THX7539

フォト

Amazon.

楽天...

Amazon...

« ゴードン・マレーが軽量スポーツカー・メーカーを立ち上げた(Road&Track) | トップページ | EVのバッテリーが切れてもドローンが充電してくれる?(Road&Track) »

2017年11月 1日 (水)

初心者向け”インジェクション制御”ってなんだ?番外編#10

マツダの次世代エンジン「SKYACTIV-X」です。

簡単に言うと、圧縮比を高くして(16)ディーゼルみたいに圧縮による温度上昇で着火させるエンジンです。

マツダ独自の燃焼方式「SPCCI(Spark Controlled Compression Ignition)」(火花点火制御圧縮着火)とよばれる制御方式により、ガソリンエンジンの圧縮着火を実現しているようです。

圧縮で着火しますが、プラグも付いていて、プラグで着火のタイミングを作っているそうです。

要は、プラグで進角、遅角をコントロールしているようです。

じゃあ、ガソリンエンジンと同じだろ!と思うでしょうが、

ガソリンエンジンの場合は、プラグから燃焼が徐々に広がっていきますが、

SKYACTIVE-Xの場合は、圧縮着火で同時多発的に燃焼が行われるため、燃焼スピードが桁違いに速い。

燃料はディーゼルのような高圧の燃料噴射で、ガソリンエンジンより薄い燃調になってるらしい。

ガソリンエンジンとディーゼルエンジンのいいとこ取りで、

トルクがあって、燃費が良くて、馬力も出て、環境にも良い...など

究極の内燃機関かも。

内燃機関にこだわるマツダはすばらしい

参考URL:https://clicccar.com/2017/09/12/509939/

参考URL:http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2017/201708/170808a.html

ちなみにこちらの動画は、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの違い。

« ゴードン・マレーが軽量スポーツカー・メーカーを立ち上げた(Road&Track) | トップページ | EVのバッテリーが切れてもドローンが充電してくれる?(Road&Track) »

エンジン制御/その他技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初心者向け”インジェクション制御”ってなんだ?番外編#10:

« ゴードン・マレーが軽量スポーツカー・メーカーを立ち上げた(Road&Track) | トップページ | EVのバッテリーが切れてもドローンが充電してくれる?(Road&Track) »

Amazon....

楽天

ブログ村

  • ブログ村

AD

楽天....

無料ブログはココログ