THX7539

フォト

Amazon.

楽天...

Amazon...

« 交通違反切符、赤、青、白の違い | トップページ | ボルボ製2400馬力のトレーラー VS S60 »

2016年12月25日 (日)

ボルボのクラッチ付きスーパーチャージャー

ボルボT6のDrive-Eエンジンは、ツインチャージャー、4気筒エンジンですが、スーパーチャージャーは通常の物と違い、クラッチがついているそうです。

元ネタ記事には、”Transient Supercharger”とあり、直訳すると一時的な、または過渡的なスーパーチャージャーと訳されます。

パーシャルスロットル等の低負荷時には、クラッチは開いていてスーパーチャージャーのロータは回らないようになっていて、必要なときにECUの電気信号により、電磁クラッチがつながり、スーパーチャージャーのローターが回り始めるそうです。

クラッチは、80~500ミリ秒でつながるそうです。

そして3500回転で、再びクラッチが切れて、インテークチューブもバタフライでターボ側に切り替わり、ターボチャージャーが効くそうです。

要は低回転からの加速時と、パーシャルスロットからの加速時ににスーパーチャージャーが効き、高回転領域ではスーパーチャージャーは完全に停止し、ターボチャージャーに切り替わるらしい。

高回転時に、スーパーチャージャーのローターがオーバースピードに陥る危険が無くなるそうです。

今後は、少ない気筒+過給器のエンジンが増えるから、過給器技術が発達していくのかなぁ?

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/a31790/dissected-power-couple/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

« 交通違反切符、赤、青、白の違い | トップページ | ボルボ製2400馬力のトレーラー VS S60 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514142/64642755

この記事へのトラックバック一覧です: ボルボのクラッチ付きスーパーチャージャー:

« 交通違反切符、赤、青、白の違い | トップページ | ボルボ製2400馬力のトレーラー VS S60 »

Amazon....

楽天

ブログ村

  • ブログ村

AD

楽天....

無料ブログはココログ