THX7539

フォト

Amazon.

楽天...

Amazon...

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月31日 (金)

グループBカー・プジョー205のジオラマ・レゴキット

往年のグループBカー、プジョー205Turbo16Evolution2のジオラマ・レゴキットが発売されるかもしれません。

まさにプジョー205がジャンプしているところを、再現したジオラマのようです。

ただし、10,000人のサポーターが集まればの話のようです。

現時点で、598人のようです。

もし欲しいなら、サポーターになる必要がありそうです。

https://ideas.lego.com/projects/171007

グループB復活して欲しいですね。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/news/a33057/peugeot-205-group-b-rally-lego-kit/

カルマンギアのレゴ:http://www.roadandtrack.com/car-culture/entertainment/news/a31786/lego-karmann-ghia/

ゴルフGTIのレゴ:http://www.roadandtrack.com/car-culture/a31346/this-volkswagen-golf-gti-is-the-coolest-lego-car-yet/

ジープラングラーのレゴ:http://www.roadandtrack.com/car-culture/a31652/this-lego-jeep-wrangler-is-here-to-conquer-your-backyard/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

こんな運転はやめてほしい#6

今回は自転車。

「自転車は、基本的に車道を走る」というルールがありますが。

これって例外があります。

自転車歩行者専用道路」の標識がある場合、

この標識がある場合は歩道を走って良い、というより、

私はこの標識がある場合、自転車は歩道を走るべきだと思います。

お巡りさんも、交通量は車道の幅を考慮して、自転車の安全のためにこの標識を立てているのだと思います。

しかも、この標識がなくても、自転車は”安全のためやむ得ない場合、歩道を走ることができますという決まりもあります。

要は交通量が多く、自転車が走るスペースが狭い場所などは、安全を考慮して歩道を走るべきなんです!!!

もっとこの標識の認知度を上げて欲しい。

スポーツタイプの自転車に乗ってる方に多いと思いますが、かたくなに車道を走り、渋滞にぶち当たると、都合良く歩道を走ったりと、自分の都合で走るのはやめてもらいたい。

標識が目に入らないのか? 何標識か知らないのか?

狭い場所では、自転車を追い越すために車線をまたぐ必要があり、そのせいでノロノロ渋滞が発生したり。

自転車を追い越すために、バイクが右に飛び出たりして...

スポーツタイプの自転車の方々は、どうせ走るなら、交通量の少ない場所を選んで欲しい。

できれば、サイクリングロードのような場所。

我々でも、飛ばしたいときはサーキットに行きます。

 

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月30日 (木)

Z4の後継モデルスクープ動画!ウインターテスト

BMWとトヨタの共同開発が行われている、Z4の後継モデルのウィンターテスト風景動画が公開されています。

場所はドイツのどこか?ニュルか?

元ネタ記事:http://s.response.jp/article/2017/03/28/292747.html

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ポルシェTop5シリーズ動画#8 ポルシェtoughest functionality test Top5

今週は、”toughest functionality test”トップ5。

日本語で言うと、最もタフな機能性テスト。

#5: スキッドパッド

 円形のコースで、同心円状に何度も回ることで横Gのテストを行ってるようです。

#4: テストトラック

 でこぼこや、水たまりなどのアスレチックコースようなテストコース。

#3: 風洞

 空洞実験ですね。ダウンフォースが重要。

#2: オフロードトラック

#1: クラッシュテスト

 これが一番重要かもしれない。

ちなみに、Top5シリーズの動画は、これでいったん終了だそうです。

 

 

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月29日 (水)

西鉄バスってここで作ってたんですね

西鉄バスって”西鉄車体技術株式会社”という会社が整備しているんだそうです。

仕事の内容は、バスの整備、車輌の改造、特殊車両の作製などを行ってるそうです。

2010年までは、メーカーからシャーシを買ってバスのボディを作製していたそうです。

かつては、バスメーカーだったんですね。

一番驚いたのは、”九州飛行機株式会社”の流れをくんでる点ですね。

九州飛行機と言えば、あの”震電”を作った会社ですよ!

すごいですね!

レースカーとか、スポーツカーは...作ってないですね。

元ネタ記事:https://gazoo.com/car/pickup/Pages/daily_170308.aspx

https://gazoo.com/car/pickup/Pages/daily_170309.aspx

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月28日 (火)

ブガッティのエンジンテスト用のシミュレーション・リグ

ブガッティのエンジンをテストするための、シミュレーション・リグ。

実際に車にエンジンを搭載することなく、道を走っている時と同じ、加速度、Gを再現できるそうです。

ぐるぐる回っているのは、エンジンにかかるGをシミュレーションしているんですね、Gがかかればオイルが偏ったいるすんで、エンジン自体を傾けることでそれを再現しているんだと思います。

エンジンは、ブガッティ・シロンの16気筒、1500馬力エンジンのようです。

ニュルブルクリンクを走っている状態を、再現しているようです。

すごいですね、エンジンにGをかけてテストするなんて、他のメーカーでもやってるんでしょうか?

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/a32994/bugatti-simulates/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月27日 (月)

マクラーレンF1筑波全開走行動画

ベストモータリングのYouTubeチャンネルにマクラーレンF1の動画がアップされましたが、海外サイトでも注目され記事にされていました。

マクラーレンは2019年に3シーターのハイパーカーBP23(コードネーム)を発売するらしい。

お値段は2億円超えで、106台生産らしい。

https://www.autocar.jp/news/2017/03/23/212539/

さて、F1の方ですが、動画では由良拓也さんが、F1のメカニズムについて詳しく解説しています、ブレーキ冷却用のエアーだとか、カーボンモノコックフレームの構造だとか...

