THX7539

フォト

Amazon.

楽天...

Amazon...

ミニクーパー

2017年9月13日 (水)

超過激!ミニJCW GPコンセプト公開 - 動画追加

先日発表された、BMWミニ JCW GPコンセプトですが、YouTubeに公式動画がアップされていました。

やっぱりすごく良い感じですね。

歴代で一番過激で、かっこいいとおもいます。

新モデルの市販車は、どんなデザインになるんだろうか?

大きなフロントグリルは、是非そのまま市販車のデザインへ持って行って欲しい。

でも、フロントスポイラーが前に飛び出ているのは、ちょっと運転しにくそうだから、もう少し引っ込めてくれるとうれしい。

関連記事:http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/jcw-gp-efe9.html

ミニ関連:http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/cat22494258/index.html

2017年9月 7日 (木)

超過激!ミニJCW GPコンセプト公開

ミニ史上最高に過激な、ミニ・ジョン・クーパー・ワークスGPではないでしょうか。

今回で3代目ですが、2019年に新モデルの市販車が登場すると予想されていますが、今回のコンセプトが何処まで市販車に採用されるかはまだ分かりませんが、わくわくしますね。

フロントグリルが大きく開いていてかっこいいね!

現行モデルは、フロントグリルに黒いバーがあって不細工なんだよね。

市販車にも、このフロントグリルを継承して欲しいね。

それと、少なくとも、ユニオンジャックのテールランプ、リアウィング、シートはそのまま市販モデルに持って行って欲しい。

新型ミニ・ジョン・クーパー・ワークスGPの市販モデル発表が楽しみです。

日本語元ネタ記事:https://www.autocar.jp/news/2017/09/06/237228/

Top Gearの記事の方が写真が多い。

Top Gear: https://www.topgear.com/car-news/frankfurt-motor-show/new-mini-john-cooper-works-gp-concept-has-gone-crazy-aero

2017年8月 4日 (金)

ミニ・モークの水陸両用車

フランスのカスタマイズカーメーカ?Lazarethが作製した、ミニ・モークの水陸両用車。

400ccの単気筒エンジンを搭載し、19馬力、時速90km/h。

水上では6馬力、7ノットの速さらしい。

ボディはアルミで作られていて、重量はわずか0.4トン。

湖の近くに住んでる人には良いかも、でも波があるとあっという間に沈没しそうだから海ではだめだろうなぁ。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/new-cars/a10375995/amphibious-mini-mokes-are-way-cooler-than-yachts/

2017年7月19日 (水)

走行距離わずか4800kmの1964年製ミニ!

わずか4800kmしか走行していない1964年式のクラシック・ミニクーパーS ホモロゲーションモデル・スペシャル!が売りに出てます。

970ccで95馬力を絞り出すエンジン!

しかも、冷暖房完備のガレージに保管されていたらしく、コンディションはまるで新車!

御値段は627万円~730万円になる見込み。

元ネタ記事:https://www.autocar.jp/news/2017/07/17/229161/

2017年6月22日 (木)

1,400万円のクラシックミニ”ミニ・リマスタード”

デイビッド・ブラウン・オートモーティブが発売予定のミニ・リマスタードのなかで一番上位モデルの、モンテカルロ仕様、

デイビッド・ブラウン・オートモーティブ・ミニ・リマスタード・インスパイアード・バイ・モンテカルロは、25台だけの限定生産で、おねだん1,400万円。

通常モデルは年間50~100台生産する予定らしいが、すでの問い合わせは数千件。

日本からもかなり問い合わせがあったはずだ。

ちなみにエントリーモデルでも、1,066万円!

1400時間かけて内装、外装をカスタマイズしていればしょうがない御値段か?

実際どれだけ生産されるのか分からないが、ベースになるミニは、イギリスだけでは調達できないのではないか?

ちなみにエンジンは95馬力、車重は750kgらしいので、かなり良い走りが期待できると思う。

お金があったらなんとしても手に入れたいが...

元ネタ記事:https://www.autocar.jp/firstdrives/2017/06/20/225499/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年6月 6日 (火)

ミニ・リマスタード2,000件以上の受注!

デイヴィッド・ブラウンが手がける、ミニのリビルド+コンプリートカーのミニ・リマスタードの受注が、既に2,000件を越えているそうです。

日本を始め、世界中から問い合わせが集中しているらしい。

この現状を、現在ミニを生産しているBMWはどう受け止めているんだろうか?

