THX7539

フォト

Amazon.

楽天...

Amazon...

« アメリカ人からみた日本の自動車文化 | トップページ | 新型スイフト・スポーツ情報更に公開(ティザーサイト) »

2017年8月 2日 (水)

スイフト・スポーツの歴史を振り返る

いよいよ、新型スイフト・スポーツが9月のフランクフルト・モーターショーで実車公開されます。

海外、特にヨーロッパ(アメリカでは売られてません)でもかなり評価が高く、新型への期待も高いようです。

Top Gearのホームページでは、以下のように紹介されています。

The Suzuki Swift Sport has always been a bit of a Top Gear hero. Naturally aspirated, light, a joy to manhandle and styled presumably to resemble a baby sports shoe. It is - it was - really good.

スズキ・スイフト・スポーツは、常にトップギア・ヒーローです。
自然吸気エンジン、軽量、運転が楽しく、小さなスポーツシューズのようである。
いまも、昔も本当に抜群だ!

https://www.topgear.com/car-news/first-look/new-suzuki-swift-sport

以下は、イギリスのAUTOCAR誌の記事で、スイフト・スポーツ(3代目)とルノー、シビックTypeRを比較した記事です。日本語訳されています。

https://www.autocar.jp/firstdrives/2016/10/25/191449/

前文が長くなりましたが、

スイフト・スポーツの1代目は、2000年ワゴンRプラス(1リッターエンジン)をベースに作成されたようです。

まったく、印象に残っていませんが、1代目からすでにジュニア世界ラリー選手権(JWRC)参戦車両のイメージを反映させたイエローの車輌があったようです。

そして、2代目。

やっぱり、この2代目のイメージは強く。

スイフト・スポーツ=ホットハッチのイメージはこれで決まった感じ。

ちなみに、このデザインは”BMWミニ”のデザイン候補の1つだったそうです。

ようは、没になったBMWミニのデザインが元になってます。

ある程度モディファイされていると思うので、元々のデザインは?ですが。
詳細は以下をご覧ください。

http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-c506.html

3代目は、専用トランスミッション、専用サスなどで2代目を更に進化させた感じ。

そして、4代目。

残念ながら、ターボチャージャーになってしまうが、おそらく重量はさらに軽くなり、1トンを切るか?

詳しい歴史は以下のリンクへ
元ネタ記事:https://clicccar.com/2017/07/26/495140/

Wiki:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%82%AD%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%88

« アメリカ人からみた日本の自動車文化 | トップページ | 新型スイフト・スポーツ情報更に公開(ティザーサイト) »

スイフト・スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514142/65595468

この記事へのトラックバック一覧です: スイフト・スポーツの歴史を振り返る:

« アメリカ人からみた日本の自動車文化 | トップページ | 新型スイフト・スポーツ情報更に公開(ティザーサイト) »

Amazon....

楽天

ブログ村

  • ブログ村

AD

楽天....

無料ブログはココログ