聞いているとゴードンマレーの熱意が伝わってきますね。

驚いたのはラゲージスペースが、車の両サイドにあること。

しかも専用の鞄が用意されているいるんですね。

さらに、今では当たり前になっている電子制御(TC、ABS、ESC)などは装備なく、パワステも付いてないそうです。

ちなみに、旧NSXはかなり、マクラーレンF1(ゴードンマレー)に影響を与えているそうです。

http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/nsxf1-9239.html

動画の中で、サスペンションはかなり柔らかめだと行ってますね、動画を見てても加速時、コーナリング時に、かなりサスペンションの動きが大きいのがよく分かりますね。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/videos/a33019/watch-the-mclaren-f1-get-pushed-to-the-limit-back-when-it-was-new/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ブガッティ・シロンの加速スピードメータの動きがすごすぎる

ブガッティ・シロンの加速を、スピードメータのアップでとらえた動画です。

あり得ないスピードで針が上がっていきますね。

21秒ほどで350km/hまで上がっていきます。

元ネタ記事(イギリス自動車雑誌EVO)によると、来年は、時速420km/hのリミッターをカットし、ブガッティ・シロンのトップスピードを調査すると書かれてますね。

メーターは、500km/hまで刻まれてますね...

意外に感じたのは、スピードメータが真ん中なんですね。

普通スポーツカーはタコメーターが真ん中なんですけどね。

タコメーターは左にありますが、その下は馬力メーターだよ。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/new-cars/news/a33017/bugatti-chiron-acceleration-video/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月26日 (日)

新車で200万以下で楽しめる車

若いうちに乗るなら、この手の車から乗って腕を上げるのが良いのでは。

パワーの無い車の方が、テクニックに集中できるらしいから。

やっぱりお勧めは、スイフト・スポーツか、アルトワークスかな。

でも、元ネタ記事は”新車価格”ってなってますが、実際はスイフト・スポーツ(ZC32S型)は生産終了だから、ほぼ新車では手に入りませんね。

元ネタ記事:https://www.webcartop.jp/2016/10/52060

腕を上げたきゃ、遅い車を買え!

腕を上げたきゃ、遅い車を買え!という、R&D誌のインターネット記事を、ざっと翻訳してみた。

もし、あなたがサーキットでもっと腕を上げたいと思うなら、速い車を買って見かけの速さに頼るより、遅い車を買った方が合いい。

女性レーサーのディビナ・ガリカによると、

「もし、レースに参加したと思うのなら、まず最初に馬力のない車から始めるべきだ」

とのことです。

お勧めの車は、ロードスター、E30 BMW3シリーズ等だそうです。

これらの車は、腕の低さをカバーするだけの十分は馬力がない。(要は、馬力はないが腕次第で速く走れる車って事か)

直線でぶっ飛ばすより、カーブを素早く侵入し、スムーズに脱出する方が良いタイムが出る。

低馬力の車の方が、よりテクニックに集中することができる。

その意味では”フォーミュラ・フォード”は素晴らしい。

100馬力程度なので、良いラップを出すために低いスピードを使う必要がある。

馬力に低い車は、維持費が安いく、財布に優しい、しかも安全。


元ネタには、いろいろとまだ書いてますが...

詰まるところ、速く走るって事はテクニックであって、速っ車に乗るって事ではない。

ベストドライバーは、一貫性があり正確な基本的なスキルを実行する。

(意訳すると、速く走れるライン、ブレーキポイント、ハンドルさばき、アクセルのコントロールを、何度でも正確に、コース上で再現できることが一流のドライバーってこことか。)

私の場合、クラシック・ミニとジムニーに乗ってましたので、パワーの無いに加えて、電子制御無し(横滑り、トラクションコントロール)、

電子制御のない古い車ってのも良いかも。 コースアウトもスピンも腕次第。

ミニでサーキットを走ってると、直線では離されるけど、コーナーが繰り返してくると追いつくってパターンがよくありますね。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/a32883/drivers-ed-slow-learners/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月25日 (土)

ブログをタイトルを変更!でもニューマシンの納車はまだ...

本日ブログのタイトルを変更しました。

スイフト・スポーツの納車は、4月中旬なのでまだですが、とりあえず先行して看板を変えます。

”かっとびSwift / 車大好き50代のブログ”

いろいろと悩みましたが、かっとびミニクーパー ⇒ かっとびSwift に変えて、ちょっと付け足しました...

実は、今月で50代!!! 三浦カズとおなじ世代です。

納車後は、スイフト・スポーツについていろいろとレポートしたいと思います。

スイフト関連の記事が増えると思いますが、基本的に今までと同じく自動車関連の情報+スイフトに関する情報になると思います。

ちなみに、今までのミニクーパーや、ジムニーの記事を含め、すべての記事は今まで通り閲覧できます。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

フェラーリの墓場

元ネタ記事の写真を見ると、一瞬フェラーリが捨てられているのかと思いましたが、事故や火災で修理不能となったフェラーリが集められている、リビルドパーツショップです。

あらゆるフェラーリのが集められ、一部は野ざらし状態となってますが、パーツ取りとしては十分です。

スクラップ同然とはいえ、フェラーリですから、その辺の車と価値がちが言うんでしょうね。

高価な純正パーツを買うよりは、ずっと安くすむんだと思います。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/videos/a32902/this-is-where-your-favorite-ferraris-go-to-die/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月24日 (金)

レンジローバー・ヴェラールのスクープ写真が日本で撮影される

レンジローバー・ヴェラールと思われる、カモフラージュされたテスト車輌が日本で撮影されました。

AUTOCAR Japanの方が、目撃、撮影したようです。

日本でもテストしてるんですね。

でも、なんでこのシーズンか?

花粉症に耐えれるかどうかとか?

