が入ってしまいます。

エンジンをかけると、水と一緒にすすが飛び出るため、すすがベランダの下の部分についてしまっていました。

しょうがないので、レジ袋をマフラーにかぶせるようにしました。

効果てきめん、水が入らなくなり、エンジン始動時に水とすすをはかなくなりました。

もうすこし、あと10センチほどボディカバーが長かったら良いんだけど、メーカさんなんとかなりませんか...

Dsc_1699_

Dsc_1698_

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村


2016年F1カナダGPハイライト動画、残念マクラーレン入賞できず!

マクラーレンホンダは、残念ながら入賞できず!

アロンソは11位、バトンはリタイヤでした。
http://f1-gate.com/mclaren/f1_31439.html

レースハイライト動画: http://f1-gate.com/movie/f1_31447.html

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2016年6月13日 (月)

ランボルギーニ・ミウラのタイヤで作ったテーブル

ランボルギーニ・ミウラのタイヤで作ったテーブル。

ちょっと部屋に置くと、タイヤ臭くなるかも...

Top Gearのスタジオに出てくる、V8のエンジンブロックで作ったテーブルの方が良いなぁ。

でも、V8のエンジンブロックは重そうだから、自宅の部屋にはちょっと無理かなぁ。

ジムニーのアルミ3気筒なら、軽くて良いかな。

元ネタ記事の最後の方に、85万円のムシュラゴのデスクなどのリンクもありますよ。

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/car-culture/news/a29505/a-pair-of-lamborghini-miura-wheels-makes-an-expensive-coffee-table/

クラシックミニ・ミニでテーブルを作ってくれるお店が、千葉にあるようです。
http://blogs.yahoo.co.jp/csa_mini_fiat/63746128.html 

にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村

ラリーカーの特大ジャンプを集めた動画

ラリーカーの特大ジャンプばかりを集めた動画です。

すごいジャンプばかりですが、ドライバーへの衝撃は大丈夫なんでしょうか?

車内の画像も少し出てきますが、かなり衝撃がありそうですが、腰とか、背骨とか痛そうなんだけど...

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/motorsports/videos/a29496/wrc-rally-jump-video/

ついでに、ほかのラリーネタ。

実はフェラーリもラリーに参戦していた。

かつてのグループBカー時代に、308のラリーカーがありました。

ターマック(舗装路)でのラリーに参戦していたようですが、ワークスでなくプライベーターで、しかも、たいした成績を出せずに撤退しているようです。

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/motorsports/videos/a29460/ferrari-308-gtb-group-b-rally-michelotto/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

フォード・フラットヘッドV8エンジンのリビルド動画

フォード・フラッドヘッドV8エンジンのリビルド作業を、早送りで見れる動画です。

フォードのピックアップトラックからエンジンを降ろすところから始まり、リビルドに六日間かかったそうです。

その間4万枚の写真を撮り、動画に使用したそうです。

さびさび、カーボンで真っ黒なエンジンがみるみるきれいな新品エンジンに生まれ変わります。

やっぱ、ローテクの方が耐久性があっていいなぁ~っておもいますね。

これが、電気自動車だったらどうなんだろう? モーターってリビルドできるの?

50年後、100年後、電気自動車、ハイブリッド車のクラシックカーは走っているだろうか?

ちなみに、フラッドヘッドっていわゆる、サイドバルブ・エンジン(SVエンジン)とも言います。
動画を見ると、バルブが下向きにピストンの横側についてますよね。

ミニなどに採用されているOHVエンジンよりも、さらに古いエンジン形式です。

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/car-culture/classic-cars/videos/a29497/every-painstaking-detail-of-rebuilding-a-ford-flathead-v8-engine/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ホットハッチ0-100km/h ベスト10

Top Gearの選んだ、0-64mph (103km/h)ホットハッチ加速ランキングです。

しかし、ホットハッチ、5ドアが多いですねぇ。

やっぱ3ドアが良いんだけど...

