2022年4月17日 (日)

過去世の記憶や胎内記憶を持つ子どもたち #生まれ変わり #過去世の記憶

ブログを訪問して頂き、ありがとうございます。

 

先日、TVを見ていると過去世の記憶を持つ子どもの事が紹介されていました。

過去世で住んでいた場所の詳細な記憶を持っていて、そこに実際行ってみるというような企画でした。

斎藤一人さんがおっしゃるように、やっぱり、人間は生まれかわりながら魂を成長させるんだなぁ~

と思いながら見ていました。

 

今回はさらに、過去世の記憶のみならず、

宇宙の真理を語る子どものYouTube動画をご紹介いたします。

その子どもは、斎藤一人さんがおっしゃるように、

「我々は光であり、地球(この世)は勉強する場所、

住む場所や、親は選んで生まれてきた。」と言ってるそうです。

 

さらに、

「龍を見た!」、「記事と一緒に空を飛んでいた...」だとかも言ってるそうです。

おそらく、かなり魂のレベルが高く、この世に真実の一部を伝えるために生まれてきたんだろうなぁ...

時代と場所が合えば、たぶん位の高い僧侶だとか、宗教的にかなり高いレベルの人になったんだろうか?

なんて思いました。

改めて、日々の行動、生活を見直して、少しずつでも徳を積んでいきたいと思いました。

 

ブログをご覧頂き、ありがとうございました。

 

2022年1月23日 (日)

人生の道に迷ったり、失敗しても、ナビに目的地をセットし直せば良いだけ、いつでも幸せの道へ進路変更できる #三木大雲 #斎藤一人

ブログ記事をご覧頂き、ありがとうございます。

そして、このブログを訪れた貴方は、きっとついてる! 運が良い!

 

人間は生きていると、いろんな失敗をすることがあると思います。

しかし、失敗しても何度でもやり直せると思います。

自分でもう一度ナビに目的地をセットして、幸せの道を歩むと決心すれば良いんだと思います。

斎藤一人さん的に言えば、

失敗の中にも成功を見つけ、何かを学び、幸せを見つけれて、小さな成功だと思えば、失敗は失敗で無くなるのではないでしょうか。

自分の人生の舵は、自分が握っています。

自分がどうなりたいかを決めて、

天国言葉、愛のある言葉、笑顔を忘れずに、

しっかり自分で舵を取りながら生きていけば、絶対うまくいくはず。

 

わたしも、いままで数多くの失敗をして、何度も”人生を終わろうか”と思ったこともあります。

いまでも、それがフラッシュバックする事もあります。

 

実は今、会社を早期退職し新しいステージへ進もうと考えています。

おそらく絶対に、これからも色々と失敗し、ダメだと思うことも多々あると思いますが、自分の目的地をしっかりと見定め、しっかりと舵を切って生きていきたいと思っています。

最後まで、ご覧頂きありがとうございました。

2022年1月15日 (土)

言葉を変えるだけで幸せになれる! #斎藤一人 #三木大雲 #天国言葉 #言霊

記事をご覧頂き、ありがとうございます。

今回は、斎藤一人さんの”天国言葉”と”地獄言葉”の動画(音声のみ)、

そして”地獄言葉”ばかり使っていた方の実例として、三木大雲住職の怪談説法動画を紹介いたします。

 

人間は言霊(言葉)、言葉遣いだけで、人生が変わります。

愛のある良い言葉を使うように、言葉遣いに気を配るだけで、より幸せな人生を送ることができます!

その逆に、不平不満、愚痴、泣き言...ばかり言ってると、人生は悪い方向に行きます!

言霊(言葉)を大事にしましょう。

”天国言葉”ってこんな言葉です。
この言葉を笑顔で使い、毎日唱えてると、本当に人生変わります!!!