元ネタ記事:https://www.autocar.jp/newsjp/2017/03/21/212140/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

トヨタ人物伝 豊田喜一郎

3月26日に、トヨタをモデルにしたリーダーズⅡが放送されますね。

放送を見るなら、GAZOOのホームページにある、トヨタ人物伝で予習しましょう。

元ネタ記事:http://gazoo.com/car/history/Pages/toyota_history_001.aspx

http://gazoo.com/car/history/Pages/toyota_history_002.aspx

http://gazoo.com/car/history/Pages/toyota_history_003.aspx

http://gazoo.com/car/history/Pages/toyota_history_004.aspx

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月23日 (木)

トヨタ新型スープラのドアップ写真!スクープ!

トヨタの次期新型スープラの超ドアップ、鮮明写真がスクープ!されました。

カモフラージュされてはいますが、これ以上の近距離はないでしょう。

とはいえ、自動車メーカーのカモフラージュは巧妙ですから、まだまだ、この形が本物とは限りません。

(カモフラージュのやり方:http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-2dc7.html

私のイメージは、80スープラの雰囲気をうっすらと残しながら、シャープでスマートなデザインになったのかなぁ~と思います。

トップモデルは、3リッターのBMW直6エンジンで340馬力らしい。

BMWのエンジンだから、86みたいな馬力詐欺はないともう。

速く、販売してくれないから、スイフト・スポーツ買っちゃったよ!

元ネタ記事:http://s.response.jp/article/2017/03/21/292389.html

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ポルシェTop5シリーズ動画#7 ベストポルシェ・限定車Top5

今週は、Exclusive modelトップ5。

第5位: 911クラブ・クーペ。 たった13台だけ生産された。

第4位: 911スピードスター。 356スピードスターにちなんで、356台生産された。

第3位: 911スポーツクラシック。 250台限定生産。ダッグテールがかっこいい。

第2位: 911ターボS(964)。 リアフェンダーの上の吸気口が一枚パネルで作られてるのがすごい。 普通なら穴の部分だけはプラスチック製になるんだが。

第1位: 2017年に発売される、次の特別モデルらしい。 まだ秘密!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月22日 (水)

Top Gearアメリカが復活するらしい

Top Gearアメリカ版が司会者を変更し、今年年末に新たにスタートするらしい。

ドラッグレースチャンピオンのアントロン・ブラウン、

有名映画俳優のウィリアム・フィクナー

イギリス人モータージャーナリストのトム・フォード

の3人。

ウィリアム・フィクナー以外、まったく知りませんが、Grand Tourへの対抗なんでしょうか?

誰だかよく知らないって方には、元ネタ記事には、3人のそれぞれの動画があります。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/entertainment/news/a32985/top-gear-america-will-return-with-three-new-hosts-later-this-year/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

インディカーのイヤーピースは単なるイヤホンではない

インディカーのイヤピースは、単なるイヤホンではなく、加速度センサーが内蔵されていて、前後左右、上下方向のGを記録することができるそうです。

しかも、一つ一つオーダーメイドで、耳の穴の形をゴムみたいなもので取った上で、それぞれのドライバーに合わせて作られるようです。

車にかかるG意外に、人に直接かかるGを計測できる用です。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/motorsports/videos/a32943/indycar-earpieces-are-a-lot-more-complex-than-you-think/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月21日 (火)

自動車には税金がとてつもなくかかっている

自動車の税金って、こんなにある。

まずは、ガソリン。

半分が税金。

2つめが、自動車取得税。

これは、4月から無くなるらしいが、今までは消費税に加えて取られていた。

しかし、かわりに環境性能税率...とかいうのが増えるかもしれないらしい。

3つめが、自動車税。

4月1日づけの所有者のところに送られてくるそうです。

クラッシックカーに乗ってる人は、普通の車よりも割高

4つめが、重量税。

これは車検の時の取られるそうです。

私の車は、小さいのでこれは比較的安い。

まあ、車は贅沢品で。

金持ちが乗るもんだったことが、そもそも税金が多い事の原因らしいが、

いまは、ほとんどの家に1台はあるんだから、

ちょっとは生活必需品として、考えて欲しい。

元ネタ記事:https://www.webcartop.jp/2016/04/39992

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

初代フォルクスワーゲン・ゴルフの部品がブガッティ・ヴェイロンで使われてる

初代フォルクスワーゲン・ゴルフで使われている、わずか18ドルのリアクランクシールです。(クランクシャフトとクランクケースのシール、フライホイールの裏にある)

この部品は、”National Seal #716102”という型番だそうです。

ゴルフの他に、Plymouth TC3 、Dodge Omni 024

Alpine GTA、Venturi Atlantique等の車にも使用されているそうです。

リアクランクシールって、スーパーカーでも普通の車でも、要求スペックに違いが無いようですね。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/a32947/the-eighteen-dollar-part-that-connects-the-original-vw-rabbit-to-the-bugatti-veyron/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月20日 (月)

オークションに出されたとんでもない値段のポルシェ10台

Amelia Islandオークションに出された、とんでもない値段が付いたポルシェ10台。

1987年式の924は220万円で安けど、30年前の車ですからね。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/buying-maintenance/news/g6939/expensive-porsches-amelia-island-2017/?slide=10

1998 911 GT1 Strassenversion – $5,665,000  - 6億4千万円

1993 964 Turbo S Leichtbau – $1,540,000 -  1億7千万円

2011 997 GT2 RS – $561,000  - 6千3百万円      

1987 924 S – $19,800  - 220万円

1974 911 Carrera RS 3.0 – $1,375,000  - 1億5千万円

1988 944 Turbo S – $46,200  - 520万円

1977 934/5 – $1,375,000  - 1億5千万円

2011 997 Speedster – $363,000  - 4千万円

1965 911 2.0 – $225,500  - 2千5百万円

2011 997 GT3 RS 4.0 – $748,000  - 8千4百万円 

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

富士スピードウェイ開業50周年

富士スピードウェイが開業50周年だそうです。

色んなイベントが行われているようです。

往年のF1マシン、市販車ベースのレースカーが、デモランを行ったようです。

博物館に展示したる車が、こうやって実際にサーキットを走るのは滅多には見られませんから、イベントに参加されたがうらやましい。

1976年のF1レースの再現なんて、もう二度と見れないかも。

元ネタ記事:http://gazoo.com/car/pickup/Pages/daily_170318.aspx?MAKER_CD=A&CARTYPE_CD=A02&GENERATION=-1

http://gazoo.com/car/pickup/Pages/daily_170319.aspx

https://www.webcartop.jp/2017/03/93068

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月19日 (日)