巧妙にリアのドアノブを目立たなくして、3ドアに見せるのはやめてほしい、そこまでするなら3ドアにしろよ。

元ネタ記事:
http://www.topgear.com/car-news/hot-hatch/these-are-fastest-accelerating-hot-hatches#1

関連記事:ホットハッチ・パワーランキング

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2016年6月12日 (日)

大失敗の車、市販すべきコンセプトカー

大失敗の市販車、市販すべきコンセプトカーがリストアップされています。

前半の車名の前に”Retro Flop”と書かれているのが、大失敗、駄作の車で、
”Should've Made It”と書かれた車は、市販されるべき車です。

駄作の中に、クライスラーのクロスファイヤーが入ってますね。

ダイムラーとの提携時代に作った車で、車台はSLKと共通ですね。

元ネタはアメリカの自動車雑誌のホームページなので、基本アメ車がリストアップされていますが、
わたし個人的には、トヨタ 86”style Cd”を駄作の方に入れたいですね。

トヨタ系の中古店で一度だけ見かけたことがあるが、全く走ってるのを見たことない。

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/car-culture/g6717/6-retro-flops-and-6-concept-cars-that-should-have-replaced-them/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

N600(N360)レストア動画: その2

三月にN600(N360の欧米向けモデル)のレストア動画が、HONDAのYouTubeチャンネルにアップされていることを記事にしたが、やっと第二弾がアップされていた。

たたったの18秒だが、とりあえずエンジンを下ろしたようだ。

前の記事:http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/n600-3679.html

関連記事:http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/2jzdatsun260z40.html

 にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村

アメリカンV8に換装したポルシェ911がオークションに出てます

シボレーのLS1エンジン、V8を搭載したポルシェ911。 390馬力!

さすがに、搭載位置はRRですが、アメリカ人は何でもV8を載せちゃいますね。

ちなみに、このポルシェオークションで売っています
オークションサイトにも、作成途中の写真、動画があります。

今のところ19,900ドル = 212万円ほどの値段がついてます。

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/car-culture/classic-cars/news/a29495/porsche-911-ls1-swap/

V8を載せたミニ:
http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/hemiv8bmw-d7bc.html

http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/v8-4203.html

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2016年6月11日 (土)

フォードGTの走行動画、しかも360度ぐるぐる見渡せる

フォードGTが、スパ・フランコルシャンを走る動画ですが、ただの動画ではありません。

ぐるぐる360度、マウスでドラッグすると見渡すことができます。
車の前方だけでなく、右左、後ろ、車内を全部見れます。

一体どうやってこの動画作るんだろう?

YouTubeでレースの生中継をこの形式の動画でやってもらいたいなぁ。

走行中のレーサーの様子とかも見られて面白いと思うんだが。

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/motorsports/videos/a29493/ford-gt-spa-video/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

完全EVの新NSXがパイクスピークに参戦

V6ツインターボ・エンジンをはぎ取り、二つのモーターを追加し、より大きな電池を搭載したホンダの新NSXがパイクスピークに参戦するそうです。

これは、あくまでもレース参戦用であり、販売目的のコンセプトカーではないそうです。

一番気になるのは、制御方法ですね。

四つのモーターをどのように制御しているのか?

カーブの時は当然内輪と、外輪の回転数を変えて、より速くスムーズに回れるようにしているはず。

立ち上がりは、逆にLSD的な動作になるよう四輪とも同じトルクをかけてるんだろう化?

加速、減速など、いろんな状況に応じて4輪のトルクを変えてるんだろうか???

EVの利点として、4輪独立で回転数、トルクを制御できて、さらにそれがミリ秒単位で制御できることを、最大限に利用しているのではないか?

