THX7539

フォト

Amazon.

楽天...

Amazon...

« トヨタWRC復帰第二戦目ラリー・スウェーデンDay#1,2 | トップページ | トヨタWRC復帰第二戦目ラリー・スウェーデンDay#3 »

2017年2月12日 (日)

DCT(Dual Clutch Transmission)の仕組みがわかる動画

デュアルクラッチ・トランスミッション(DCT)の仕組みがよくわかる動画。

動画の最初に通常のマニュアル・トランスミッションの仕組みが出てきます。

マニュル・トランスミッション(常時噛合い式)は、通常各ギアの歯車は常時かみ合っていて、空回りしています。(ニュートラルギアの時)

あるギアが選択されると、そのギアのシンクロが空回りしているギアを固定し、そのギアを通してエンジンの回転が出力されることになります。

DCTでは、クラッチとギアが2セットあり、1セット目(緑)が1、3、5速、

2セット目(赤)が2、4、6速になっています。

例えば、1セット目の3速が動いているとき、2セット目の4速を予めつないでおいて、1セット目のクラッチが切れると同時に、2セット目のクラッチをつなぐと、きれまなくギアチェンジができることになります。

最近では、トリプルクラッチもあるようです。

 

こちらは、通常のマニュル・トランスミッションの動画です。日本語です。

もし、マニュル・トランスミッションの仕組みをご存じなければ、こちらを先にご覧いただいたほうが良いと思います。

ちなみに、バックギアにはシンクロがないので、完全に止まった状態でないとギアが鳴ってしまいます。

 

« トヨタWRC復帰第二戦目ラリー・スウェーデンDay#1,2 | トップページ | トヨタWRC復帰第二戦目ラリー・スウェーデンDay#3 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514142/64850437

この記事へのトラックバック一覧です: DCT(Dual Clutch Transmission)の仕組みがわかる動画:

« トヨタWRC復帰第二戦目ラリー・スウェーデンDay#1,2 | トップページ | トヨタWRC復帰第二戦目ラリー・スウェーデンDay#3 »

Amazon....

楽天

ブログ村

  • ブログ村

AD

楽天....

無料ブログはココログ