THX7539

フォト

Amazon.

楽天...

Amazon...

« N600(N360)レストア動画: その8 | トップページ | グーグルの隠しコマンド »

2016年8月27日 (土)

溶岩道路+県道26号 - 九州のドライビングロード#6

鹿児島県、桜島の海岸線を走る”溶岩道路”=国道224号線を走ってきました。

溶岩道路は、桜島フェリーから大隅半島の220号線を結ぶ、桜島の南側を走っている国道です。

この路線は桜島観光のメイン道路となっているため、観光客の車が多く、ゆったりドライブが基本です。

溶岩道路だけでは物足りないので、北側を走っている”県道26号線”を含めて、”桜島一周”ルートとして紹介します。

■行き方

鹿児島市内(薩摩半島)がわから、桜島フェリーで桜島に渡るか、大隅半島の国道220号線から入っていく方法が一般的ですが、

今回私は、もう少し南側を航行する別のフェリー(垂水フェリー)で大隅半島に渡り、いったん鹿屋まで行き、海上自衛隊の鹿屋航空基地 資料館を観光した後、220号線を北上して桜島へいきました。

桜島フェリーを使えば、指宿スカイラインとダブルヘッダーも良いかもしれませんね。

■ルート

”溶岩道路+県道26号”の桜島を一周するルートです。

南側の溶岩道路は観光道路なので、ゆっくり観光しながら良いと思います。

北側の県道26号線は交通量は少ないが、住宅地や学校などが沿線上に多くあり、低速車両も多く走っていますので、思いっきり走るわけには行きません。

今まで紹介したドライビングランプほど、元気には走れません。
周囲の状況をよく見て、くれぐれも安全運転してください。

■その他

垂水フェリーに乗った時、ちょうど昼時だったこともあり、船内のうどん屋さんに長蛇の列ができていた。

どうも、鹿児島ではフェリー内のうどん屋さんがかなり人気らしく、鹿児島県人はどうもフェリーに乗ると、うどんを食べるというルーティーンらしい。

もう一つフェリー、桜島フェリーでも船内のうどん屋さんが人気らしい。

■写真

220号線を鹿屋方面から北上。 桜島を望む。

P1050341_

国道の電光掲示板で、何度かこのような表示を見かけた。 バイクの方は特に注意が必要だろう。

P1050340_

20年ほど前、バイクで来た時に同じ場所で写真を撮ったので、溶岩道路にて撮影。

P1050345_

県道26号線。
人家やお店、学校などが多いのでスピードの出し過ぎに注意。

P1050349_

なぜか、ガードレールが黒。

白だと、火山灰などで汚れてしまうから、最初から黒にしたのだろうか?

P1050371_

海上自衛隊の鹿屋航空基地 資料館のゼロ戦

P1050260_

P1050257pano_

道の駅垂水の雀たち。

P1050373_

■地図

 

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

« N600(N360)レストア動画: その8 | トップページ | グーグルの隠しコマンド »

ドライビングロード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514142/64066591

この記事へのトラックバック一覧です: 溶岩道路+県道26号 - 九州のドライビングロード#6:

« N600(N360)レストア動画: その8 | トップページ | グーグルの隠しコマンド »

Amazon....

楽天

ブログ村

  • ブログ村

AD

楽天....

無料ブログはココログ