ミリ秒単位での制御ってとこは、内燃機関じゃできませんからね。

上のリンクにある、下側の写真が実際に出場する車両だと思います。
フロントに、パイクスピーク独特のでっかいフロントスポイラーがついてます。

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/motorsports/news/a29479/acura-nsx-ev-pikes-peak/

日本語記事:http://www.autocar.jp/news/2016/06/21/175073/

日本語記事:http://response.jp/article/2016/06/10/276671.html

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

初心者向け”インジェクション制御”ってなんだ? #2

■第二回目は、”空燃比 - その2”

前回に引き続き、空燃比の話です。

理想空燃比は14.7と説明いたしましたが、トルクが一番大きくなる空燃比は、ちょっと濃いめの”12.5”(出力空燃比)なんです。

実際のECU制御は、空燃比は常に14.7、一定ではなく、
エンジン始動、加速時、低速時、アイドリング、水温等...の状況に応じて空燃比を調整(補正)し、14.7から濃くしたり、薄くしたりしています。
エンジンについているいろんなセンサー(水温、吸気温度、バキュームセンサー、O2センサー等)の値をもとに、ECUが判断しています。

例えば加速時は、急に空気の吸入量が増えます。
ECUは、増加した空気の量にガソリン噴射を追従させるため、通常よりも一時的にリッチ調整します。

逆に、減速時は出力を必要としないので、ガソリンをカットしています。

また、始動時、寒い朝などは、ガソリンがうまく霧状にならずに、シリンダー内に届かないため、エンジンが温まるまで(水温が上がるまで)、燃調をリッチにするそうです。

フルコンの設定においては、この補正値が結構ポイントになるそうです。

その他、空燃比は、エンジン出力のほかに排気ガス内のCO、HC、NOxの量にも影響します。COとHCはリッチだとおおくなり、Noxはリーン側で多くなります。

第一回、空燃比: http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/1-143e.html

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

2016年6月10日 (金)

ポルシェ911Rで200mph(322km/h)出してみた

イギリスの自動車誌”EVO”がポルシェ911Rで、アウトバーンを走り、時速322kmを出した動画。

イギリスの高速道路では322kmは出せないようで、ドイツ(アウトバーン)まで行ってきたらしい。

イギリスから乗っていったんだろう、右ハンドルのポルシェに乗っています。

実際何キロ出ているかが画面に出てこないんで、いまいちなんだが、たぶん322kmはでているんだろう。

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/new-cars/videos/a29459/take-a-ride-in-the-porsche-911-r-at-200-mph/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

今日もワイパーネタ、ワイパーの歴史

昨日の記事に続いて、今日もワイパーについての記事です。

ワイパーって、アメリカに住む女性が発明した、手動式が最初だそうです。

その次に、エンジンの動力を利用した真空式(エア駆動?)が発明され、現在の電気モーター式はボッシュが発明したものだそうです。

しかし、ワイパーって長生きローテクの一つだとおもう。

しばらくは、ワイパーに変わる物は出てこないだろう。

今では当たり前だけど、シビックについたリアワイパーは画期的だったと思う。

ちなみに、我が家は、その初代のシビックがありました。

元ネタ記事:
http://gazoo.com/car/history/Pages/car_history_099.aspx

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ビンテージレースカーのレゴ

つい先日も、レゴの記事をあげましたが、こんなビンテージレースカーもレゴになっていた。

ロータスとフェラーリのF1、ジャガーXJR-9、ポルシェ917。

ジムニーはレゴにしてくれないだろうなぁ...

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/car-culture/car-accessories/reviews/a5151/these-lego-vintage-race-cars-are-the-stuff-of-legend/?click=my6sense

関連記事:
http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-da06.html

http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/fj40-47b6.html

http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/10-1948.html

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2016年6月 9日 (木)

本格的に梅雨入り、ワイパーについて

本格的に梅雨の季節となりましたが、GAZAOOのホームページに”ワイパー”に関する豆知識がありました。

元ネタ記事:
http://gazoo.com/car/pickup/Pages/daily_160606.aspx

でも、2番と4番の内容については、反論がありますねぇ。

2番では、ワイパーゴムだけ換えてもだめ。
本来の性能が出ない...とありますが、

経験上、ワイパーゴムだけの交換でも全く問題ないと思います。

よっぽどフレームがへたっていれば問題がありますが、通常はゴム交換だけでも十分だと思いますし、

ではなぜ、メーカーはゴムだけを売ってるの???

それは、ゴム交換で十分だからではないでしょうか?

