THX7539

フォト

Amazon.

楽天...

Amazon...

ドライビングロード

2018年10月 9日 (火)

”国道442号線” - 九州のドライビングロード#14

今回は”国道442号線”!

442号線は、大分県大分市から、福岡県大川市をつなぐ全長約174㎞、九州を横断する三桁国道です。

三桁国道で九州を横断できるというのが、すごいと思いませんか?

途中210号線、57号線、387号線と重複していますが、三県(大分、熊本、福岡)を貫いています。

おそらく、三桁国道では九州で一番長い国道ではないかと思います。(確かでありませんが)

福岡方面から久住、阿蘇方面へドライブ/ツーリングされる方は、よく利用されている方も多いと思います。

が、しかし、この道が大分市まで続いていて、しかも全線走破した方は少ないのでは?

九州を横に貫く国道として、もっと整備しても思うんだが...

スタートは大分から、

大分市の大道入口交差点を9時ごろ通過、

交通量が多いので、写真は撮れません。

スタート地点からしばらくは210号線と重複し、途中から442号線が枝分かれしていきます。

写真は、442号線に枝分かれして少し走った場所にある、標識。

行く先が”竹田”になってますね。

ちなみに、逆の八女辺りの標識では、行先はすでに”竹田”が表示されています。

でも、八女に住んでる方で、竹田に行ったことがある人はどれくらいいるんだろう?

Dsc_3032

更に進んでいくと、建設中の大分ダムが見えてきます。

Dsc_3034

大分ダムを過ぎて、しばらく行くと道が狭くなります。

この区間は、442号線で一番狭い道ですね。

センターラインのない山道を走り慣れない方は、安全運転しましょう。

山道を走るときは、先をよく見て対向車をいち早く見つけるのが肝です。

それと同時に、もし対向車が来たら何処ですれ違うかを考えながら走ると良いと思います。

Dsc_3036

下の写真は、小国町から少し行った場所ですが、

442号線のほとんどは、これくらいの道幅か、これ以上の道幅です。

センターラインのある二車線道路(片側一車線)です。

Dsc_3037

黙々と走り、14時に福岡県大川市、中原交差点に到着。

ゴールです。

ウィキペディアでは、しげあみ交差点が大川市の始点となってますが、

おそらく、新旧の442号線が併走しているためかなぁ?

Dsc_3038

結構距離がありますが、三県をまたがっているので、寄り道しながら色々と各地の観光も楽しめますし、ワインディングも十分に堪能出来ます。

でも、寄り道しながら観光すると、1日で全線走破は厳しいかも。

2018年5月16日 (水)

”箱石峠” - 九州のドライビングロード#13

今回は箱石峠です。

いかにも峠道という感じの道で、道だけを見るなら最高のドライビングロードなんですが、

結構車が多いし、もうすこし距離が長ければと思います。

残念ながら、指宿スカイラインにはかなわないかなぁ。

私のオススメは北側から峠を上り詰めたとこまでだが、

更に南へ進み、下りきった”上色見熊野座神社”辺りまで走っても面白い。

土日、祝日などは、観光客も多いので要注意!

よそ見(風景見ながら)しながら、低速で突然止まったり...

一番怖いのは観光客の路駐!

路肩の狭い場所に路駐したあげく、ふらふらと道を渡って、写真撮ったりしてる!

これが一番危ない。

峠道は狭いが、よく峠道の路肩に車を止め、車を風景に入れて写真を撮ってるのを見るが、これもやめて欲しい。

車は、パーキングエリアなり、路肩が十分広い場所に止めて欲しい。

ちなみに、阿蘇、久住は牧草地が多いですが、牧草地に勝手に入るのもやめましょう。

くれぐれも、地元の軽トラも多いし、追い越しポイントも少ないので無理な追い越しはやめましょう。

安全運転! 低速車を煽らない、無理な追い越ししない!

Dsc_2949pano_

2018年5月 4日 (金)

”指宿スカイライン - 瀬平自然公園 - 枕崎” - 九州のドライビングロード#12

指宿スカイラインを三度走ってきました。

やはりこの道最高!!!

しかも、こないだネガキャンを付けたこともあり、最高に楽しめました。

思い起こせば、2016年から毎年一度は訪れております。

九州のドライビングロード”シリーズの第一回目が、”指宿スカイライン”でした。

二度目は2017年8月でした。

今回は、ちょっと観光的な要素も追加してみました。

指宿スカイラインだけでなく、池田湖を経て、海沿いの国道226号線で枕崎まで行ってきました。

観光ポイントは、指宿スカイラインの終点、頴娃ICを抜けた後の場所で、

千貫平自然公園”、ここは超眺めが良い!

