THX7539

フォト

Amazon.

楽天...

Amazon...

2017年9月23日 (土)

傷が消える車用保護フイルム

傷が付いても、熱を与えると自然に傷が消えてしまう車用保護フイルムです。

ポリウレタン製の3層フィルムのようですが、これを貼れば傷が付いてもドライヤーで暖めるか、お湯をかけるだけで傷が消えてしまいます。

最強ですね!

日本でも施工できるんでしょうか?

特にフロントのエアロパーツは、どうしても飛び石などでポツポツが付いてしまうので、これを貼りたいんだけどなぁ。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/buying-maintenance/a12184664/how-this-magical-self-healing-film-protects-cars-from-scratches/

2017年9月22日 (金)

ポルシェ博物館の隠れたコレクション

ポルシェ博物館には、575台の車輌があるそうですが、実際に展示されているのは85台だけだそうです。

展示されていない車の何台かは、ツアー(どこかへ出張?)か、工房内にあるそうです。

ほとんどのコンセプトカー、レースカー、テスト車輌等などは、シュツットガルトの外に保管されているようです。

元ネタ記事には、その車の120枚の写真が掲載されています。

テスト車輌までもが保管されているんですね。

こないだトヨタ博物館に行ったけども、トヨタの場合は自社の車のみならず、他社の車もコレクションしているようだけど、

実際に展示されている以外に、どれだけのコレクションがあるんだろうか?

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/car-design/g12152441/inside-the-porsche-museums-mind-boggling-hidden-warehouse/

2017年9月21日 (木)

歴代ロータスで一番売れたモデルは?

歴代ロータスで一番売れたモデルはなにか?

1位はロータスエランですが、3,4位のエリーゼを合計した台数の方が、1,5位のエランを合計した台数よりも多いので、大ざっぱに言うと、実際はエリーゼが一番売れたモデルって事ですね。

エリーゼは現行モデルなんで、これからも台数を伸ばすだろうし。

1位 ロータスエラン  : 1万2224台

2位 ロータス・ヨーロッパ  : 9887台

3位 ロータス・エリーゼ2 111R : 8628台

4位 ロータス・エリーゼ  : 8613台

5位 ロータス・エラン+2  : 5168台

元ネタ記事:https://www.autocar.jp/news/2017/08/13/232741/

2017年9月19日 (火)

コーリンチャップマンが最後にデザインした車が売りに出てます

コーリンチャップマンとチームが、エランの後継車としてデザインし、その後ロータスの経営危機により、計画が中止され、

経営危機を乗り越えた後、再びオープンカーとしてデザインし直された物が、1台だけプロトタイプ(X90/X100)として作製されたそうです。

その車は、現在アメリカのテキサス州で登録されてるらしく、アメリカであれば一般道を乗ることができるそうです。

エンジンは、初代MR2と同じ4AGEを積んでいます。

ボンネットを開けている写真を見ると、ボディはFRPでできてる感じがしますね。

御値段は86,000ドル、940万円ぐらい。

アメリカで登録できたので、もしかしたら日本でも登録できるかも?

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/classic-cars/a12151547/lotus-elan-replacement-concept-for-sale/

2017年9月18日 (月)

バッテリーは何時間で上がるのか?

たまに、スポーツジムの駐車場でスモールライト点灯したままの車を見かけるが、

ジムの従業員に言うべきかどうかで迷うことがある。

なぜなら、せいぜいジムにいる時間って長くて1時間半ぐらいと思うと、それぐらいの時間でバッテリーが上がるとは思えないからだ。

元ネタ記事によると、ハロゲン球のヘッドライト(ロービーム)なら5時間、スモールなら10時間とある。

ただし、バッテリーが満タンって事は少ないらしく、実際は上記の7割程度の時間で上がると予想されるらしい。

ってことは、1,2時間程度で戻ってくると予想される場合は、そのままほおっておいてもエンジンはかかるという事のようです。

元ネタ記事:https://www.webcartop.jp/2017/09/147441

2017年9月17日 (日)

かっこいい名前の車ベスト30台

かっこいい名前の車30台、あくまでも名前だけで、名前と実物のかっこよさが結びつかない車もあります。

やっぱり、イタリア語は迫力があるというか、音の組み合わせが絶妙に車と合いますね。

それと、動物のなまえが割りと多い。

30台あるので、私が気になった車だけをざっと訳します。 詳細は元ネタ記事をご覧ください。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/g6505/25-cars-with-the-coolest-names/?slide=30

■Aston Martin Vanquish

いままでVantage、Virage、Vulcan等があったが、Vanquishは最高!