4番については、最近はフロントガラスに”ガラコ、レインX”などで撥水加工を行うのは普通だし、撥水加工を行ったガラスでもうまく拭けるようなワイパーも売ってますよね。

ちなみに、私はエアロデザインのワイパーを使用しています。

しかも、撥水加工対応です。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

1966年ル・マン24時間レース優勝のフォードGT40をレストアする動画

1966年、ル・マン24時間レースで優勝したフォードGT40をレストアする動画です。

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/motorsports/videos/g6711/1966-le-mans-ford-gt40-restoration/

6本に分割されています。

レストアしているガレージに、コブラが2台あるのが気になる...

ちなみに、ル・マンに出場するドライバーは、こんな筋トレをやってるそうです。

http://www.roadandtrack.com/motorsports/videos/a29309/ford-gt-le-mans-driver-exercise-program/

今年のル・マンは、6月18日から行われます。

今年、2016年のル・マンの情報:
http://f1-gate.com/lemans/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

第8弾はポルシェ911ターボ(930) - スーパーカーブームの花形モデル

第8弾でようやく登場!

ポルシェ911ターボ!

私の世代でポルシェといえば、でっかいリアウィングに、でっかいリアフェンダー。

そんでもってターボ!

当時はターボって、何なのかわかってなかったなぁ
友達が、「ターボってエンジンを改造してるんだ」とか言っていたがが、今思うとやつもわかってなかったんだなぁ。

元ネタ記事:
http://gazoo.com/car/pickup/Pages/meishakan_supercar_160608.aspx?MAKER_CD=Q%20&CARTYPE_CD=3&GENERATION=-2

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2016年6月 8日 (水)

グランツーリスモ・スポーツでライセンスが取れる

グランツーリスモ・スポーツでライセンスの発行や、オンラインレースが開催されるらしい。

将来は、グランツーリスモで世界GPが開催されるんじゃないか?

もう実車なんて必要ない。

元ネタ記事:
http://japanese.engadget.com/2016/06/05/sport-6900-fia/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

700,000マイル走った2000年型コルベット

現代のタイトルを訳すと、"オリジナルエンジンで、700,000マイル走ったと強く主張している、200年型コルベット" となります。

700,000マイル = 1,126,540kmですよ!

これは、にわかには信じられません。なので、原題には”claim”という単語で強く主張していることを表しています。

元ネタにある写真と動画を見る限り、かなり良いコンディションに見えますが、どんな乗り方をしていたんだろうか?

よっぽど、ゆっくり安全運転?

前回、836,858キロ走ったスープラを紹介しましたが、まさか上がいるとは思わなかった。しかも、スポーツカーで。

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/car-culture/buying-maintenance/news/a29434/2000-chevrolet-corvette-700000-miles/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2016年6月 7日 (火)

今日はジムニーのスペアタイヤを外してみた。その三

スペアタイヤを外し後ろに搭載したのは良いのだが、タイヤカバーに入れてるため、タイヤとタイヤカバーが擦れ音が大きくなってきて、”キコキコ”ってうるさい。

タイヤカバーをあけてタイヤを降ろしてみたら、タイヤカバーの下側(ボディ側)がタイヤとかなり擦れているようだった。

対策として、タイヤカバーにウエスを敷いたうえでタイヤを載せてみたら、効果てきめん。

しかし、しばらく走るとまた”キコキコ”音がしてきた。

今度は上のカバーとすれているようなので、さらにウェスをタイヤの上に載せてカバーを閉めた。

とりあえず、音は消えたように見えるが、また走ってるうちに、再発するかも。

今度は、大きなゴミ袋(ビニール袋)を上下に敷いてみようかなぁ。

関連記事:
その一
その二

にほんブログ村 車ブログ スズキ(車)へ
にほんブログ村

1964年日本グランプリ”スカイラインがゴジラになった日”

1964年の日本グランプリで、”スカイラインがゴジラになった日”。

アメリカのR&D誌のサイトで、1964年の日本グランプリ、プリンス・スカイライン VS ポルシェ904カレラの戦いが紹介されていました。

R&D誌はアメリカの自動車雑誌なんですが、ホームページでは非常によく日本の自動車関連の情報を紹介しています。

まさか、こんな古い逸話までも...

