THX7539

フォト

Amazon.

楽天...

Amazon...

ドライビングロード

2017年9月12日 (火)

”国道228 函館~松前” - 日本のドライビングロード番外#1

ニセコパノラマラインを訪れる前日、国道228号線を函館から松前まで行ってきました。

ワインディングではないし、観光ドライブなので、番外としております。

ドライブの目的は、函館観光+青函トンネルの入り口を見ることです。

まずは函館観光ですが、とりあえず函館山に行ってきました。

夜景は混み合うし、夜は車で登れないので、あえて早朝に行ってきました。

P1090047_

駐車場の傾斜が半端じゃない。

左右の建物の屋根のラインを見てもらえば分かりますが、カメラは水平です。

ブレーキを忘れて、車が間違って落ちないよう、斜面に対して平行に駐車するようになってますね。

P1090022_

その他、五稜郭、ベイエリアなどにも行ってきましたが、省略します。

国道228号線をただひたすら、松前を目指して走りました。

ほとんど直線が多いので、のんびりドライブです。 直線は面白くない。

ちなみに、この日は、パトカーに捕まっている車を3台も見ました。

どうも国道228では、パトカーの車載レーダーでのスピード違反取り締まりを、かなりやっているようです。

P1090101_

途中、木古内で昼飯。

木古内駅は、北海道最南端の駅です。

新幹線と道南いさりび鉄道の駅があります。

P1090116_

いさりび鉄道の車両。

P1090111_

途中の白神岬。

北島三郎の演歌を歌いたくなる~

P1090133_

松前の道の駅まで行って折り返し、帰り道で青函トンネルの入り口展望台に立ち寄りました。

横の看板の下に、ちゃんと通過時刻表がありました。

P1090146_

ちょっと遠くて、望遠レンズが必要。

P1090151_

さらに、帰り道で面白い物を発見。

道の駅知内で見つけた、“おっぱい饅頭”!

吸い付いたりせず、ちゃんと食べましょう。

P1090154_

P1090155_

 

 

2017年9月10日 (日)

”ニセコパノラマライン” - 日本のドライビングロード#1

ついに九州を離れ! 北海道のドライビングロードを走破してきました。

走破したのは”ニセコパノラマライン”

ニセコパノラマラインとは、道道66号線のJRニセコ駅から岩内町までの区間を指します。

私は夏の終わりに行きましたので、まだ緑が鮮やかでしたが、これから秋が深まるにつれ紅葉がきれいになるそうです。

ただし、冬の間10月下旬から4月の初旬までは通行止めになるので注意が必要です。

今回は、函館市内に宿泊し、函館朝市で朝飯を食べたあと出発しました。

レンタカーはデミオです。 本当はトヨタで86をレンタルしたかったが...予算の都合上...

でも、なかなかよく走ってくれました。 ちょっと回しすぎて、エキマニが焼けるにおいがしましたが...

ずっとFFだと思って運転していましたが、車の後ろにAWDと書かれていてました。

ずっと”なんだか、FFらしくないなぁ”と思っていたら、ドライブの後半でやっとそれに気づきました。 北海道はやっぱり、4駆が良いんでしょうね。

P1090273_

さて、函館を出て高速道路をひた走り、道の駅ニセコでひとまず休憩。

ナビをセット。 目的地を”道の駅いわない”(岩内)にセット。 これだけだと、ナビは道道66号を選ばないので、さらに、経由地として”神仙沼自然休養林展望台”あたりを選んだ方が良いと思います。

P1090204_

岩内までは、約1時間のドライブ。

平日でお盆過ぎでしたので、車の数がすくなく、観光バスも見なかったので、かなり楽しんで走ることができました。

ただし、これから秋になるにつれ紅葉シーズンになると、車の量が増えてくるかもしれません。

北海道は、路がまっすぐなイメージがありますが、山間部のワインディングも結構いいですね。

もし、北海道、函館、ニセコ辺りへの旅行を計画する際は、レンタカーでニセコパノラマラインを走ることをオススメします。

P1090256_

途中の”大谷地”という場所です。

とてもきれいな風景ですが、熊の生息地で、しかも付近では遭難者も出ているらしく、物騒な看板が出ていました。

P1090246_

P1090254_

実は前日、函館から松前まで海岸線を走りましたが、こちらはほとんど路がまっすぐで、マッタリとしたドライブになりました。 後日、記事にしたいと思います。

途中の休憩ポイント、”神仙沼自然休養林展望台”。 コーヒー、ソフトクリームなどをいただける売店もあります。

ここからちょっと歩くと、神仙沼という沼があるらしい。

P1090242_

P1090239_

P1090205_

岩内の町

P1090232_

道の駅いわない。 お土産の販売と観光案内のみです。

北海道の道の駅は、お土産と観光情報のみで、食堂がない場所が多かった。

九州だと、ドライブイン感覚なんだけど。

岩内はアスパラガスが特産らしい。

ちょうどお昼だったので道の駅からすぐ近くの”北緯43度”という、定食屋さんでランチ。

魚定食が各種あり、お勧めです。

P1090209_

岩内からニセコへ向かう。

P1090225_

ニセコ駅

P1090260__2

地図

おまけ画像、

北海道新幹線の新函館北斗駅前にあるモンスタースポーツのレンタカー屋さんタジマ レンタルステーション”です。

シトロエン、プジョー、DSをレンタルできるようです。

北海道に行く前に知っていたら、ここで借りたんだが...