やっぱり、ミニはミニであるべきだという証ではないか?

現在3種類のモデルを準備しているらしい。

トラディショナルな「クラシック」、ベーシックな「クラブスポーツ」、豪華版の「モンテカルロ」。

価格は£75,000(1,067万円)〜85,000(1,209万円)!

ちょっとしたミニの中古なら10台ぐらい買えるかも。

しかし、その値段も内装、外装の作り込みを見れば納得するだろう。

内装は近代的なナビ、パワーウィンドウなどを装備し、外装も外に出っ張ったパネルの継ぎ目は綺麗になくされている。

これなら、値段にも納得。

おそらく台数は限定になるだろうから、投資目的に購入されても、十分プレミアが付くのではないだろうか。

元ネタ記事:https://www.autocar.jp/news/2017/06/04/223441/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年5月 8日 (月)

クラシック・ミニのラリードライバー”ティモ・マキネン”死去

クラシック・ミニでフィンランドラリー優勝などの経歴を持つ、伝説的なラリードライバー、”ティモ・マキネン氏”が死去したそうです。

フライング・フィンと呼ばれた最初のラリードライバーで、フィンランドラリーではボンネットのトラブルで、ボンネットが開いたまま走行し、そのステージで三位、最終的には優勝しています。

まさに伝説的なドライバーです。

ご冥福をお祈りいたします。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/motorsports/news/a33390/finnish-rally-legend-timo-makinen-has-died/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年4月15日 (土)

カマロV8相手にぶっちぎるミニ

78年式ミニクーパー1275GT ロングマンレプリカが、V8カマロなどを相手に、堂々5位!

むちゃくちゃ速い!

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/motorsports/videos/a33185/driving-a-classic-mini-at-210/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年4月11日 (火)

Kawasaki ZX10Rのエンジンを載せたクラシック・ミニクーパー

カワサキZX10Rのエンジンを載せたクラシック・ミニ。

ベースは日本に輸出された、左ハンドルのミニのようです。

リアシートを取り外し、そこにZX10Rのエンジンを載せ、チェーンで後輪を駆動させているようです。

車重が617kgで、200馬力のエンジンを載せてるので、パワーウェイトレシオはコルベットと同じぐらいらしいが、

安全性は子供が乗るおもちゃの車ぐらい。

ミッションはバイクなので、前進5速。

吸気用に後ろの窓にNACAダクトを取り付けて、インテークにつなげているようです。

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/a33160/driving-this-motorcycle-powered-mini-cooper-is-the-best-kind-of-crazy/

関連記事:http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/cat22494258/index.html

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年4月 8日 (土)

最新装備で生まれかわったオールド・ミニが960万円で手に入ります!

クラシック・ミニのリビルドカーというか、コンプリートカーというか...

新車以上にピカピカで、パワーもあって、内装もかっこいいミニがてにないります。発売開始は、2017年後半頃からだそうです。

予想価格は87,000ドル = 約960万円!!!

おおおおぉ~ スーパーカーが買えます。

DAVID BROWN AUTOMOTIVEというショップが、オリジナルボディを使用し、できるだけオリジナルを守りながらも現代風にアレンジして作製されています。

動画を見れば分かりますが、ボディワークも完璧、念入りに仕上げられていますし、内装もレトロな雰囲気を保ちつつ、Apple CarPlayなど最新の装備がされています。

エンジンは、1275ccのままですが、78馬力(5700回転)で、時速145km/h。

あるいは、1310ccの90馬力も選べる。

ミッションは4速のまま。

1275ccの78馬力だと、私が前乗っていた97式ミニを、ノーマルコンピュータのまま、チューニングしていた時と同じぐらいの馬力ですね。

台数は、50~100台!

1台作るのに1000時間以上かかるらしいので...この台数、このお値段となるらしい。

最新関連記事:http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/2000-47c1.html

元ネタ記事:https://www.autocar.jp/news/2017/04/08/215231/

元ネタ記事:https://www.autocar.jp/news/2017/04/07/215157/

元ネタ記事:http://www.roadandtrack.com/car-culture/classic-cars/news/a33156/david-brown-mini-remastered/

買いたい方はこちら:http://www.davidbrownautomotive.com/

ミニのカテゴリー:http://mini98.cocolog-nifty.com/blog/cat22494258/index.html

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

Amazon....

楽天

ブログ村

  • ブログ村

AD

楽天....

無料ブログはココログ