THX7539

フォト

Amazon.

楽天...

Amazon...

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月27日 (火)

ジムニー VS ランドローバー (動画あり)

ジムニー VS ランクル”に続いて、今回は”ジムニー VS ランドローバー”です。

元ネタの記事には、「かたやハイテク満載、かたや装備が良いトラクター」とあります。

やはり、大型のSUVは泥、雪には弱いようですね。

車重が軽く、シンプルなジムニーが強い!

結局、オフロード走行に対する哲学がまったく違うので、比較にはなりませんが...

元ネタ記事:How a $100,000 Range Rover Compares to a $20,000 Suzuki Off-Road (Road&Track

2018年2月25日 (日)

GAZOO写真教室

基本に立ち返り、写真力の地力を上げよう ~クルマをかっこ良く撮りたい!こそっとスキルアップ!GAZOO写真教室 13限目~ (GAZOO

基本的な車撮影の角度、画角などが掲載されていました。

興味深いのは、欧州車のデザイナーがクレーモデルを見る角度が決まっているという話。(元ネタ記事の写真02)

その角度だと、一番かっこよくとれるそうです。

おそらく、国産車もグローバールカーは、ある程度同じ角度でかっこよく見えるようデザインしているのではないでしょうか?

結構、角度は気にするけど背景がおろそかになってて、家に帰ってじっ来る見ると背景に変な看板が写ってたりとか、人とが写っていたり...

ちなみに、スマホで撮影するときはマツダが作った写真アプリを使用してます。

下の写真はそのアプリで撮影し、背景に”ぼかし”を入れて車が浮き上がる感じにしています。

http://www2.mazda.co.jp/carlife/app/carpture/

元ネタ記事:http://gazoo.com/article/oneesan/180211.html

1509448939922_

GAZOO写真教室#1

※2,3は削除されています。

GAZOO写真教室#4

GAZOO写真教室#5

GAZOO写真教室#6

GAZOO写真教室#7

GAZOO写真教室#8

GAZOO写真教室#9

2018年2月23日 (金)

ポルシェ最初のターボ911が売りに出てます

Porsche's First Turbocharged 911 Race Car Is Heading to Auction (Road&Track

小学校の頃、プラモデルで作ったポルシェがオークションに出るそうです。

シルバーのマルティーニカラーの911ターボ!!!

オークションサイトによると落札価格は、6億~8億5千万円の間になるそうです。

我々の世代であれば、911といえばこれが印象委に残っているのではないでしょうか。

誰が落札するのか分かりませんが、ポルシェ博物館にあっても良いですね。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/classic-cars/a17764573/1974-porsche-911-carrera-rsr-turbo-for-sale/

2018年2月21日 (水)

ポルシェのエンジンテストがすごい!(動画あり)

ポルシェのエンジンテスト動画を見つけたんですが...

すごいことに、ニュルブルクリンクの走行をシミュレーションするために、

エンジン単体なんで実車と同じようにGが掛かるよう、

アクチュエーターがついたフレームに載せてテストしています。

すごい! ここまで、ニュルにこだわっているとは...

国内メーカーはどんなテストやってんだろうか?

Gまでシミュレーションするためにしているんだろうか?

フラットなんで、オイルの戻りが悪いこともあるんだろうけど、Gが掛かってもしっかりオイルが戻るようテストしてるんだろうなぁ。

2018年2月20日 (火)

鮫肌が空力に超良いらしい!

サメ肌を飛行機の翼に付けてみたらすごかった(National Geographic

鮫肌の水着が水の抵抗を少なくすることは既に有名だが、

飛行機の翼に応用してもすごいことが分かったそうだ。

ということは...

自動車にも効くはず!

自動車の車体に鮫肌のフイルムでも貼れば、かなり効果が出るのでは?

そのうちどこかのF1チームが、こっそりやりそうな気がする。

元ネタ記事:http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/020900062/?n_cid=nbpnng_fbed

2018年2月18日 (日)

ジムニー VS ランクル!

ランドクルーザーとジムニー、似て非なる2台の本格4WD (carview

どちらも本格的な四駆なので、ランクルとジムニーを比較する意味があるのか? と思うが...

日本国内ならジムニーの圧勝!

中東やアフリカならランクルが圧勝だろうなぁ。

大きさの違いで特異とするフィールドが違うから、一概にどちらが良いかは判断できないよねぇ。

いずれにせよ、ディフェンダーもなくなって、本格的な4駆が少なく中、どちらも貴重な存在。

元ネタ記事:https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180207-10285069-carview/?mode=full

2018年2月16日 (金)

鈴鹿でポルシェをぶっちぎる”コペン”!すごすぎる!

超軽量ボディに200馬力「コペン」鈴鹿サーキットでGT-Rやポルシェ相手に無双を決める (ねとらぼ交通課

このコペンの存在は知っていましたが、やっぱすごい!

ポルシェはぶち抜き、35GTRはウインカー出すし...

コペン買えば良かったかなぁ...

元エンジン屋といわれたメーカーが作った、見た目重視の某ミッドシップ軽量スポーツカーとは大違い!