ニューマシン(スイフト・スポーツ コンプリートカー)を発注しました

先日は長年乗ったミニが旅立ち、既に車体は次のオーナー様の元へとでいていますが、、、次に乗る車が決定しました。

次のマシンは、”スイフト・スポーツのモンスタースポーツ製コンプリートカー”にしました。 

まだ新型のスイフト・スポーツはでてませんから、旧タイプのZC32Sです。

先日、モンスタースポーツ福岡店にアルトワークスのコンプリートカー試乗に行ったとき、偶然にも、スイフト・スポーツの新車がまだある事を知りました。

まだ、新車を買えるとは思いもよらなかった!

ほぼ86を買うことに決めていたところなので、かなり悩んだ末、

信頼できるショップにメンテしてもらえることと、スイフトは国内はもとより、ヨーロッパでもかなり評価が高い...しかし、なによりも、元々ホットハッチ・小型車が好きなので決めてしまいました。

3ドアじゃないって事以外は、すべて気に入ってます。

トヨタFR-Sとか、ヤリスGRMN、MR-2の後継車とか...これから楽しみな車もありますが、待ってられません。

モンスタースポーツ福岡店には、スイフト・スポーツ(コンプリートカー)のデモカーもあります。

Dsc_2459_

Dsc_2462_

イギリスで25年ぶりに目覚めた”クジラ・クラウン”

イギリスで25年間眠り、保管され続けていた1972年トヨタ・クラウンが復活したそうです。

薄いブルーのクラウンで、見た感じとてもコンディションはよさそう。

わたしはこの、クジラクラウンが大好きで、2ドアハードトップが特にお気に入り。

給油口が後ろのナンバープレートの上にあるのが、いかにも旧車!

元ネタ記事: http://www.autocar.jp/news/2017/03/05/209043/2/

元ネタとは関係ありませんが、昔のCM動画です。

ちなみに、キャッチフレーズは”男盛りのクラウン”...ってなんだ。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月18日 (土)

アストンマーチンのサブブランド”AMR”

アストンマーチンが、BMWの”M”、メルセデスの”AMG”に対抗するサブブランド”AMR”を立ち上げた。

なんだか、いまいちの名前ですが...

AMGと間違えちゃいそうだ。

ハードコアチューニングした強力なパフォーマンスカーを販売していくようです。

日産だとニスモだな。

スバルだとSTI。

トヨタだとGAZOO RacingのGRMNか?

次期スープラもGAZOOブランドらしいし、ヤリス(ビッツ)の210馬力パフォーマンスモデルもGRMNだし。

スズキも、モンスタースポーツを正式に、パフォーマンスブランドにしたら良いのに、元々スズキスポーツって言ってたんだから。

モンスタースポーツから発売すれば、軽自動車64馬力”自主規制”からも外れて良いんじゃないかなぁ...なんて。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

トヨタ86”タイガー”ドイツで発売

トヨタ・ドイツの86限定モデル、”タイガー”が発売されるそうです。

いかにもドイツらしさを感じるネーミング。

ドイツのみで販売されるそうすが、写真を見るとサイド上部に黒いストライプ、ドアミラーも黒。

ザックス製ダンパーと、17インチホイールが装備されているそうです。

リアウィングも付いてるようなので、日本のGTLimitedの装備をちょっと落としたか感じ。

アメリカの”860”に続いてドイツでも特別仕様車が販売ですね。

世界的に、販売てこ入れなんでしょうか?

元ネタ記事:http://s.response.jp/article/2017/03/16/292221.html

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月17日 (金)

Top Gearがアマゾンでも視聴可能に

Top Gearのシーズン19~22が、Amazonプライム・ビデオでも視聴可能になったそうです。

Grand Tourのみならず、Top Gearまでもアマゾンで見れるとは。

いっそのこと昔のTop Gear全部、Fifth Gearとかも見れたりすれば良いんだけど。

元ネタ記事:http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1048930.html

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ランボルギーニ・ウラカンのニュル最速記録動画を公開

ランボルギーニ・ウラカンの最新モデルウラカン・ペルフォルマンテが、ニュルブルクリンクで最速記録を更新。

6分52秒01!

ポルシェ918スパイダーよりも、5秒速い!

ウラカン・ペルフォルマンテは、軽量化のほか、電動でフロントスポイラーが動いたりする、アクティブ・エアロダイナミクス・システムが組み込まれてているそうです。

元ネタ記事には、2つの動画があり、上の方は2015年のアヴェンタドールの6分59秒73のどいうがです。

下の方が、今回のウラカン・ペルフォルマンテの動画です。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/new-cars/news/a32879/lamborghini-huracan-performante-nurburgring-record-faked-data/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月16日 (木)

ミニクーパーが新しいオーナーの元へ旅立ちました

先週の日曜日、12年間乗ったミニクーパーが、新しいオーナーの元へ旅立ちました。

新しいオーナー様からは、入手後に行うチューニングの話も聞いており、ちょっと買い戻したくなるような...良さげなチューニングです。

さって、次に購入する車ですが、ジムニーを下取りに出し、新たに買い換える車をほぼ決めました。

いろいろ悩みましたが、良い車と末永くしっかりとメンテしてもらえるショップを見つけました。

後日、報告したいと思います。

Dsc_2488_

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ポルシェTop5シリーズ動画#6 ベストポルシェ・コンセプトカーTop5

ポルシェのベストコンセプトカーTop5。

第5位: Typ754 <<T7>>

2.0リッター、4気筒、130HP

911のデザインコンセプトをちょっと変更した感じのコンセプトカー。

第4位: 989

なんと4ドア、スポーツカーのコンセプト、

V8、300hp。

見た感じ、911をただ伸ばしただけ。 RRなのか?