日本では非常に有名な話なんで、内容についてはあえて紹介しませんが、元ネタ記事では、トヨタがポルシェ側に裏で援助を行った...といった都市伝説まで紹介しています。

それと星野一義の「スカイラインGT-Bが存在しなかったら、レーサーとは違う人生の道を選んでいただろう」という言葉までも紹介されています。

元ネタ記事には、日産がアップした動画もありますのでご覧ください。

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/motorsports/news/a29415/the-day-the-skyline-became-godzilla/

関連記事:
http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/vs-ea3e.html

にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村

2016年6月 6日 (月)

レゴにすべき車10台

クラシックミニ、ケータハム、トヨタFJ40がレゴのキットになったことを紹介したが、今度はレゴになるべき車10台がR&D誌がリストアップしています。

http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-da06.html
http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/fj40-47b6.html

カウンタック、NSXとかは理解できるが、なんでメルセデスのステーションワゴンW123とフォードのInternational Scoutが入っている理由がわからん。

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/car-culture/g6708/lego-car-kits-we-want/?

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

マクラーレン650Sスパイダーが、箱根ターンパイクを走る公式動画

マクラーレン650Sスパイダーが、”MAZDA箱根ターンパイク”を走る動画です。

元の動画は、マクラーレンのYouTubeチャンネルにアップされていた動画のようです。

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/new-cars/videos/a29404/mclaren-650s-spider-japan-hakone-turnpike-video/

箱根だけじゃなくて、日本全国のドライビングロードの動画をアップしてほしいなぁ。

下は、英国AutoCar誌の動画です。(元ネタ記事の動画とは別です)

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2016年6月 5日 (日)

クラシック・フィアット500に、スバルボクサーエンジンを載せてみた

クラシック・フィアット500に、ターボ付き、スバル・ボクサーエンジンを載せてみた。

馬力は300馬力! エンジンはみ出してます。

どうせなら、スバル360に載せてほしかった。

でも、さすがにWRXを知っていても、スバル360は知らなかったようだ。

元ネタ記事には動画もあります。

http://www.roadandtrack.com/car-culture/classic-cars/news/a29402/subaru-sti-powered-fiat-500-on-ebay/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

eBayに出された貴重な車、話にならない車:その2

以前、”eBayに出された貴重な車、話にならない車”という記事をあげましたが、

さらにパワーアップした記事が、R&Dにアップされていました。

前回は51台だったが、15台追加され66台になってました

聞いたことがない車、”Qvale Mangusta”、”Vetter Custom Dimensia”や、

ストレッチした”2005 GMC Topkick”などが追加されています。

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/car-culture/g6426/ebay-cars/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

最も興味深いシフトノブ、ベスト10

世界には、いろんなシフトノブがあるもんですね。

しかし、シフトノブもいつまでその存在が続くやら...

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/car-culture/car-design/g6707/coolest-shifters/

■Pagani Huayra
こいつは7速シーケンシャル。
ブーツで囲われていなくて、リンケージが見えるタイプ。
こんなクールなシフトがついていたら、パドルシフトなんて使わない。

■Cord Preselector
プリセレクターギアボックスという、セミATのギアらしい。
ハンドルよ横についている、小さなギアノブが見える。

■シトロエンSM
どうやって操作するのかよくわかりませんが、これで5速ギアらしい。

■Spyker Open-Linkage Manual
これは、シンプルでメカニカルでかっこいい。
ちなみに、スパイカーはオランダのスーパーカー。

■2002-2005 Honda Civic Si
ちなみにN360もこんな感じで、ダッシュボードから伸びてますね。
ハンドルとの距離が近くて良い。

■1983 Oldsmobile Hurst Lightning Rods
これはもう、訳かわかりません。三本あります。
ドラッグレース用らしい。

■Mercedes-Benz CLK-GTR
このシフトノブは、前進と後退のみの選択で、ギアチェンジはパドルで行うそうです。
さすがベンツ。

■Citroën 2CV
ダッシュボードから伸びているやつがシフトノブだと思うが、N360ってこんな感じ。

■Chevrolet Camaro Horseshoe Ratchet
いかにも、アメ車って感じ。

■Audi R8 Gated Manual
これだ!
やっぱりこういう形が一番です。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2016年6月 4日 (土)