このコペンを作ったのは、コペン専門店の”も。ファク”さんです。

エンジンは880ccまで排気量アップし、200馬力!

スイフトを下取りに出して、同じ仕様のコペン注文したら差額はいくらだろう?

いやぁ、マジで考えちゃうなぁ。

元ネタ記事:http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1802/08/news037.html

も。ファク:http://mo-fac.com/

2018年2月14日 (水)

新型オービスが何者かに破壊される!

SCOOP!! 最新型オービス放火事件とは?(carview

埼玉県の国道17号線に設置されている、新型オービスが何者かに破壊される事件が起きたようです。

最新鋭のオービスでスウェーデン製!

一台いくらするんだろうか?

元ネタ記事の写真を見ると、カメラの部分が焼けたようになっている。

この新型オービスは、今までのオービスのように、道路上のゲートの高い位置に取り付けるタイプではなく、

道路標識みたいに道ばたに取り付けられてるため、簡単にいたずらできる位置に設置されてるから、

今後このタイプを増やしても破壊が多発するのでは?

やっぱり、簡単にいたずらできないように高い位置につけるべきでは?

せっかくカメラが付いてるんだから、不審者が近づいたら写真を撮る容易にすれば良いのに...

元ネタ記事:https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180208-10285529-carview/?mode=full

2018年2月13日 (火)

コペンハイリフト仕様

コペン・ハイリフト仕様の動画

スーパーカーメーカーから販売されている最近のSUV風になってます。

コペンのチューニングで有名な”コペン専門店 も。ファク”さんが作製されたようです。

かなり行けてると思います、メーカーから発売されたらかなり売れるのでは?

2018年2月12日 (月)

軽自動車(FF)でドリフトする新しい方法

Japanese Gearheads Have Invented a Brilliant New Way to Make Front-Drive Cars Drift (Road&Track

アメリカの自動車雑誌、Road&Track誌のWebサイトで日本の軽自動車でドリフトする新しい方法が紹介されていました。

日本に在住しているアメリカ人ユーチューバーが作製した動画のようですが、

FFの軽自動車でドリフトするために、塩ビパイプの後ろのタイヤにはめ込んでドリフトしているみたい。

かなり滑りやすいみたいで、ツルツルすべってますね。

FRではのドリフトと違い、エンジンガンガン回す必要がないから、静かぁ~

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/a15942901/pvc-tire-drifting-video/

2018年2月10日 (土)

恐怖「持ち運べるオービス」

持ち運べる新型オービス、取締りどう変わる? 住宅街も運用可能、警察は大いに期待 (乗り物ニュース

持ち運べるオービスを、神奈川県警で導入予定だそうです。

埼玉県警、岐阜県警ではすでに導入済みで、各県警にも広がっていくそうです。

生活道、通学路などでの取り締まりに使用するそうです。

個人的には、生活道(ゾーン30)での取り締まりなら賛成したところ、

私の家の前の道なんですが、半年ほど前にアスファルトの再舗装が行われ、

走りやすくなったのは良いんですが、

かなりスピードを出す人も増えてしまいました。

5,60km/hぐらい出している人も多いようですね。

”スピード落とせ”等の看板も設置してますが、あまり効果なし。

持ち運べるオービスであれば、設置するだけで終わり。

ねずみ取りみたいにサイン会場の心配もないし、人手もいらない。

これは、逆に怖いところですが...

生活道でのスピード違反取り締まりには賛成しますが、

はたして、スピード違反取り締まりだけで事故は減りますか? お巡りさん?

一旦停止、黄色信号で止まる、ショートカットの強引な右折など...

スピード違反以上に怖い運転、危険な運転ってあるんだけど...

元ネタ記事:https://trafficnews.jp/post/79568

2018年2月 8日 (木)

第3世代のスカイアクティブはEVを越える!

マツダ、第3世代SKYACTIVはEV匹敵のクリーンエンジンに。熱効率56%実現目指す (engadget

マツダは安易にEVの流れに乗らず、あくまでも内燃機関を極める戦略です。

わたしも、マツダの考えに賛成!

ついに、第三世代のSKYACTIVEは、EVに匹敵するクリーンエンジンになるそうです。

第二世代では、ディーゼルエンジンのように圧縮で着火する”火花制御式圧縮着火(SPCCI)”を採用しましたが、

第三世代ではさらなる技術を投入し、EVと真っ向勝負のようです。

そもそも、EVも結局は、化石燃料で発電するわけだし、

EVを作るために使用する材料の採掘から、廃棄するまでのライフサイクルで見たときに、

はたして内燃機関よりも効率的で、環境負荷が低いのか疑問です。

今時の自動車の排ガスが、それ程環境に悪いというデーターも見たことない。

何か良く分からない流れに乗ってEVが進んでるとしか見えない。

元ネタ記事:http://japanese.engadget.com/2018/01/31/3-skyactiv-ev-56/

ちなみに、海外でもニュースになってます。

Road&Track誌のWebサイトでも第三世代のSKYACTIVEが記事にされています。

http://www.roadandtrack.com/new-cars/car-technology/a15912314/mazda-skyactiv-3-gas-clean-as-ev/

2018年2月 6日 (火)

復活して欲しい スズキ・フロンテ・クーペ!