錦江湾から開聞岳まで一望できます。

今の季節ならツツジがきれいだと思います。

次は、池田湖。

私はいつも”池田湖パラダイス”で休憩。

湖畔のドライブインで、花壇がきれい! さらに、ドライブイン内には大ウナギもいます!

花壇越しに見る、池田湖、開聞岳が撮影ポイント。

P1100077_

ここからは湖畔の県道28号線を、国道226号にぶつかるまで進みます。

国道226号にでたら、枕崎方面へ今度は海岸線を走っていきます。

途中の見所は、”瀬平自然公園”。

ここからは、海からの開聞岳の眺めが最高!

GAZOOでも紹介されてます。 https://gazoo.com/drive/route/180416.html

P1100095_

P1100098_

あとは、枕崎までひたすら走り、

とりあえず、指宿枕崎線の終着駅である”枕崎駅”を目指します。

P1100109_

鉄道に興味の無い方は、”火之神公園キャンプ場”がオススメ。

キャンプしなくても海岸まで入れて、海の眺めが最高に良い。

ここからは、”立神岩”がよく見えます。

P1100185_

さらに、近くの”日之神公園平和祈念展望台”も良い。

戦艦大和が沈んだ場所が見えるそうで、慰霊碑が建っています。

また、映画のロケ地もあります。

お腹がすいたら、”枕崎お魚センター”に行けば、鰹料理をいただけます。

ただし、ゴールデンウィーク中は混雑が予想されます。

今年はやはり、例年に比べちょっと観光客の数が多い気がする...

ゴールデンウィーク後半の参考になれば幸いです。

くれぐれも安全運転で!

2018年4月 6日 (金)

”大地を切り拓く「日本の絶景」” - 日本のドライビングロード番外#2

さて、いよいよ季節も良くなり、絶好のドライブ日和となってきましたが、

今回は日本のドライビングロードが紹介されている、Webサイトを紹介いたします。

これからの季節、是非参考にしていただければと思います。

紹介するのは、レクサスのWebサイトにあった記事です。

タイトルは”大地を切り拓く「日本の絶景」おすすめドライブルート6選:壮大なスケールの自然が非日常へといざなう”。

九州は、”熊本の箱石峠”、”大分県 湯布院日田往還”の2カ所も紹介されています。

どちらもオススメ!ですが、いわゆる峠の走りを期待される方は、箱石峠が良いと思います。

湯布院日田往還は、どちらかというとゆったりかなぁ。

その他に私が注目したい、行ってみたいと思う道は、”青森県 竜伯ライン”ですね。

海沿いの良い感じの道。

某ドライビングロードを紹介したページで、この道は確か1番か2番だったと思います。

昨年、行ってみようかと思ったんですが、結局、北海道のニセコパノラマラインを走ってきました。

このレクサスのWebサイトでは、色々とテーマに沿ったドライビングロードが紹介されていて、色々と参考になります。

春の季節にこそ体感したい、一度は走っておきたいドライブルート5選

寒い冬こそ走りたい、大人の感性を刺激する海沿いのドライブルート8選

2018年3月31日 (土)

”玉名広域農道 - 県道1号” - 九州のドライビングロード#11

久々のドライビングロードの記事です。

今回は”玉名広域農道”(一部 県道1号線)。

熊本市内からも近く、天気が良ければ有明海、島原が望める絶景が楽しめる。

ルートは、熊本市内からであれば、金峰山を登り、峠の茶屋を経て、

横道ラーメンを起点として、県道一号線に沿って進み、

途中で右に曲がって”玉名広域農道”へ入ります。

Dsc_2892_

さらに、途中から農道を外れ吉次峠(きちじとうげ)方面へ曲り、県道31号線にぶつかる地点まで。

金峰山は、自転車が多く道が狭いので要注意です。

上りの自転車はまだ良いんですが、下りの自転車の中には、あり得ないスピードで下ってくる馬鹿がいますので、スピードの出し過ぎには注意。

お巡りさんなんとかしてくださいよ!原チャリでも30kmなのに、自転車であのスピードはないよ。

ちなみに、わたしは、金峰山方面からでなく、県道31号線方面からの方が好きです。

途中、眺めの良い場所として”ナルシストの丘”がありますが、

駐車スペースが狭いので、車はちょっと止めづらいく、バイクが多いときは止めれないと思います。

天気が良ければ、広がった平野の先に有明海、さらに島原半島までがよく見えます。

下の写真は、あいにく曇りで...