モンスタースポーツの福岡店が5月にオープンするらしい、その2

Update:オープンしたようです。
http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-4c3f.html

モンスタースポーツ福岡店は、まだオープンの気配がないようです。

今日、ジムニー博多でオイル交換したついでに、店舗の場所を確かめてきました。

店舗の建物自体はすでにできていましたが、まだ商品など内装は準備中のようでした。

住所は大野城市御笠川、国道三号線を空港から太宰府インター方面に向かって左側です。

すし大臣と、カレーの二重丸の間です。

6月中にはオープンするのかなぁ?

http://monster-sport.com/shop/index.html

http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/5-3248.html

反対側の車線から撮った写真です。
左隣がすし大臣で、右の方に行くとすぐカレーの二重丸があります。

Dsc_1697_

にほんブログ村 車ブログ ジムニーへ
にほんブログ村



6台のパフォーマンスカーが使っているタイヤ

パフォーマンスカーが、純正で履いているタイヤって意外と知らない。

意外とNSXがコンチネンタルだったり、BMWはコンチネンタルかと思ったら、ブリヂストンだったり...

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/car-culture/buying-maintenance/g6706/best-performance-tires/

■マクラーレン675LT: ピレリ P Zero Corsa System

■フェラーリ488GTB: ミシュラン Pilot Super Sport

■アキュラ(ホンダ)NSX: コンチネンタル ContiSportContact 5P

■スバルWRX STI: ダンロップ Sport Maxx RT

■フォード・フォーカスST: グッドイヤー Eagle F1

■BMW 435i: ブリヂストン Potenza S001

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

完璧なドライブ用スニーカーはアディダス

ドライブ用向いている最高のスニーカーの販売を、アディダスが再開したようです。

日本でも売っているようで、”GAZELLE”(ガゼル)という名前です。

ソールが狭く、薄いため、履き心地、使い心地がドライビング・シューズに似ているようです。

ソールの堅さも気になるが、良さそうな感じ。

クラシックミニ、ジムニーは、ペダルの間隔が狭いんで、ジョギングシューズみたいに、幅が出っ張っていて、厚めのソールは運転しにくいので、このシューズは運転しやすいかも。

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/car-culture/style/a29366/adidas-gazelle-suede/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2016年6月 3日 (金)

元トップギア司会者の新番組グランドツアー、最初の場所は、

元トップギア司会者の三人が始める、Amazonの新番組”グランド・ツアー”が行く最初の場所は、南アフリカのヨハネスブルグ。

どうも、いろんな場所を転々として番組収録を行うのかな?

7月17日の収録に、3組のペアを抽選で招待するようです。

日本語のツイッターでも投稿されています。

https://twitter.com/AmazonVideo_JP/status/738590319915073537

番組の配信は、秋からのようですが、今から楽しみ!!!

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/car-culture/entertainment/news/a29385/the-first-stop-of-clarkson-hammond-and-mays-grand-tour-is-south-africa/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

トヨタ、クラシックカー・フェスティバル

トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバルが5月29日に行われたそうです。

27回目で、過去最大の規模で行われたそうです。

とりあえず、写真でクラシックカーをお楽しみください。

http://gazoo.com/car/pickup/Pages/museum_160529.aspx

冒頭はクラウンですが、二番目にクラシックミニが掲載されています。

一般の人はミニは、そうとうなクラシックカーだと思っているんだろうが、2000年、ほんの16年前まで生産されていた車ですからね。

あるいみ、割と最近の車という気もするんだが。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

にほんブログ村

タイヤ・ワックスを塗るだけじゃない、タイヤのおしゃれ

タイヤにタイヤワックス塗るだけじゃ芸がない。

タイヤプリンターで、文字や模様を描けるらしい。

https://gazoo.com/car/pickup/Pages/daily_160529.aspx

確かに、好きな文字や模様を描けるのはいいんだが、問題は、残念なことに車が走っているときは、それが見えないんだよなぁ。

回転したときに、なんかいい感じに見える模様だとかがいいかも。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

活躍する前に消えたレースカー10台

以前”レースから追放されたレースカー”という記事を紹介しましたが、今回は”十分な能力を引き出す前に殺されたレースカー”10台です。

資金、競争心の不足、レギュレーション、政治など、様々な理由で、消えたレースカープロジェクト。

元ネタ記事:
http://www.roadandtrack.com/motorsports/g6705/race-cars-killed-before-full-potential/?