わたしが、復活して欲しいと思う車はたくさんあるが、

この車はかなり上位だと思う。

スズキ・フロンテ・クーペ!

デザインの原案は”ジョルジェット・ジウジアーロ”!

いすゞ117クーペと同じく、ジウジアーロのデザインですよ!

やっぱ美しいですね!

発売当初は、2シーターだったらしい。

よく見ると、ヘッドライトの前にも格子がついてる。

当時の軽自動車は排気量は360cc(356cc)、2ストエンジンでRRレイアウト!

ほぼこのデザインと踏襲して、2ドア2シーター、エンジンは1600~2000ccの自然吸気エンジンで、FFかFRで復活しないかなぁ...

あるいは、2シーターの軽スポーツカーとして、カプチーノの後継モデルだと良いなぁ...

元ネタ記事:愛車は兄から引き継いだ実質ワンオーナー車、スズキ・フロンテクーペ GXCF(LC10W型)

117クーペも良い車ですよね。すでに乗用車の生産は行ってませんが、昔は個性的で良い車作ってましたよね。

元ネタ記事:極上フォトジェニック ~いすゞ117クーペ(1950年式)~

2018年2月 4日 (日)

フォグランプの使い方を知ってますか?

意味もわからず点灯している? 常時フォグランプ&リヤフォグONの迷惑車多し (Web CARTOP

フォグランプの使い方を知らず、常に点灯している人が多いと思いますが、

とっても迷惑です。

しかも、フォグランプをだけをつけて、肝心のヘッドランプは消したままの方も多く見かけます。

さらに、迷惑なことにリアフォグランプまでつけてる方がいますが、まぶしくて迷惑です。 やめてください!

ヘッドランプの点灯さえ忘れるような明るい町中で、フォグランプまでつけるのはまったく意味がありません。

ましてや、リアフォグランプって必要なの? ファッション?

フォグランプは、霧の中や、激しい雨の中を走るときにだけつけるのが本来の使い方です。

元ネタ記事:https://www.webcartop.jp/2018/01/196770

関連サイト:http://blog.livedoor.jp/jakarta007/archives/57167582.html

http://jidoushaguide.com/wp/2017/02/13/fog-lamps-on-streets-annoying-knack-driving/

http://drive-manners.com/kihon/fog/

2018年2月 2日 (金)

海外でも美しいデザインが評価されている”いすゞの名車 117クーペ”

Did You Know Giugiaro Designed a Coupe for Isuzu in the 1960s? (Road&Track

アメリカの自動車雑誌 Road&Track誌のWebサイトでいすゞの名車117クーペが掲載されていました。

「いすゞ117クーペはイタリア人デザイナーが最初にデザインした日本車の一つである。 依然として、最も美しい車の一つである。」

と冒頭にあります。

今の若い人たちは、いすゞと言えばトラックメーカーとしか思っていないともいますが、

かつては、レースもやってたしスポーツカーも作ってた。

ほんとにきれいな車ですよね! 私は、初期の丸めの方が良い。

デザインは”ジョルジェット・ジウジアーロ”ですね。

初代のゴルフや、デロリアン、ニコンの一眼レフなどもデザインしてますね。

「かなりの高価格にもかかわらず、売り上げが10倍になった」と書かれてますね。

値段は当時の値段で、172万円。

クラウンの上級モデルが88万円で買えたらしい。

しかし、本当にきれいなデザインだ。

いすゞは良い車作ってたんだけどなぁ...もう一度、スポーツカー作ってくれないかなぁ。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/classic-cars/a15872823/isuzu-117-coupe-by-giugiaro/

2018年2月 1日 (木)

”あおりハンドル”って危険なんですよ!

「あおりハンドル」の危険と改善要請 (ベストカーWeb

あおり運転ではなく、”あおりハンドル”って超危険な運転、しかも単なる下手くそ運転だって知ってました。

”左折する際に、意味なくいったん右に切って左に曲がる”

これが、あおりハンドル!

しかも、一旦出した右ウインカーもキャンセルされるので、更に危険!

わたしは、右折レーンの車が一旦左に大きくラインをはみ出して、Uターンしていく車に出くわしたが、

後を走っていた私は、危うくぶつかりそうになった。

こんな運転する人って、これが最高のテクニックだと思ってるらしい?からしまつにおえない

警察は、もっとこの手の危険な運転を取り締まるべきだ!

ウインカーつけない、黄色信号に突っ込んでくる、優先順位無視!

一旦停止しない、渋滞してるのに強引に右折して交差点をふさぐ...

結局、肝心なところで警察の取り締まりがない。

交通量が多い場所では、ドライブレコーダーつけて、

煽られようが、クラクション鳴らされても、安全運転貫くのが一番だな。

一生、車の運転を楽しみたいなら...

元ネタ記事:https://bestcarweb.jp/feature/first-car/2314

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

Amazon....

楽天

ブログ村

  • ブログ村

AD

楽天....

無料ブログはココログ