P1090291_

2017年8月22日 (火)

”指宿スカイライン”再び - 九州のドライビングロード#10

指宿スカイラインに再び行ってきました。

特に谷山IC~頴娃IC間は、やはり九州で最高、一番のドライビングロードですね。

真剣に走ると、首の筋肉にかなり負荷がかかります。

もし鹿児島に住んでたら、毎週末走り込むだろうなぁ。

走るので忙しいので、写真もなしです...

みなさん!これからも楽しく走るために、安全運転だけは心がけてくださいね!

初めて行ったときの記事:”指宿スカイライン” - 九州のドライビングロード#1

2017年4月13日 (木)

長崎サンセットロード完走計画

昨年、長崎の生月島サンセットウェイの走行記事を書きましたが。

実は、南は野母崎から、平戸を経て松浦辺りまで続く海岸線の道を”長崎サンセットロード”と言い、その一部が生月島サンセットウェイだったんです。

https://www.doboku.pref.nagasaki.jp/~n-fukeikaidou/index.html

地図を見ると、海岸線の面白そうなワインディングロードが続く道のようです。

全長がかなり長いんで、熊本からの往復を1日で走りきることは難しそうですが、2回に分ければゆっくり回れそうです。

熊本から島原へ渡り、佐世保ぐらいまいって、そこから高速で熊本へ戻るか、佐世保泊で一日目。

二日目は、佐世保から、平戸、生月島、松浦、伊万里まで回るのが良いかなぁ。

まだ、スイフトが納車前なので、すぐにはいけませんが、

スイフトのナラシが終わった後、このルートにチャレンジしてみようと思います。

元ネタ記事:http://gazoo.com/drive/pickup/spot/Pages/route30097.aspx

http://gazoo.com/drive/pickup/spot/Pages/route30080.aspx

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年4月 1日 (土)

有明海一周(小回り) - 九州のドライビングロード#9

有明海一周(小回りルート)をドイライブしてきました。

”小回り”と入れたのは、島原から天草に渡って、さらに阿久根に渡って戻ってくる大回りルートがあるからです。

今度は大回りルートにチャレンジしたいが、おそらく、一日で回れるかもしれないけど....かなり時間がかかるかと。

今回は熊本の沿岸を走り、玉名、大牟田、柳川、大川、佐賀を回って、鹿島、雲仙に至り、最後はフェリーで熊本に戻るルートです。

ナビにセットする場合は、経由地をうまくセットしないと、高速道路経由になったり、海岸線を通らない道になったりと...

大牟田からは、有明海沿岸道路に乗り柳川まで行きます。

それ以外は、一般道をひた走り。

途中、鹿島市から諫早に至る道は今回は海岸を走る207号線を選びましたが、

山道の多良岳オレンジ街道という道もあるようです。

こちらは、ちょっとワインディングになっているようで、好みによってはこちらの道も良いかも。

ちなみに、今回のルートは、ワインディングなし、ほとんど元気に走れる道はありませんので、安全運転でお願いいたします。

長洲港のカモメ。 なんだか,演歌の世界。

P1080109_

道の駅多々良の漁師の館で食べた、牡蠣釜飯をいただきました。

沿線には牡蠣小屋が多数あります。

P1080144_

諫早湾の潮受け堤防の水門

P1080183_

オーシャンアローから島原を望む。

内海はおとなしいので、ほとんど揺れませんね。

P1080206_

フェリーに集まるカモメ。かっぱえびせんが、餌として売られてます。

P1080200_

熊本港に到着。

P1080234_

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年1月11日 (水)