天国言葉

愛しています

ついてる

うれしい、楽しい

感謝してます

しあわせ

ありがと

ゆるします

地獄言葉

恐れてる

ついてない

不平不満

ぐち、泣き言

悪口、文句

心配ごと

許せない

ちょっと長い動画ですが、これは基本の”き”だと思っています。

もし時間が無ければ、最初の10分ぐらいでも是非聞いてください。

 

三木大雲住職の説法動画で、”地獄言葉”ばかり吐いていた方がどんな体験をしたかを語っています。

地獄言葉を使っていた人が、どんな臨死体験をしたのか...実例として、言霊の力の実証だと思います。

今からでも、いいんです! 天国言葉に切り替えましょう!

最後まで、ご覧頂きありがとうございました。

地獄言葉ばかり言ってると、本当に悪いことばかり起きます。
顔からも笑顔が無くなり、周りの人の態度も変わってきます。

地獄言葉は、人を”鬼”に変えます。

人間はいつからでも変われる、今からでも幸せになれると思います。

まずは、言葉から変えていきましょう。

天国言葉を使いましょう!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

2022年1月11日 (火)

#10人のお坊さん 「過去を忘れられなくて、振り切れないことにモヤモヤ...」その2

ブログにご訪問頂き、ありがとうございます。

今回も、先日NHKで放送された「10人のお坊さん」(後編)で取り上げられた説法に関する記事です。

https://www.nhk.jp/p/ts/YN499WWPNN/

今回も同じ以下のテーマについて取り上げました。

忘れられない過去、
『過去を忘れられなくて、振り切れないことにモヤモヤしたり、苦しんだりする』・・・

 

どうしても、私は過去の失敗、過ちのフラッシュバックが他の人と比べて多く、それが鬱状態への引き金になっている事もありますので、今回も同じテーマを取り上げました。

 

浄土宗 長谷雄蓮華さんの説法

 以下一部を引用

~略~

でも、もういいんですよ。もう十分頑張ったしね。十分悩んできたし、もう十分苦しんできました。もういいんです。自分を許しましょうよ。やっぱり幸せになってください。幸せになることが大切。そして何よりも一番最初にまず笑ってみてください。許せないな、そう思ったら笑ってください。苦しいなと思ったら笑ってください。後悔があったら笑ってください。

阿弥陀様という仏様、『和顔愛語』という修行をなさいました。優しい言葉、そして笑顔でこの世の中を救う。「それが成し遂げなかったら私は仏様にならない」とおっしゃられました。

お地蔵様の顔、ご存じですよね。優しい顔してます。私たちにその心の豊かさを与えてくれます。お地蔵様のご真言は『おん かかか びさんまえい そわか』っていいます。高笑いなんです。つらかったら、苦しかったら、笑ってください。

花が咲く。咲くって字があるでしょう。あの「咲」っていう漢字は、実は笑顔の象形文字なんです。一緒に笑って進んでいきませんか。

やはり、斎藤一人さんが言ってるように、自分を許し、幸福への道へ舵を切る!

そして、いつも笑顔! これが一番ですね。

ちなみに、10人のお坊さんの一人”天台宗 露の団姫さん”の笑顔って最高ですよね!

あの笑顔を目標にしたい。

 

臨済宗 桂紹寿さんの説法

 以下一部引用

~略~

だから、どうでしょうね。過去の思いとか記憶というのは無理に忘れようとしないことです。そして無理に思い出そうともしないことですね。忘れようとすればするほど、忘れようという気持ちに支配されていきますよね。逆にせっかく忘れかけてる思いというのを思い出そう、思い出そうとしますと、結局またその記憶を無理に引っ張り出してきて、それに苦しむことになってしまうわけですよね。

~略~

ふーっと心の中にそういういろんな過去の思いというものが浮かんできたときがあれば、そのときはほっとくのが一番なんですよ。心というのはおそらく”水面”と同じようなもんで、水面に石をぽーんと投げますよね。そうすると波紋がどんどん広がっていきます。それを無理におさめようとして、棒っきれかなんかを持ってきて水に刺してしまうと、余計に水面が揺れて波紋がどんどん立っていくわけですよ。

だから水面を穏やかにするための一番の早道は、何もしないことです。放っておいたら水面というのは穏やかになるんですよ。

~略~

その当時はきっと自分なりの精いっぱいのこと、自分が一番良かろうと思ったことをやったんでしょう。それはそれでいいんじゃないですか。だから過去の思いに苦しんでる方がおられれば、無理に忘れようとしないこと。また、無理に思い出そうとしないこと。放っておくのが一番です。

