THX7539

フォト

Amazon.

楽天...

Amazon...

« 日本の納屋で見つかった2億円のフェラーリ・デイトナ | トップページ | マツダロードスター(ND)のデザイン開発過程 »

2017年8月28日 (月)

エスクードから、新型スイフト・スポーツの性能を予測してみる動画

モンスタースポーツ福岡の動画なんですが、

エスクード・スポーツから、新型スイフト・スポーツを予想してみる動画です。

新型スイフト・スポーツには、KC14C型エンジンが搭載されると言われていて、

現在同じエンジンを搭載しているエスクード・スポーツと比較することで、新型スイフト・スポーツを予想してみようという企画です。

KC14C型は、1400ccのターボ・エンジンですが、動画を見るとエスクード1.2トンほどの車体を軽快に走らせてました。

ターボ車はブーストアップするだけで、実排気量の2倍にもなりますからね。

ブーストさえかかれば、ぐぐっと前に出て行きますからね。

それと、一番気になるのが車重!

動画内では、970kgと予想していますが、私はもっと軽くて”800kg”ぐらいじゃないかと思います。

もしかすると、800kg切るかも...

スズキの軽量化は、恐るべしですから...

この軽量ボディーで、ノーマル140馬力。

ブーストあげてチューニングすれば、150~160馬力になるのか?

KC14C型エンジンが、どこまでチューニングに耐えれるかにもよりますが。

最後に改善してもらいたい点は、やっぱり、タイヤサイズ、タイヤホイール。

純正でエコタイヤってのはしょうがないけど、ハイグリップタイヤを選べる純正ホイールのサイズにして欲しい。

それと、ファイナルはちょっと低めにしてもらいたいなぁ。

86だって後期では、ファイナルを下げてるし、エコ的にはファイナル高め、回転数低めの車にしたいんだろうけど。

« 日本の納屋で見つかった2億円のフェラーリ・デイトナ | トップページ | マツダロードスター(ND)のデザイン開発過程 »

スイフト・スポーツ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514142/65710526

この記事へのトラックバック一覧です: エスクードから、新型スイフト・スポーツの性能を予測してみる動画:

« 日本の納屋で見つかった2億円のフェラーリ・デイトナ | トップページ | マツダロードスター(ND)のデザイン開発過程 »

Amazon....

楽天

ブログ村

  • ブログ村

AD

楽天....

無料ブログはココログ