THX7539

フォト

Amazon.

楽天...

Amazon...

« ニュルブルクリンク走行動画ベスト9 | トップページ | 初心者向け”インジェクション制御”ってなんだ?番外編#3 »

2016年7月21日 (木)

マニュアル車の運転テクニック、ヒール・アンド・トゥー

マニュアル車を運転する上で、必須テクニックと言えば”ヒール・アンド・トゥー”。

ダブルクラッチを行うためのテックニックですが、ちゃんと覚えるとサーキット以外でもスムーズにギアチェンジすることができます。

また、しっかり回転数を合わせることで、シンクロも長持ち、ギアなどトランスミッションも長持ちします。

元ネタ記事にステップ毎のイラストがありますので、参照しながら読んでください。

元ネタ記事:http://blog.caranddriver.com/how-to-heel-and-toe-shift-a-manual-transmission/

Step1:親指の付け根の丸い部分でブレーキペダルの中心部を踏みます。(サーキット走行の場合は、フルブレーキ) 
そのとき、両手はハンドルを押さえます。場合によって手は9時15分のいちでもいいですが、できれば10時10分のほうがより良いといえます。

Step2:足首を逆時計方向にねじり、親指の付け根部分はブレーキペダルの位置を維持しつつ(ペダルのやや右寄りに移動して)、右足のかかと部分をアクセルペダルに移動します。
同時に左足は、クラッチペダルを踏み込み、右手(左ハンドルの場合)は、ダブルクラッチをするために、ギアをニュートラルに入れます
もし、ダブルクラッチを行わない場合は、Step4の説明にあるようにシフトダウンしてもかまいません。

Step3:ダブルクラッチを行う場合は、左足を上げてクラッチをつなぎます。
右足の親指の付け根部分をブレーキにおいたまま、ブリッピングします。(アクセルをあおります)
アクセルをあおる量は、クラッチをつないだ後の回転数よりちょっと高いぐらい。

Step4:もし、ダブルクラッチを行わない場合は、クラッチを踏み込んだ後、ブリッピングし、シフトダウンします。

Step5:これで、シフトダウンが完全に行われた後、クラッチを再度つなぎます。左足は、ブレーキペダルを踏み続けることができます。

Step6:これで終わり。 左足はフットレストに置くことができます。
右手は、再びハンドルに戻します。
右足は、ブレーキペダルからアクセルペダルへ移動します。

解りましたか?

くれぐれも、一般道で練習するのはやめましょう。

まずは、リビングのソファーでシャドートレーニング、そして停車した状態の車でさいど足と手の動きを確認。

最後に、低速でどこか広い場所で練習しましょう。

ペダルの位置が悪い場合は、市販のペダルカバーを買いましょう。

元ネタ記事:http://blog.caranddriver.com/how-to-heel-and-toe-shift-a-manual-transmission/

ちなみに、ダブルクラッチと、ダブルアクセルは意味が違いますので、取り違えないように!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

« ニュルブルクリンク走行動画ベスト9 | トップページ | 初心者向け”インジェクション制御”ってなんだ?番外編#3 »

運転技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514142/63943115

この記事へのトラックバック一覧です: マニュアル車の運転テクニック、ヒール・アンド・トゥー:

« ニュルブルクリンク走行動画ベスト9 | トップページ | 初心者向け”インジェクション制御”ってなんだ?番外編#3 »

Amazon....

楽天

ブログ村

  • ブログ村

AD

楽天....

無料ブログはココログ