■Turbine Indy Cars (STP-Paxton Turbocar & Lotus 56)
これは、以前の記事でも消化した、タービンエンジンのレースカーですね。
レギュレーションの変更により、やむなく撤退。

■Ford RS200
WRCのグループBのアイコン的存在であったが、グループBに参戦したその同じ年、グループBがなくなり、本領を発揮できず。

■BMW M1
グループ4、およびグループ5に参戦(ポルシェ打倒)するために開発が開始されたが、結局参戦できず、BMWが自らがワンメークレースを主催するに至った。
ランボルギーニにシャーシの生産を委託したらしいが、そこはイタリア人、生産ペースが遅すぎたなどなど...様々な問題のため、生産台数が参戦条件に適合しなかったらしい。

日本では、シルエットフォーミュラで活躍したらしいけど。

■Nissan GT-R LM Nismo
信じられないくらい遅くて、トラブル続きで全く活躍することなくレースから撤退。
しかも、なぜかFF。

■Lotus 88
またまた、ロータスですが、コーリン・チャップマンの革新的なレースカーは、時として不運に終わるようです。
このマシンは、グラウンド・エフェクトを追求するために開発された、ツインシャーシという独特の構造を持っていたが、それがレギュレーション違反に問われ、練習走行のみで、予選、本戦に出走できなかったそうです。
ちなみ、初のカーボンモノコックボディのマシンです。(マクラーレンも)

■Chevrolet Corvette Grand Sport
超軽量バージョンのコルベット・スティングレーベースのレースカーで、ル・マンに参戦するつもりだったが、ル・マンにはアメリカからは一台だけ、シェルビーコブラしか参戦できなかったらしい。
すみません、いまいち理由を詳しく書かれていないもので...

■Williams FW15C CVT
CVT(無段変速トランスミッション)搭載であったが、あえなくレギュレーションで規制されてしまった。

■Toyota GT-One
安定した速さを見せたが、ル・マンでは優勝できずに終わった。

■Shelby Daytona Coupe
GT40が現れた為に、脇へ追いやられてしまったらしい。

■Honda RA109
実際はホンダのF1撤退により、RA109ではなく、ブラウンBGP001としてF1に参戦したマシンですね。
あまり思い出したくないですね。

にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村

2016年6月 2日 (木)

クラシック・ポルシェにもフィットする純正1DINサイズのカーナビ

3.5インチディスプレイがフロントに埋め込まれている、1DINサイズのカーナビ。

しかも、ポルシェの純正オプションで、USB、Bluetooth、FM/AMラジオも搭載している。

ディスプレイが飛び出てくるタイプじゃなくて、小型のディスプレイがフロント部分に埋め込まれてます。
これは、日本人の発想にはない、欧米人的な発想だと思います。

ちょっと小さすぎの感もあるが、そこは音声案内でなんとかなるかなぁ...

でも、ないよりは良い。

使い勝手は、元ネタ記事に動画がありますので、確認できます。

たぶん、ポルシェ以外にも使えそうだが...

ポルシェの純正オプションみたいなんで、手に入るかどうか?

手に入れば、クラシックミニや、その他古い車種にも最適なんだが...

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/classic-cars/news/a29381/porsche-classic-radio-navigation/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

これからの季節、暑い車内にはご用心!

ぼちぼち、暑い日が続くようになり、車に照りつける日差しも強くなりましたが、こんなものは車内に置かない方がいい。

元ネタ記事:
https://gazoo.com/car/pickup/Pages/daily_160531.aspx

プラスチックレンズのめがねとか、サングラスもよくないっていいますよね。

しかし、一番まずいのは、ペットだとか子供(赤ん坊)の車内放置!