県道142号線(水上村-椎葉村) - 九州のドライビングロード#8

先日は、国道388、265を通るルートで水上村から、椎葉村までのドライブでしたが、今回は市房ダムの北側の県道142号線で椎葉までドライブしました。

市房ダム北側から不土野を経て、椎葉ダムの北側を通って椎葉村に至ります。

前回同様に、すごい山道です。

今の季節は、凍結、積雪に注意が必要です。

チェーンが必要、あるいは通行できない場合もあると思いますので、凍結、積雪があるときは無理しない方が良いと思います。

私は以前、かちかちに凍った山道で、とても危険な思いをしたことがあります。

今回も、水上村物産館に一度立ち寄り、飲み水と缶コーヒーを買いました。

P1070970_

ダム周辺はかなり霧が出ていて、ちょっと心配でしたが、山道を上がっていくと霧が晴れてきました。

P1070977_

下の写真は市房ダムから、ちょっと山道を上がったところですが、まだ道は広い。

P1070990_

しかし、すぐに道は細くなります。これでもまだ広い方。

もっと狭くなります。

P1070991_

山道を上がっていくと、遠くに白水滝と吊り橋が見えました。

白水阿蘇神社という神社もあるようで、白蛇をまつっているそうです。

P1070992_

熊本と宮崎の県境です。

P1080002_

石碑が建っていました。

P1080003_

熊本県側を振り返ると、チェーン必要の看板があります。

市房ダムから、山道に入る場所にも同じように、チェーン必要の看板があります。

かなり急勾配ですので、凍結していたらチェーンしててもだめかも...

P1080005_

しばらく走ると、立派な橋が架かっていました。

P1080011_

湧き水です。

”長寿の水”だそうです。

P1080016_

長寿の水の近くは、休憩所になっています。

P1080023_

この標識なんだか分かりますか?

”警笛ならせ”ですよ!

今じゃ、ほとんど見かけませんが、昭和50年代の始め頃までは結構よく見かけたんだけどねぇ。

P1080025_

道路沿いにあった、不土野の地図です。手書きです。

P1080026_

椎葉ダムに到着。

ダムの展望台からの眺めです。

P1080037_

昼飯は、”しいばや”で食べました。

椎葉の方が食事は便利だと思いますので、もし行かれるのであれば椎葉で昼飯を食べる計画にした方が良いと思います。

Dsc_2366_

川でとれた川海苔をトッピングした蕎麦です。

蕎麦に200円プラスすると、ご飯、漬け物、前菜がつきます。

漬け物の横にあるのが、柚胡椒を入れて食べると、香りが最高!

Dsc_2353_

彩り鮮やかな前菜。

個人的には、豆腐の味噌漬けをつけてほしかったなぁ。

Dsc_2350_

 

 

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2016年12月30日 (金)

国道388、265(水上村-椎葉村) - 九州のドライビングロード#7

今回は山道です。

熊本県水上村から宮崎県椎葉村に至る、国道388-265号線です。

舗装はされていますが、ほとんど林道。

普通車でも通ることはできますが、ジムニーみたいな軽自動車が良いですね。

コーナーの続く林道をラリー感覚で走るのが楽しい。ただし、スピードは控えめに。

道がもう少し広くて、未舗装だったら、もっと面白いんですけどね。

ちなみに、水上村から椎葉村に至るルートは、県道142号線を通って行くルートもあります。

次回は、このルートにチャレンジしようと思っています。

 

スタート地点の市房ダム

ダム湖畔にある、水上村物産館でそばを食べて出発。

P1070777_

宮崎と熊本の県境

右が熊本、左が宮崎。

P1070784_

ほとんどが、こんな感じのせまく、曲がりくねった道です。

下の写真の場所は、写真を撮りやすい直線の部分で撮影してます。

すれ違う車は10台もありませんが、ブラインドカーブが多く、出会い頭の衝突には要注意!

事故に遭ったら、2,3時間じゃ誰も助けに来てくれませんし、場所によっては携帯の電波が弱い場所もあると思う。

ちなみに山道では、むやみに路肩に寄って走らない方がいいです。

いつ路肩が崩れ落ちるか分かりません。 落ちたら最後、しばらく誰も気づいてくれないと思います。

P1070787_

たぶん、椎葉方面を見ていると思う。

遠くの山にも林道が走っているのが見える。

どうやって行くんだろう...

P1070800_

椎葉ダム

アーチ式のきれいなダムです。

P1070811_

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2016年9月 8日 (木)

9つのポルシェで走るSoulful driving

ポルシェのYouTubeチャンネルにあげられていた、素晴らしいドライビングロードの動画です。

場所は詳しくは述べられていませんが、スイス、イタリアのアルプスらしい。

こんなに長く続く、素晴らしいドライビングロードを死ぬまでに一度は走ってみたい。

レンタカーのカローラでも良いから。

やっぱり、ステルヴィオ峠に行くしかないな!