Dsc_2886_

もう少し玉名方面へ行った場所に広い展望所があるので、そちらの方が良いかも。

Dsc_2895_

道の様子としては、基本的にミカン畑に囲まれた農道なので作業車が多い、休日は観光客も多い、バイクも多いです。

スピードの出し過ぎには、十分注意した方が良い。

冬場でも、山沿いの道ほど寒くもなく、雪もないので走りやすい。

2017年9月12日 (火)

”国道228 函館~松前” - 日本のドライビングロード番外#1

ニセコパノラマラインを訪れる前日、国道228号線を函館から松前まで行ってきました。

ワインディングではないし、観光ドライブなので、番外としております。

ドライブの目的は、函館観光+青函トンネルの入り口を見ることです。

まずは函館観光ですが、とりあえず函館山に行ってきました。

夜景は混み合うし、夜は車で登れないので、あえて早朝に行ってきました。

P1090047_

駐車場の傾斜が半端じゃない。

左右の建物の屋根のラインを見てもらえば分かりますが、カメラは水平です。

ブレーキを忘れて、車が間違って落ちないよう、斜面に対して平行に駐車するようになってますね。

P1090022_

その他、五稜郭、ベイエリアなどにも行ってきましたが、省略します。

国道228号線をただひたすら、松前を目指して走りました。

ほとんど直線が多いので、のんびりドライブです。 直線は面白くない。

ちなみに、この日は、パトカーに捕まっている車を3台も見ました。

どうも国道228では、パトカーの車載レーダーでのスピード違反取り締まりを、かなりやっているようです。

P1090101_

途中、木古内で昼飯。

木古内駅は、北海道最南端の駅です。

新幹線と道南いさりび鉄道の駅があります。

P1090116_

いさりび鉄道の車両。

P1090111_

途中の白神岬。

北島三郎の演歌を歌いたくなる~

P1090133_

松前の道の駅まで行って折り返し、帰り道で青函トンネルの入り口展望台に立ち寄りました。

横の看板の下に、ちゃんと通過時刻表がありました。

P1090146_

ちょっと遠くて、望遠レンズが必要。

P1090151_

さらに、帰り道で面白い物を発見。

道の駅知内で見つけた、“おっぱい饅頭”!

吸い付いたりせず、ちゃんと食べましょう。

P1090154_

P1090155_

 

 

2017年9月10日 (日)

”ニセコパノラマライン” - 日本のドライビングロード#1

ついに九州を離れ! 北海道のドライビングロードを走破してきました。

走破したのは”ニセコパノラマライン”

ニセコパノラマラインとは、道道66号線のJRニセコ駅から岩内町までの区間を指します。

私は夏の終わりに行きましたので、まだ緑が鮮やかでしたが、これから秋が深まるにつれ紅葉がきれいになるそうです。

ただし、冬の間10月下旬から4月の初旬までは通行止めになるので注意が必要です。

今回は、函館市内に宿泊し、函館朝市で朝飯を食べたあと出発しました。

レンタカーはデミオです。 本当はトヨタで86をレンタルしたかったが...予算の都合上...

でも、なかなかよく走ってくれました。 ちょっと回しすぎて、エキマニが焼けるにおいがしましたが...

ずっとFFだと思って運転していましたが、車の後ろにAWDと書かれていてました。

ずっと”なんだか、FFらしくないなぁ”と思っていたら、ドライブの後半でやっとそれに気づきました。 北海道はやっぱり、4駆が良いんでしょうね。

P1090273_

さて、函館を出て高速道路をひた走り、道の駅ニセコでひとまず休憩。

ナビをセット。 目的地を”道の駅いわない”(岩内)にセット。 これだけだと、ナビは道道66号を選ばないので、さらに、経由地として”神仙沼自然休養林展望台”あたりを選んだ方が良いと思います。