第3位: カイエン・カブリオレ

タルガトップ風のオープンカー。

第2位: 918スパイダー

3.4リッター、500hp + 2モーター、218hp

第1位: MissionE

600hpの電気自動車。

911もいつかは、無くなるのかなぁ~

それとも、電気自動車になっても、911なの?

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月15日 (水)

スバル・インプレッサが激走する映画が公開されるらしい

スバル・インプレッサが激走する映画が、今年8月アメリカで公開されるらしい。

日本での公開がいつかは?不明だが。

予告編を見るとバリバリ激走してます。

この映画にはマッスルカーも超高価なハイパーカーもでてこないそうです。

しかも、使用されているインプレッサWRXは、STIでもない。

しかし、CGは使用されて無く、本物の人間と本物の車を使っているそうです。

かつてのスティーブ・マックイーンの映画のような、CGを使わないカーアクション本来のリアリズムを追求した映画のようです。

出演は、Jamie Foxx、Jon Hamm、Lily James、Kevin Spacey、Ansel Elgort、Chevy Caprice

日本で公開されるんでしょうか?

インプレッサの色が赤なのがちょっと気になるが...

映画的には赤の方が、映像的に映えるんだろうなぁ。

スバルファンの方は、ぜひ元ネタの予告編動画をご覧ください。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/news/a32910/baby-driver-trailer-jon-hamm-jamie-foxx/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

トヨタはMR2の後継車を計画している思われる

本当かどうか分からないが、86があって、スープラが復活するところを見ると、まんざら噂では無いと思う。

以下は、元ネタ記事の大ざっぱな翻訳です。

トヨタはMR2の後継車を計画しているらしい、そしてそれは3兄弟とよばれる。

1990年代、トヨタはミッドシップのライトウェイトスポーツカーMR2、

前輪駆動でラリー向きのセリカ、

ターボチャージャーのスープラ。

3台とも今はないが、復活のかすかな望みが出てきた。

86とスープラは復活、しかしMR2はない。

多田さんは、スリーブラザーズは復活する。

彼はできるだけ早くそれが量産されることを望んでいる。

後継車は軽くて、ミッドシップであることを期待する。

MR2の後継車を早く見れることを祈りましょう。

みたいなことを書いてます。

ミニをも売ってしまった私は、もうそんなに待てません...今欲しい。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-shows/geneva-auto-show/news/a32893/toyota-is-supposedly-planning-a-successor-to-the-mr2/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月14日 (火)

”RedBullタクシー”こんなタクシーに乗ってみたい

こんなタクシーあったら是非乗ってみたい。

日本最強のラリードライバー、新井敏弘氏の運転するタクシー!

一流ドライバーが乗るタクシーなら、少々高くても是非乗ってみたい。

元ネタ記事:http://www.redbull.com/jp/ja/motorsports/stories/1331843809762/red-bull-taxi-special-movie?linkId=34304960

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

アメリカでトヨタ86の特別仕様車”860”発売

アメリカで86の特別仕様車が発売されるらしい。

その名も”860”、ノーマルの86より10倍良いと言うことらしい。

仕様的には、リアスポイラー17インチホイールなど、日本のGTLimitedとほぼ同じではないかと思うが、

以下の動画を見ると、ブレーキはブレンボではないようで、GTにリアウイングつけた感じかなぁ?

はっきりと違う点は、黒いストライプと、黒いドアミラー。

車体色は、ハロ・ホワイトとスーパーノバ・オレンジ。

マニュアルミッションで、日本円でおおよそ345万円だそうです。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/new-cars/news/a32907/toyota-gives-the-86-a-cosmetically-accessorised-860-special-edition/

 

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月13日 (月)

トヨタWRC復帰第三戦目ラリー・メキシコDay#4

2017年ラリー・メキシコDay4。

ラトラバ6位、ハンニネンが7位。 2台そろってTop10以内でフィニッシュ。

表彰台には上がれなかったが、やはりそう簡単には勝たせてもらえない。

ラトラバは、現在ドライバーズランキングで2位。ハンニネンは11位。

第4戦は、4月6日から、フランスのコルシカ島で行われる”ツール・ド・コルス”。

元ネタ記事:http://toyotagazooracing.com/jp/wrc/release/2017/rd03-day4.html

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

トヨタ、レギュレーションの変更次第でWEC(ル・マン)撤退か?

ル・マン24時間レースなども含む、WECが、ハイブリッドの技術範囲を縮小することとなった場合、

トヨタはWECから撤退する可能性もあるそうです。

トヨタは元々ハイブリッド技術の向上のために、WECに賛成していたらしいので、ハイブリッド縮小となれば、撤退もあるようです。

せっかく、ル・マン24時間優勝が手に届くとこまで来ているのに!!!

レギュレーション変更とは!

元ネタ記事:http://f1-gate.com/toyota/wec_35168.html

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

トヨタがアメリカにサーキットもあるVIP向けリゾートを建設

トヨタがアメリカ、テキサス州に、サーキットを併設したVIP向け施設を建設したらしい。

釣り用の池(釣り堀)、乗馬用の馬小屋、ゲストハウスなどがあり、広さは75エーカー、東京ドームで言うと6.5個分ぐらいだそうです。

一体誰をお招きするんだろう?

