THX7539

フォト

Amazon.

楽天...

Amazon...

« N600(N360)レストア動画: その6、7 | トップページ | ヘルメットの進化の歴史 »

2016年8月18日 (木)

なぜ、ポルシェ911GT3RSがベスト911なのか

なぜ、ポルシェ911GT3RSがベストな911なのかを、パーツごとに分析した記事です。

元ネタは、Car and Driverですが、かなりページ数が多いので、ざっと訳してみました。

元ネタ記事:http://www.caranddriver.com/flipbook/porsche-911-gt3-rs-tech-dive-why-its-the-best-911-of-them-all#1

数ある911のラインナップの中で、911GT3RSはキングオブ911である。

■Porsche Ceramic Composite Brake (PCCB)

いわゆるカーボン・セラミック・ブレーキです。

ポルシェ的に言うとセラミック・コンポジット・ブレーキだそうです。

フロント16.1、リア15.4インチ。

フロントが6ポッド、リアが4ポッド。

オプション価格は、9,210ドル。

■ブレーキのクーリングダクト

元ネタ記事の写真は、リアのクーリングダクトのようです。

■Symphony Halls

8800回転ぐらいが、一番いい音がするそうです。

チタン製で重さが9.9ポンド。

ステンレス製だと、プラス6.6ポンドだそうです。

■サス

元ネタ記事には、「どれだけ車高を下げれますか?」って書いてます。

リアダンパーに車高調の写真みたいです。

■ネガキャン

フロントとリアの車高調、アンチロールバーの調整に加えて、フロントのストラットタワーの調整でネガキャンを1.5度までつけれるようです。

■リアステア

リアにアクチュエーターがついていて、1.5度だけ操舵することができるようです。

31mph以下の場合、フロントとリアが逆方向にステアし、50mph以上だと同方向にステアするみたいです。

■Witness Marks

いくつかのウィットネス・マーク。

バンプしたら、こすったけど特にもんだなかった...とか書いてます。

■ボディ下

すごいですね、真っ平ら。

■6,000ドルの失敗防止

タイヤをまっすぐ、性格にはめるためのツールだそうです。

ミスって、ブレーキローターを傷つけると、6,000ドル払うことになるそうです。

■タイヤ

フロント20インチ、リア21インチ。

タイヤは、ミシュランPilot Sport Cup2

918スパイダーと同じサイズらしい。

■トルクレンチ

センターロックの締め付けトルクは、443 lb-ft =600N・m。

かなり、クラシックの10倍ぐらいのトルクで締め付けるようです。

締め付けようとして、こんな長いトルクレンチを使ってるみたいです。

■センターロック

センターロックのアップ写真

■エンジン

エンジンは、4リッター500馬力。

GT3のストロークを4ミリ伸ばしたって書いてますね。

強化ピストンとチタン製コネクティングロッド、クランクシャフトはレースカーの919と同じ特殊な鉄製らしい。

■エンジンその2

エンジンフードを開けてもまったくエンジンは見えなかったが、アンダーパネルを外すとちょっとだけフラット6が見える。

■オートマのみ

PDKと呼ばれる、デュアルクラッチのオートマだけ。

オートマと言ってもデュアルクラッチだから良いんだよ...みたいな、うんちくがたくさん書いてます。

ちなみに、クリープがないそうです。

■バケットシート

カーボンファイバー製のバケットシート。

■ピットスピード

ピットスピードを設定できるそうです。 最大55mph(88km/h)

■オーディオレス

スポーツカーにはオーディオはいらない。

エンジン音だけで良い。

■布製ドアノブ

シートベルトと同じ素材の布製ドアノブ。

これも軽量化。

■エアコンレス

エアコンレスで、26ポンド軽量化。

■メーター

写真の白いメーターはオプションで、860ドルらしい。

■ステッカーバッジ

レースカーなんで、軽量化のためステッカーなんだそうだ。

■フロント

フロントスプリッターと、フェンダーのベント(次の項目)は、フロントダウンフォースを発生させている。

3,715ドルでLEDヘッドライト、さらに605ドルでblack headlight surroundsがつくそうです。

■エアベント

フロントフェンダーにエアベントがついていて、大きなダウンフォースを発生されているそうです。

186mph = 300km/hで、267ポンド = 121kgのダウンフォースを発生させるそうです。

このフェンダーはカーボン製で、アルミで作るよりも5ポンド軽いそうです。

■リア

リアウィングは、186mph = 300km/hで、494ポンド = 224kgのダウンフォースを発生させるそうです。

エンジンカバー、リアウィングは当然カーボン製。

GT3RSは、GT3の三倍のダウンフォースを発生させているそうです。

■軽量リチウムイオンバッテリー

2,300ドルの三星製のバッテリーを使用すれば、30ポンドの軽量化になるそうです。

ただし、電流容量が少ないことと、低温に弱いようです。

■Single-Lug Socket

センターロックホイールを外すためのレンチらしい。

普通は、前期のスペシャル・トルクレンチを使うらしいが、緊急用のようです。

■frunk

frunk(フロントのトランク)のフードも当然カーボン製。

アルミよりも、3.3ポンド軽いらしい。

■ルーフ

屋根は,カーボンではなく、マグネシウム製で、特殊な薄い(1.1mm)の物を使用しているそうです。

カーボンよりも24パーセント軽いそうです。

■押し込む

21インチの大きなリアタイヤをフェンダーに押し込んでいる。

■Better Breathing

エアインテークのラムエアー効果で、10馬力アップしたらしい。

.

元ネタ記事:http://www.caranddriver.com/flipbook/porsche-911-gt3-rs-tech-dive-why-its-the-best-911-of-them-all#1

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

« N600(N360)レストア動画: その6、7 | トップページ | ヘルメットの進化の歴史 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514142/64021728

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ、ポルシェ911GT3RSがベスト911なのか:

« N600(N360)レストア動画: その6、7 | トップページ | ヘルメットの進化の歴史 »

Amazon....

楽天

ブログ村

  • ブログ村

AD

楽天....

無料ブログはココログ