ここを走れれば、死んだっていいや。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2016年8月27日 (土)

溶岩道路+県道26号 - 九州のドライビングロード#6

鹿児島県、桜島の海岸線を走る”溶岩道路”=国道224号線を走ってきました。

溶岩道路は、桜島フェリーから大隅半島の220号線を結ぶ、桜島の南側を走っている国道です。

この路線は桜島観光のメイン道路となっているため、観光客の車が多く、ゆったりドライブが基本です。

溶岩道路だけでは物足りないので、北側を走っている”県道26号線”を含めて、”桜島一周”ルートとして紹介します。

■行き方

鹿児島市内(薩摩半島)がわから、桜島フェリーで桜島に渡るか、大隅半島の国道220号線から入っていく方法が一般的ですが、

今回私は、もう少し南側を航行する別のフェリー(垂水フェリー)で大隅半島に渡り、いったん鹿屋まで行き、海上自衛隊の鹿屋航空基地 資料館を観光した後、220号線を北上して桜島へいきました。

桜島フェリーを使えば、指宿スカイラインとダブルヘッダーも良いかもしれませんね。

■ルート

”溶岩道路+県道26号”の桜島を一周するルートです。

南側の溶岩道路は観光道路なので、ゆっくり観光しながら良いと思います。

北側の県道26号線は交通量は少ないが、住宅地や学校などが沿線上に多くあり、低速車両も多く走っていますので、思いっきり走るわけには行きません。

今まで紹介したドライビングランプほど、元気には走れません。
周囲の状況をよく見て、くれぐれも安全運転してください。

■その他

垂水フェリーに乗った時、ちょうど昼時だったこともあり、船内のうどん屋さんに長蛇の列ができていた。

どうも、鹿児島ではフェリー内のうどん屋さんがかなり人気らしく、鹿児島県人はどうもフェリーに乗ると、うどんを食べるというルーティーンらしい。

もう一つフェリー、桜島フェリーでも船内のうどん屋さんが人気らしい。

■写真

220号線を鹿屋方面から北上。 桜島を望む。

P1050341_

国道の電光掲示板で、何度かこのような表示を見かけた。 バイクの方は特に注意が必要だろう。

P1050340_

20年ほど前、バイクで来た時に同じ場所で写真を撮ったので、溶岩道路にて撮影。

P1050345_

県道26号線。
人家やお店、学校などが多いのでスピードの出し過ぎに注意。

P1050349_

なぜか、ガードレールが黒。

白だと、火山灰などで汚れてしまうから、最初から黒にしたのだろうか?

P1050371_

海上自衛隊の鹿屋航空基地 資料館のゼロ戦

P1050260_

P1050257pano_

道の駅垂水の雀たち。

P1050373_

■地図

 

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2016年7月20日 (水)

宗太郎越え~国道326号線経由 - 九州のドライビングロード#5

今回は、大分県豊後大野市三重町から国道326号線を経て、国道10号線の宗太郎越え(宗太郎峠)を走ってきた。

当初の目的は、”宗太郎越え”だったんですが、国道326号線沿いに観光スポットがあるので含めてみた。

国道326号線は、10号線のショートカットとして街道となっていて、トラックがかなり多かった。 特に付近は林業が盛んなためか、材木を積んだトレーラーが多かった、たまに牽引トレーラーもいるので、追い越しには注意が必要!

さらに、326号線はお巡りさんも多い、特に夜はパーキングエリアにパトカーが潜んでいたりする。

本題の宗太郎越えだが、日豊本線の市棚駅と重岡駅の区間を宗太郎越えと呼んでいるらしい。
実際に走ってみても、市棚駅と重岡駅の間が、良い感じに走ることができる。

326号線が今のように整備される前は、10号線が大分-宮崎間の街道になっていて、昼夜を問わずかなりの交通量があったように記憶している。

しかし、いまは326号線に加え、高速道路(東九州自動車道)もできたため、ひっそりと交通量も少ないので、かなり走りやすい。

宗太郎越えは鉄ちゃんにも有名らしく、1000分の20という急勾配の場所があるらしい。

宗太郎越の沿線には、特に観光スポットがないので、326号線の観光スポットを紹介します。

まずはなんといっても、”トトロのバス停”。

行ってみると、ちょっとがっかりするかもしれませんが...

それと、道の駅宇目。

栗のソフトクリームが有名で、じゃらん九州でも一位になったそうだ。

ほかに、唐揚げ、しか肉のカツサンドなどもおいしい。

近くでブルーベリーを栽培しているようで、パックにいっぱい詰められた採れたてブルーベリーを、おばちゃんが店頭に並べていた。

キャンプ場も併設しているので、泊まりで行くことも可能。

市棚駅付近の写真
P1050024_a

P1050035_a

P1050037_a

トトロのバス停
場所が解らない場合は、道の駅宇目できくと良い。
P1040972_a

P1050003_a

道の駅宇目

P1040962_a

暑くて溶けそうだったので、写真撮る前にちょっと食べました。
P1050004_a

大分のお土産は、やっぱり”ザビエル”!
包みをよく見ると、銀と金のものとがあり、銀のものは白餡、金のものはラムレーズン入り餡。
P1040960_a

しか肉のカツサンド
P1050020_a

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

Amazon....

楽天

ブログ村

  • ブログ村

AD

楽天....

無料ブログはココログ