もしかして、トランプ大統領?

接待しとかないとね。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/a32876/toyota-built-a-secret-racetrack-in-texas-for-its-most-important-people/

ニュース記事:http://www.dallasnews.com/business/real-estate/2017/03/07/toyotas-denton-county-spread-will-corporate-getaway-ranch-racetrack

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月12日 (日)

トヨタWRC復帰第三戦目ラリー・メキシコDay#3

エンジンの熱問題は解決したらしいが、雨が降ることを前提にソフトタイヤを履かせていたが、実際には雨が降らず、本領発揮ができなかったようです。

結果は、ラトラバが6位、ハンニネンが7位。

元ネタ記事:http://toyotagazooracing.com/jp/wrc/release/2017/rd03-day3.html

YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/wrc

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

トヨタWRC復帰第三戦目ラリー・メキシコDay#2

2017年WRCラリー・メキシコDay2を終わりましたが、

トヨタはエンジン温度の上昇に悩まされ、ハンニネンが4位、ラトラバは8位にとどまっています。

寒かったり、熱かったり、標高が高かったりと、過酷な環境のラリーはそう甘くはないって事ですね。

Day3で何処まで順位を上げるか。

今回はハンニネンに頑張って欲しいですね。

Day2 元ネタ記事:https://toyotagazooracing.com/jp/wrc/release/2017/rd03-day2.html

Day1 元ネタ記事:https://toyotagazooracing.com/jp/wrc/release/2017/rd03-day1.html

GAZOO WRC特集:http://gazoo.com/car/motorsports/wrc/Pages/index.aspx

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

特別仕様車ってお買い得?

特別仕様車は、基本的にお買い得らしい。

色んなオプションなどが最初から付いてる分、割安になっていて基本的にはお買い得らしい。

ただし、人によっては自分好みに仕上げることに価値観をおいてるので、一概には言えないかもしれない。

特別仕様車を設定する理由もいろいろあるらしく、人気モデルの拡販だとか、モデル末期の売れ残りセールみたいな場合もあるらしい。

しかし、モデル末期になって豪華な特別仕様車が出たりすると、もっと待っときゃ良かったみたいなことありますよね。

元ネタ記事:https://www.webcartop.jp/2017/03/87009

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月11日 (土)

カローラ50周年記念”カローラ花冠パレード”

カローラ50周年を記念して、5代の歴代カローラが全国をリレー形式で廻っていくそうです。

九州は、3月25日に鹿児島から順番に廻っていくようです。

http://toyota.jp/information/campaign/corolla50ththanks/

目印は、グリルに取り付けられた花の冠。

元ネタ記事:http://s.response.jp/article/2017/03/07/291713.html

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

日本の警察史上最速の覆面パトカー

日本の警察史上最速の覆面パトカーが、東京に登場したそうです。

正体は、“マークX+Mスーパーチャージャー”。

3.5リッター、V6、360馬力。

元ネタ記事には、ナンバーまでバッチリ公開しています。

こんなパトカーが必要だって事は、やっぱり、逃げようとする車がいるんでしょうねぇ。

元ネタ記事:https://news.nifty.com/article/magazine/12193-20170226-1292911/#article

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月10日 (金)

レーサー VS ラリースト対決(ベストモータリング動画)

ベストモータリングのYouTubeチャンネルに、サーキット(ターマック)のレーサー対ラリードライバー(グラベル)の対決動画があがってました。

レーサーは黒澤琢弥、ラリーストは藤本吉郎です。

最初は、えびすサーキットでの対決ですが、明らかに走り方が違います。

藤本さんはかなり、苦労してました。

ブレーキ、アクセル、ラインの取り方がまったくレーサーとは違いますね。

ある程度グラベル上での、ドリフト量を考えながら走ってるような気がしました。

一方、グラベルでは、やはり藤本さんがダントツ早い。

琢弥はダートコースは初めてらしく、最初かなりびびりが入ってます。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

アルトワークスのコンプリートカー試乗(モンスタースポーツ福岡)

先週の土曜日に、モンスタースポーツ福岡店でアルトワークスのコンプリートカーを試乗してきました。

http://www.tajima-monster-fukuoka.com/blog

ミニは既に売却済みですが、ジムニーも売却し、普段使いもできて、サーキット走行もできる車の1台体制に変更する予定です。

その候補として、アルトワークスを入れてます。 維持費、車体の安さではピカイチ、いじくり費用も安くてすむし。

コンプリートカーのエンジンは、オープンタイプのエアクリーナーとマフラーだけしか変えてないそうですが、低回転からかなりトルクがあり、私のブーストアップジムニーと同じぐらいのパワーを感じます。

モンスタースポーツのかたは、「馬力は、64馬力です。」と言ってましたが、もう少し出てるような気がするほどでした。

アルトワークスの欠点は、やっぱりR06エンジン。

やはり、ハードチューニングはできないようですね。

そのうち、K6Aに載せ替えるなんてチューニングが出てきそうな気がする。

それと、なんと旧型スイフト・スポーツの新車がまだ残っておりました。

実はホットハッチが大本命なんですが、最近は5ドアばかりで...

でも、新車のスイフト・スポーツとなると...候補に入れようか?

Dsc_2454_

Dsc_2455_

にほんブログ村 車ブログ スズキ(車)へ
にほんブログ村

2017年3月 9日 (木)

久々の3ドアホットハッチ ヤリスGRMN

ヤリス(ヴィッツ)GRMNがジュネーブモータショーで発表!