P1090204_

岩内までは、約1時間のドライブ。

平日でお盆過ぎでしたので、車の数がすくなく、観光バスも見なかったので、かなり楽しんで走ることができました。

ただし、これから秋になるにつれ紅葉シーズンになると、車の量が増えてくるかもしれません。

北海道は、路がまっすぐなイメージがありますが、山間部のワインディングも結構いいですね。

もし、北海道、函館、ニセコ辺りへの旅行を計画する際は、レンタカーでニセコパノラマラインを走ることをオススメします。

P1090256_

途中の”大谷地”という場所です。

とてもきれいな風景ですが、熊の生息地で、しかも付近では遭難者も出ているらしく、物騒な看板が出ていました。

P1090246_

P1090254_

実は前日、函館から松前まで海岸線を走りましたが、こちらはほとんど路がまっすぐで、マッタリとしたドライブになりました。 後日、記事にしたいと思います。

途中の休憩ポイント、”神仙沼自然休養林展望台”。 コーヒー、ソフトクリームなどをいただける売店もあります。

ここからちょっと歩くと、神仙沼という沼があるらしい。

P1090242_

P1090239_

P1090205_

岩内の町

P1090232_

道の駅いわない。 お土産の販売と観光案内のみです。

北海道の道の駅は、お土産と観光情報のみで、食堂がない場所が多かった。

九州だと、ドライブイン感覚なんだけど。

岩内はアスパラガスが特産らしい。

ちょうどお昼だったので道の駅からすぐ近くの”北緯43度”という、定食屋さんでランチ。

魚定食が各種あり、お勧めです。

P1090209_

岩内からニセコへ向かう。

P1090225_

ニセコ駅

P1090260__2

地図

おまけ画像、

北海道新幹線の新函館北斗駅前にあるモンスタースポーツのレンタカー屋さんタジマ レンタルステーション”です。

シトロエン、プジョー、DSをレンタルできるようです。

北海道に行く前に知っていたら、ここで借りたんだが...

P1090291_

2017年8月22日 (火)

”指宿スカイライン”再び - 九州のドライビングロード#10

指宿スカイラインに再び行ってきました。

特に谷山IC~頴娃IC間は、やはり九州で最高、一番のドライビングロードですね。

真剣に走ると、首の筋肉にかなり負荷がかかります。

もし鹿児島に住んでたら、毎週末走り込むだろうなぁ。

走るので忙しいので、写真もなしです...

みなさん!これからも楽しく走るために、安全運転だけは心がけてくださいね!

初めて行ったときの記事:”指宿スカイライン” - 九州のドライビングロード#1

2017年4月13日 (木)

長崎サンセットロード完走計画

昨年、長崎の生月島サンセットウェイの走行記事を書きましたが。

実は、南は野母崎から、平戸を経て松浦辺りまで続く海岸線の道を”長崎サンセットロード”と言い、その一部が生月島サンセットウェイだったんです。

https://www.doboku.pref.nagasaki.jp/~n-fukeikaidou/index.html

地図を見ると、海岸線の面白そうなワインディングロードが続く道のようです。

全長がかなり長いんで、熊本からの往復を1日で走りきることは難しそうですが、2回に分ければゆっくり回れそうです。

熊本から島原へ渡り、佐世保ぐらいまいって、そこから高速で熊本へ戻るか、佐世保泊で一日目。

二日目は、佐世保から、平戸、生月島、松浦、伊万里まで回るのが良いかなぁ。

まだ、スイフトが納車前なので、すぐにはいけませんが、

スイフトのナラシが終わった後、このルートにチャレンジしてみようと思います。

元ネタ記事:http://gazoo.com/drive/pickup/spot/Pages/route30097.aspx

http://gazoo.com/drive/pickup/spot/Pages/route30080.aspx

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2017年4月 1日 (土)

有明海一周(小回り) - 九州のドライビングロード#9

有明海一周(小回りルート)をドイライブしてきました。

”小回り”と入れたのは、島原から天草に渡って、さらに阿久根に渡って戻ってくる大回りルートがあるからです。

今度は大回りルートにチャレンジしたいが、おそらく、一日で回れるかもしれないけど....かなり時間がかかるかと。

今回は熊本の沿岸を走り、玉名、大牟田、柳川、大川、佐賀を回って、鹿島、雲仙に至り、最後はフェリーで熊本に戻るルートです。

ナビにセットする場合は、経由地をうまくセットしないと、高速道路経由になったり、海岸線を通らない道になったりと...

大牟田からは、有明海沿岸道路に乗り柳川まで行きます。

それ以外は、一般道をひた走り。

途中、鹿島市から諫早に至る道は今回は海岸を走る207号線を選びましたが、

山道の多良岳オレンジ街道という道もあるようです。

こちらは、ちょっとワインディングになっているようで、好みによってはこちらの道も良いかも。

ちなみに、今回のルートは、ワインディングなし、ほとんど元気に走れる道はありませんので、安全運転でお願いいたします。

長洲港のカモメ。 なんだか,演歌の世界。

P1080109_

道の駅多々良の漁師の館で食べた、牡蠣釜飯をいただきました。

沿線には牡蠣小屋が多数あります。

P1080144_

諫早湾の潮受け堤防の水門

P1080183_

オーシャンアローから島原を望む。

内海はおとなしいので、ほとんど揺れませんね。

P1080206_

フェリーに集まるカモメ。かっぱえびせんが、餌として売られてます。

P1080200_

熊本港に到着。

P1080234_

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

Amazon....

楽天

ブログ村

  • ブログ村

AD

楽天....

無料ブログはココログ