THX7539

フォト

Amazon.

楽天...

Amazon...

« ピカチュウ仕様のマクラーレン | トップページ | 2021年新型マツダ・ロードスターはカーボンボディでより軽く、小さなエンジンになる »

2016年7月23日 (土)

初心者向け”インジェクション制御”ってなんだ? #5

■第五回目は、SPI、MPI

SPIとMPIの違いを一言でいうと、

SPIはインジェクターが一つ、MPIは複数。

終わり!

じゃなくて、もう少し掘り下げていきます。

■SPI
シングル・ポイント・インジェクションは、一つのインジェクターで、全気筒にたいして燃料噴射を行う方式です。

要はシングルキャブみたいなもんですね。

構造的にも、シングルキャブをインジェクターに置き換えただけのような感じで、スロットルバルブの前(上流に)インジェクターを置いて、インテークマニホールドで各気筒へ分かれていく

ミニの場合、使用されるインジェクターは、ボトムフィード式で、インジェクターの側面からガソリンが供給されるタイプですね。

四気筒エンジンの場合、燃料噴射は一回転で二回(180度毎)行われていると思います。

4サイクルエンジンなので、各気筒が1サイクル(180度)ずれていますので、180度毎にどこかの気筒が燃焼サイクルを行っています。

よって、4気筒を一つのインジェクターで受け持っているSPIの場合、180度毎に燃料噴射が行われることになります。

ミニのSPI場合は、以下の写真のインジェクター(~96)が一つついています。
下の部分の黒いOリングの上に白いスリットがありますが、そこから燃料を吸い込んで、噴射しています。

Dsc_1666___2

■MPI
マルチ・ポイント・インジェクションは、各インテークマニホールド毎にインジェクターがついています。

キャブが二つ着いている感じですね。

インジェクターはSPIと違い、スロットルバルブの下流、インテークマニフォールドにそれぞれに付いている構造になっています。

ミニの場合、インテークマニホールドは二本なので、二つインジェクタがついてます。

噴射のタイミングは、180度毎に二つのインジェクターが交互に噴射しているのかな???よく知りません。

■その他
日本でSPIのエンジンを作っているメーカーは、日産、マツダ、スバル(富士重工)、スズキ。

しかも、スピードデンシティ方式に絞ると、スズキだけだそうです。そのたは、マスフロー方式のSPIです。

一方、アメリカでは、GMとクライスラーがスピードデンシティ方式のSPIエンジンを作っているそうです。

それでは、次回はスピードデンシティ方式についてもう少し説明したいと思います。

■第一回、空燃比:
http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/1-143e.html

■第二回、空燃比その2:
http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/2-27ad.html

■第三回、燃調マップ:
http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/3-b167.html

■第四回、インジェクション方式:
http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/4-960d.html

にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村

« ピカチュウ仕様のマクラーレン | トップページ | 2021年新型マツダ・ロードスターはカーボンボディでより軽く、小さなエンジンになる »

エンジン制御」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514142/63695111

この記事へのトラックバック一覧です: 初心者向け”インジェクション制御”ってなんだ? #5:

« ピカチュウ仕様のマクラーレン | トップページ | 2021年新型マツダ・ロードスターはカーボンボディでより軽く、小さなエンジンになる »

Amazon....

楽天

ブログ村

  • ブログ村

AD

楽天....

無料ブログはココログ