久々に国産車で3ドアのホットハッチですね。

1.8リッター、スーパーチャージャーで、205馬力。

ロータスエリーゼと同じエンジンに、スーパーチャージャーを付けたようです。

(馬力は、カートップ、WebCGの記事では210馬力以上、R&Dの記事は205HPとなってますね。)

そのた装備はBBSホイールに、ザックスのサス、トルセンLSDだそうです。

でも、ぱっと見はいまいちですね。

WRCカーを連想させるようなエアロパーツは無し、センターだしマフラーぐらい。

ちょっと残念な気がするなぁ。

値段は果たして?

元ネタ記事:https://www.webcartop.jp/2017/03/90504

元ネタ記事:http://www.webcg.net/articles/-/36029

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-shows/geneva-auto-show/news/a32860/the-supercharged-toyota-yaris-grmn-looks-like-an-adorable-hoot/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ポルシェTop5シリーズ動画#5 サーキットで打ち立てたポルシェ画期的歴史Top5

第5弾は、”The most thrilling Porsche milestones on track.”

直訳は、”トラック上での最もスリリングなポルシェのマイルストーン”となります。

第5位: 1986年、959がパリダカで1、2位独占。 1,3000kmを走り抜けた。

第4位: 1982年、ル・マン24時間レースで、956が1、2、3位を独占。 しかも、カーナンバー順で。

第3位: 1973年、Can-AmCupに出場した917/30は、最もパワフルなポルシェで、最高スピードは、時速380km/h!

第2位: 1983年、956(グループCカー)が、ニュルブルクリンクでコースレコードを記録、6分11秒13。 レースカー最速。

第1位: 2013年、918スパイダー、ニュルブルクリンクで市販車最速記録を打ち立てた。6分57秒。

来週は、コンセプトカーTop5だそうです。

関連記事:

ポルシェTop5シリーズ動画#1

ポルシェTop5シリーズ動画#3

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月 8日 (水)

ボディカラーで値段が違うのはなぜ?

まえから、ちょっと疑問おもっていた”ボディカラーでなぜ値段が違うのか?”。

理由は、単純に塗料の値段が高いと言うのと、塗装行程が多かったりするらしい。

NSXは、色によって67万円もプラスだったりするらしい。

元ネタ記事:https://www.webcartop.jp/2017/03/88512

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月 7日 (火)

レクサスLC F 今年デビューか?

レクサスLC500、LC500hは、3月16日から販売が開始されるそうですが、

やっぱり、気になるのは、LC Fですね。

4リッター、V8、ツインターボで600馬力。

わたしなら、新型NSXより、LC Fだな。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/new-cars/news/a32767/lexus-lc-f/

レクサスLC関連まとめ:http://gazoo.com/car/newcar/Pages/lexuslc2017.aspx

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月 6日 (月)

長期間乗らない車のガソリンは腐るのか?

長期間車に乗らないとガソリンが腐るというのは、ある意味ほんとらしい。

実際は腐るわけでなく、酸化したりして、半年すると品質が劣化するそうです。

オイルも、乗らないと劣化するらしいから、定期的に動かした方が良いようですね。

クラシックカーをお持ちの方、中古車を買う場合は、注意された方が良いかも。

元ネタ記事:https://www.webcartop.jp/2017/02/85020

オイルの場合、未使用で密封しておけば、5年は持つらしいが。

元ネタ記事:https://www.webcartop.jp/2017/03/87014

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ブガッティ・シロンを組み立てはたった20人のMasterTechnician

Bugatti Chironは、20人のマスター・テクニシャンによって、ハンドメイドされているらしい。

動画を見ると、無茶苦茶綺麗な工場、いやオフィスのような場所で、Master Technicianによって組み立てられています。

床も壁も白で統一され、まるで手術室のような感じ。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/new-cars/videos/a32826/witness-the-immaculate-ballet-of-a-bugatti-chiron-being-assembled/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月 5日 (日)

エンジン気筒数って

エンジンの気筒数が多いほど、エンジンの回転はなめらかで振動が少なくなる、エンジン音も甲高い音となり、いかにもスーパーカーらしい。

しかし、重量バランスなどを考えると、FRなら直6が良いらしい。

やっぱスーパーカーは、12気筒が良いなぁ。

最近はエコブームで、少ない気筒数でターボ付きって傾向だが、これにハイブリッドでモーターが入ってくると、これからのスーパーカーは、4気筒辺りが中心になってくるんだろうか?

元ネタ記事:https://www.webcartop.jp/2017/02/72567

元ネタ記事:https://www.webcartop.jp/2017/02/72573

元ネタ記事:https://www.webcartop.jp/2016/10/52724

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年WRC第2戦ラリー・スウェーデンダイジェスト

2017年WRC第2戦ラリー・スウェーデンのダイジェスト動画。

来週3月9日からは、ラリー・メキシコ。

第2戦とはまったくちがう、砂漠でのレースですが、はたして復帰後いきなりの好調を続けるトヨタチームは、再び表彰台に上がれるのか?

元ネタ記事: https://www.as-web.jp/rally/90885

元ネタには、他の動画も上がっています。

3月9日からのラリー・メキシコの予告動画です。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月 4日 (土)

フェラーリ70周年記念モデルデザイン流出

フェラーリの70周年を祝う記念モデルのデザインが流出。

エンジンはハイブリッドエンジンで、6.3リッター、963ps。

0-100km/hは3秒以下、最高速は350km/h。

デザインをいると、空気の流れを制御するために複雑な形になってます。

最近は大きなウイングは付けずに、ボディ形状で空気の流れをうまいこと制御してダウンフォースを生み出すようですね。

元ネタ記事:http://www.autocar.jp/news/2017/02/22/207288/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

車の安全システム(ABS、TC、ESP)がどれだけ効果があるか?

先週の土曜日の記事は、ESPの実験動画でしたが、

今回は、車の安全システムとして最近は当たり前になっている、ABS、TC(トラクションコントロール)、ESP(横滑り防止装置)が、どんだけ、どのように働くか実験した動画です。

基本的に、危険な目に遭わない限り、このシステムのお世話になることは無いと思いますので、これらの効果を、実感している人は少ないのでは?