悩みも、過去の嫌な記憶もほっとくのが一番のようです。

 

他のお坊さんの説法は以下のリンクをご参照ください。

https://www.nhk.jp/p/ts/YN499WWPNN/blog/bl/pxLLXG3NZx/list/

2022年1月10日 (月)

#10人のお坊さん 「過去を忘れられなくて、振り切れないことにモヤモヤ...」

ブログにご訪問頂き、ありがとうございます。

今回は、先日NHKで放送された「10人のお坊さん」(後編)で取り上げられた説法に関する記事です。

https://www.nhk.jp/p/ts/YN499WWPNN/

10人のお坊さんに与えられた三つの説法テーマの中から、以下の一つについて取り上げました。

忘れられない過去、
『過去を忘れられなくて、振り切れないことにモヤモヤしたり、苦しんだりする』・・・

 

私は過去の失敗、過ちが突然よみがえってくる、いわゆるフラッシュバックすることがよくあります。

これが頻繁に起こると、鬱状態へのスパイラルの始まりです。

 

10人のお坊さんの説法の中で、私が特に共感した説法二つを紹介したいと思います。

曹洞宗 篠原鋭一さんの説法

 以下一部を引用

~略~

 やっぱり私たちっていうのはどうも苦悩も、それから幸せなことも、プラスマイナスすればどうやらゼロになるような気がするんです。 

~略~

『過去』『未来』『現在』、現在が最後に来ていますね。つまり私たちの人生っていうのは、いつでも確かなことは今なんですよ。

~略~

今日が本番なんですよと。そして今が本番なんです。その下に、この一瞬こそが本番なんです

~略~

過去の苦悩、それにずっと縛られて生きるのではなくて、今を生きる、今日を生きる。その生き方によって実は過去の苦悩も変化していく、変化させることができる。つまり、運命は変えることができる、過去も変えることができる。そして、明日が、明後日がというふうに未来へつながっていくんだ。

~略~

斎藤一人さんがおっしゃっている、

「運命は変えることができる。自分の人生の舵は自分が握っていて、いつでも幸せの道を選ぶことができる。過去は変える事ができるって、おっしゃっています。」

に通じるのかなと思いました。

 

浄土真宗 武田正文さんの説法

 以下一部を引用

~略~

手を合わせて南無阿弥陀仏と申しますは、『念仏』といいます。『念仏』の「念」という字は「今」という字に「心」という字を付けて「念」と書きます。今の私の心に集中する、過去や未来の妄想から今に帰ってくることを大切にしています。

~略~

念仏を申して今の自分に帰すとき意識していただきたいのは、合掌の姿勢でございます。この合掌の姿勢の中には、右手が正常な手、きれいな手、左手が不浄な手、汚い手という意味が込められております。自分の心、今までの体験の中に、良かったこと、うれしかったことや楽しかったこと、一方で、後悔することや悲しかったこと、つらかった経験、あろうかと思います。

~略~

仏様は、私たちには、このうれしかった経験も悲しかった経験も引っくるめてあなたですよ、それを丸ごと救ってあげますよという思いが阿弥陀如来の願いになってまいります。

~略~

人間って浄、不浄の二面性があって人間で、良い面だけの人なんていないわけですよね。

念仏を唱え、こつこつと徳を積むことで、最後は阿弥陀如来によって救われるって事でしょうか。

私は浄土真宗なので、この説法が結構しっくりきましたが、宗派によっては違うのかもしれません。

 

他のお坊さんの説法は以下のリンクをご参照ください。

https://www.nhk.jp/p/ts/YN499WWPNN/blog/bl/pxLLXG3NZx/list/

 

2022年1月 5日 (水)