■Lanacia Stratos

ランチアはいつも,ギリシャ語から名前をつけているが、Stratosより良い名前はない。

■Alfa Romeo Disco Volante

イタリア語で空飛ぶ円盤(flying saucer)の意味。その名前を言うのが楽しい。

■AMC Javelin

マスタング、カマロよりも、もっとアグレッシブな名前。

■Chvrolet Corvette

小型の軍艦の意味。

内装はまったく豪華ではないが、安い値段でスピードを提供してくれる。

■De Tomaso Mangusta

コブラを殺す、マングースのイタリア語。

■Ferrari Testarossa

イタリア語の名前は自動的にクールになる。

フェラーリ500TRから名付けられた名前で、訳すと”red head”。

■Lamborghini Countach

Cuntachを訳すと”Oh my”になる。 この車を運転すると、ほとんどの人はそのように言うだろう。

■Porsche Carrera GT

Carreraとは、スペイン語でレース。

公道仕様のレースカーにぴたりで、発音もクール。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/g6505/25-cars-with-the-coolest-names/?slide=30


 

2017年9月16日 (土)

最強Vanベスト10

バンといっても、あなどってはいけません。

この動画に出てくるバンは、その辺のレースカーよりも速い。

中身は、とんでもないエンジンを積んでます。

フォード・トランジットが何台か出てきますが、

最強はやっぱり、F1エンジン搭載のルノーのバンでしょう。

見てもらえば分かるけど、1位はちょっと...

ちなみに、日本車も出てきます。

軽のバンとホンダ・オデッセイのレース仕様のバン。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/a12118790/best-vans/

2017年9月15日 (金)

トヨタ ヴィッツGRMNのスペックが発表された

フランクフルトモーターショーで、トヨタ ヴィッツGRMN、1.8スーパーチャージャーの詳細スペックが明らかになった。

エンジンは、2ZR-FE 型1.8リットル直列4気筒+スーパーチャージャー。

最大出力は212hp/6800rpm、最大トルクは25.5kgm/5000rpm。

トランスミッションは6速MTで、FF。

車重は1135kgで、ちょっと重いなぁ。

でも、馬力があるからパワーウェイトレシオはクラス最高の5.35kg/hp。

0~100km/h加速6.3秒!

スペック的には上記の通りだが、見た目はいたっておとなしい感じ。

大型のリアウィングもなしだし、フロント、リアのバンパーもノーマル。

もう少し見た目のインパクトは欲しいが...

3ドアハッチは日本では珍しいので、その点は良いと思う。

元ネタ記事:http://gazoo.com/news/r299777.html

2017年9月13日 (水)

キース・リチャーズのフェラーリが売りに出ているそうです。

ローリングストーンズのキース・リチャーズの”フェラーリ400i”が売りに出ているそうです。

1983年式、4.8リッターのV12エンジン搭載で、オリジナルの状態を保っているようです。

走行距離は、たったの3,267km。

落札予想価格は、1,600~2,300万円。

元ネタ記事:https://drivetribe.com/p/all-original-ferrari-400i-goes-bk85RvceT5uzWUWbjzStaw?iid=RU_10TEnSiuUHCYTPGKWgQ&utm_campaign=main+&utm_medium=fb&utm_source=organic

2017年9月12日 (火)

メルセデス-AMGプロジェクト1(動画あり)

ついにメルセデス-AMGプロジェクト1が発表されました。

なんと”わずか6秒で200km/h”です!

スイフト・スポーツが100km/hに達する前に、200km/hになっちゃいます!

ここでTVショッピングなら「でも、お高いんでしょう?」、 「御値段は3億円!」 と言う感じになるんでしょうか?

F1用のエンジンがベースで、

1.6リッターV6ターボにモーターが4個付いてます。

1個はターボ、2個目はリアのドライブシャフト、残り2つが前輪

エンジンが870ps、

2個目のドライブシャフト用モーターが163ps(後輪を駆動)

3,4個目のフロントアクスル用モーターが327ps(2基合計、前輪を駆動)

で、1006ps以上、0-200km/hが6秒、最高スピード350km/h、

8速のマニュアルモード付きATです。

限定生産の275台、でも、もう売り切れ。

日本のメーカーも、スーパーカーマでは作れるようになったが、こんな破格のパフォーマンスカーまではまだ...

元ネタ記事:https://www.autocar.jp/news/2017/09/12/238189/

より以前の記事一覧

Amazon....

楽天

ブログ村

  • ブログ村

AD

楽天....

無料ブログはココログ