わたしの車は、ミニとジムニーなんで、このなかではジムニーに装備されているABSしか実感できません...

紹介する動画をみると、ABS、TC、ESPがどれだけすごいか、役に立つか分かると思います。

ただし、過信は禁物です。安全運転でドライブしましょう。

前半は導入部です。 動画は英語なので、スキップしても良いと思います。

ABSは、4分12秒辺りからでてきます。

最初はABSを切った状態で、雪上でブレーキを踏むとズルズルと滑り、雪の壁にこすりながら停車しますが、ABSを入れた状態でブレーキを踏むとキッチリと止まります。

TCは、4分48秒あたりからです。

ツルツルの凍った坂道を車で上がろうとしますが、TCを切った状態だとタイヤがスリップしてまったく上がれません。

しかし、TCを入れると、いとも簡単にツルツルの坂道を上がっていきます。

すごいですね。

最後はESPです。

6分55秒あたりから、雪上で70mph(112km/h)で走行しながら障害物を避けるテストです。

ESPを切った状態では、案の定車はスピンして避けることができません。

しかし、ESPをいれると、まったくスピンせずに障害物を安全に避けることができます。

素晴らしいですね!

来年出ると言われている新型ジムニーには、ABSに加えてESPぐらいは装備されるんだろうか?

どちらかと言えば、ESP入らないので、TCがあった方が良いなぁ。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月 3日 (金)

光岡がオロチの2代目を開発中か?

光岡自動車は来年50周年を迎えるそうですが、それに併せてオロチの2代目を開発中らしい。

一代目はかなり個性的な車だっただけに、こんどは一体どんな車になるんだろうか?

元ネタ記事:https://www.webcartop.jp/2017/02/84339

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

TheGrandTourポルシェ918をぶち抜いたパトロールの正体

グランドツーアに出てきた、ポルシェ918をぶち抜いていった、日産パトロールの正体。

おおよそ、察しが付いている方が多いのではないかと思いますが。

中身はGT-Rです。

しかも、1600馬力!

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/videos/a32754/porsche-918-beating-nissan-patrol/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月 2日 (木)

AZ-1 VS カプチーノ

ベストモータリングのYouTubeチャンネルで公開されていた、AZ-1とカプチーノの対決動画が海外サイトで紹介されていました。

日本の軽自動車で、しかもスポーツカーに興味があるんでしょうか?

アルトワークス、コペン、S660はありますが、エコカーのエンジンを流用しだしね。

ドライバーの二人が若い!

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/videos/a32707/watch-two-of-japans-coolest-kei-cars-battle-it-out-on-track/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ポルシェTop5シリーズ動画#4 市販車に採用されたレースカーの技術Top5

ポルシェ・トップ5シリーズ第4弾は、市販車に採用されたレースカーの技術。

第5位:Carbon fiber Reinforced Polymer

日本語で言うと”炭素繊維強化プラスチック”だそうです。

911GT1が最初にこのカーボンボディを採用したそうです。

第4位:mode スイッチ

ハンドルにモードスイッチをつけたのは918スパイダーだそうです。

このモードスイッチで6種類のドライビングモードを選べるそうです。

第3位:セラミックブレーキ

962が最初にセラミックブレーキを採用したそうです。

第2位:ターボチャージャー

917/10のターボチャージャー技術がGT3RSに応用されている。

第1位:E Performance

要はハイブリッド技術。

919の技術がパナメーラに応用されているとか。

関連記事:

ポルシェTop5シリーズ動画#1

ポルシェTop5シリーズ動画#3

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年3月 1日 (水)

エンスーの杜に売りに出しました。ミニ売れました!

おかげさまで、売れました!

2005年にDO-TETSUさんで購入していらい、いろいろありましたが、ミニと一緒に過ごせた楽しい思い出がたくさんあります。

DO-TETSUさん、カーセール・アオキさんには、メンテナンス、チューニングでとてもお世話になり、非常に感謝しております。

これで、ブログの看板も変えないといけないぁ。

まだ、新しい名前はまだ、何にも考えてません。

とりあえず3月いっぱいは、今のまま行きたいと思います。

4月からは、ブログのタイトルを変えて新装開店しようとおもいます。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

エンスーの杜に売りに出しました。その2

おかげさまで、売れました。

http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-d2d3.html

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ちょっと値下げいたしました。

色はオリジナルの”ブルックランズグリーン”です。 リンク先には、ブリティッシュグリーンになっていますが、間違いです。

エンスーの杜:http://enthuno-mori.com/mini/20170125mini/

関連記事:http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-3d5d.html

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

ジムニーの微妙な評価レポートに対する海外の反論

海外のジムニーの試乗動画ですが、いまいち微妙な評価。

この動画に対する海外の反応が面白い。

アメリカ人はかわいそう、ジムニーを買えないなんて...

でも、アメリカ人には売ってあげない!

元ネタ記事:http://www.kattobi-japan.com/archives/12655323.html

にほんブログ村 車ブログ ジムニーへ
にほんブログ村

マクラーレンの創設者ブルース・マクラーレンのドキュメンタリー映画

マクラーレンの創設者ブルース・マクラーレンのドキュメンタリー映画が作製されるそうです。

ユニバーサル・スタジオで作成されるそうで、監督はロジャー・ドナルドソン、クリス・エイモン、マリオ・アンドレッティなど有名レーサーも出演するようです。

予告動画が公開されていますが、どうも期間限定公開のようです。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/motorsports/news/a32689/bruce-mclaren-documentary-trailer/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

Amazon....

楽天

ブログ村

  • ブログ村

AD

楽天....

無料ブログはココログ