これはは絶対に危険! 取り返しがつかないことになりますよね!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

第7弾はロータス・ヨーロッパ - スーパーカーブームの花形モデル

第7弾は、ロータス・ヨーロッパです。

元ネタ記事:http://gazoo.com/car/pickup/Pages/meishakan_supercar_160601.aspx?MAKER_CD=%EF%BE%82%20&CARTYPE_CD=A10&GENERATION=-1

ようやく、イタリア車以外の登場ですね。

ロータス・ヨーロッパといえば”サーキットの狼”!

スーパーカーブームを代表する車ですね。

しかし、正直に言って、当時はあまり好きではなかったぁ。

理由は、後ろがなんだかステーションワゴン見たいな感じで...

実際は、車高がむちゃくちゃ低いんで、エンジンが載せられているスペースがそんな感じに見えるだけなんだよね。

ロータスは今でも、軽量でコンパクトなスーパーカーを作り続けているイギリスを代表するメーカーで、私のお気に入り。 今後もいい車を作ってほしい。

下の動画を見るとロータスの車高がいかに低いか、車重がいかに軽いかがわかると思います。

三人でFRP製のボディを持ち上げてますね。

Y字型のバックボーンフレームの上にエンジン載せてその上から、ボディをかぶせただけ。

まるでプラモデルみたい。 そりゃ軽いわ!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2016年6月 1日 (水)

新型スズキ・スイフト・スポーツはターボ化

次期スズキ・スイフト・スポーツは、140馬力、1.4リッター・ブースタージェットを更にパワーアップしたエンジンを搭載し、車重は1000kgを切るそうです。

スペックはいい感じなんだけど、

でも、公開された絵を見ると、5ドアハッチバック。 うっすら、後部ドアが...

残念、どうせヨーロッパでは3ドアハッチを販売するんだろうなぁ。

スポーツモデルは3ドアハッチだけにすればいいのに!

元ネタ記事:http://www.autocar.jp/news/2016/05/31/172528/

にほんブログ村 車ブログ スズキ(車)へ
にほんブログ村

”ポルシェを買うぞ”という、長期使用レポートのその後

以前、”ポルシェを買うぞ”という、長期使用レポートを紹介したが、

どうなったか元ネタ記事を確認してみたら、ついに”996”を買ってしまったようだ。

96回払いだそうだ。

これから維持費がどれくらいかかるのか?

はっきり言って、ポルシェじゃなくても十分ドライブを楽しめる日本車がたくさんあるのに。

ポルシェ買うお金をガソリン代だとか、車自体を楽しむために使った方がいいのに...

元ネタ記事:http://www.autocar.jp/our_cars/2016/04/09/166050/15/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

オートポリスの営業再開予定は...

熊本、大分での震災は、オートポリスにも被害をもたらしています。

SuperGT、スーパーフォーミュラなどのレースも中止、その他イベントも同じく中止。

再開は10月の予定だということです。

それまで、どうすればいいんだよ! ライセンス共通の、岡山まで行くか!

ここはじっと待つしかないようだ。

ちなみに、「うかれ亭」さんは場外の店舗で営業中とのことです。

ドライブの途中に寄られてみられては、いかがでしょうか。

http://www.autopolis.jp/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

こんな運転はやめてほしい#1

運転中に、”こんな運転はやめてほしい!”

と思うこと、皆さんもよくあるんじゃないでしょうか。

そのやりきれない気持ちを、記事にぶつけてみました。

”信号停止で、前の車と必要以上に間隔をあける。”

もう少し前に詰めてくれれば、右折レーンには入れるのに...

あと5メーター前に行ってくれれば、その先のセブンイレブンに入れるのに...

俺のウインカー見えないのかなぁ~

渋滞している時もそうですが、前の車との車間は適切にしたいもんですよねぇ。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

Amazon....

楽天

ブログ村

  • ブログ村

AD

楽天....

無料ブログはココログ