THX7539

フォト

Amazon.

楽天...

Amazon...

« AUTOCARの新コラム「女子大生レーサー日記」 | トップページ | 昭和の車の懐かしいアイテム »

2016年12月 8日 (木)

自動車メーカーがいかにしてテスト車両をカモフラージュするのか

開発中の新型車両はたいてい、カモフラージュされていますが、どうも、例のグルグル模様だけではなく、かなり手の込んだことを行っているようです。

動画を見ると、まず、カモフラージュ用のためだけにパネルを設計し、後付けでFRP製のカモフラージュパネルを取り付けて、車の外観を全く違い形に変えていきます。

取り付け方は、結構雑でネジでどんどん取り付けていきます。

次に、内装。

ダッシュボード、内側のドアパネルにもカモフラージュ用にカバーをかぶせて、その形がわからないようにしていきます。

動画は、BMWの物ですが、他のメーカーでもおおよそ同じようなもんなんでしょう。

元ネタ記事: http://www.roadandtrack.com/new-cars/future-cars/videos/a31478/how-prototypes-get-camouflaged/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

« AUTOCARの新コラム「女子大生レーサー日記」 | トップページ | 昭和の車の懐かしいアイテム »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514142/64462196

この記事へのトラックバック一覧です: 自動車メーカーがいかにしてテスト車両をカモフラージュするのか:

« AUTOCARの新コラム「女子大生レーサー日記」 | トップページ | 昭和の車の懐かしいアイテム »

Amazon....

楽天

ブログ村

  • ブログ村

AD

楽天....

無料ブログはココログ