今の人生に生きる意味をみいいだすには... #10人のお坊さん #斎藤一人 #三木大雲

ブログにご訪問頂きありがとうございます。

今回もNHKで放送された「10人のお坊さん」(前編)で取り上げられた説法に関する記事です。

10人のお坊さんに与えられた説法のテーマは、

『今の人生に生きる意味を見出せない、自分は生きていてもしようがない』・・・

参照URL:https://www.nhk.jp/p/ts/YN499WWPNN/

斎藤一人さんは、

・人間は生まれる前に、おおよその人生を決めて生まれてくる。だから、越えられない悩みは無い。

・人生とは、”ありがとう”と言われる人生を送ること。

・死んだ後にきかれることは、「人生を楽しみましたか」、「人に親切にしましたか」の二つだけ。

・因果を解消するのが、今世の仕事。

等、お話しになっているかと思います。

 

今回も10人のお坊さんの中から、三木住職の説法を紹介したいと思います。

三木住職の説法は、斎藤一人さんのお話とも結構共通点があるのかなぁと思っています。

以下一部を抜粋して掲載いたします。

「私たち人間というものは、この人間に生まれる少し前、『求名霊』、名前を求めてさまよう霊となって両親を選ぶそうなんですね。「どうか私に名前を付けてください」、「いいよ」って言ってもらえたところに子供として生まれてくる、そういうことがお経の中に書かれてるわけです。」

「そのときに、実は私たちは1人1人、この世に人間として生を受けたからには、こんなことをしようという、ある目標を1人1人持って生まれてくるんです。ところが、残念なことにこの記憶を私たちは生まれたら忘れてしまっているんですね。これもお経の中に、『失本心故』という言葉が出てきます。“本心を失えるが故に”、という意味なんですけれども、私たちは生まれてくる前の記憶を失ってしまって、目標を失ってしまったが故に、いろんな悩みに悩まされるっていうんですね。

びっくりですね。

斎藤一人さんも、

我々は親を選んで生まれてくる。この親なら幸せになれると思って選んでくる。自分と同じ傷を持った親の所に生まれる。
とおっしゃっています。

そして、三木住職は説法をこう結びます。

「ですけれども、共通する私たちの生まれた目標が1つ、お経の中に出てきます。それは“衆生を哀れむが故に”、というふうに出てくるんです。私たち人間は、この世に、人を助けたい、人を喜ばせたい、人のために何かするために生を受けたというふうにお経に出てきます。なので、生きる意味を失ったな、そんなふうに感じる方は、どうか、何か1つでも周りの人が喜んでくれるようなことをしていただけたらなというふうに思います。

参照URL:https://www.nhk.jp/p/ts/YN499WWPNN/blog/bl/pxLLXG3NZx/bp/pNz5xX3qW7/

長い人生、目標を失ったり、目標を変えざるをえなくなったりする事は、多々あるかと思います。

人生なんとかなります!

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

2022年1月 3日 (月)

イライラしたときこそ、徳を積むとき、因果をたつとき! #10人のお坊さん #斎藤一人 #三木大雲

ブログにご訪問頂きありがとうございます。

先日、NHKで「10人のお坊さん」と言う番組をやっていました。

このブログを書いている時点では、前編が放送されていましたので、後日後編も放送されると思いますので、視聴してみてはいかがでしょうか。

その番組の中で ”イライラ” する感情に対する対処法について、それぞれのお坊さんが説法を行っていました。

参照URL:https://www.nhk.jp/p/ts/YN499WWPNN/

 

イライラする感情(怒り)が起こったと言うことは、自分に嫌なことが起きた時ですよね。

上司に叱られるとか、誰かに足を踏まれるだとか...

斎藤一人さんは、嫌なことと言うのは、前世自分がそれをやってきたからだと言います。

要は、自分がまいた悪い種が原因だと言うことです。

でも、その嫌なことが起きたら、それは因果を消すチャンスなんだとも言っています。

相手にやり返すとか、さらに別に人に嫌なことするとか、因果を繰り返すこと無く、愛を持って対応し、自分の因果を刈り取れば、因果は消滅すると言うことです。

 

最初に紹介したNHKの番組の中では、まさに同じようなことをお坊さん方が語っておられます。

この番組には、YouTubeの怪談説法で有名な三木大雲住職も出演されていて、イライラする感情についてこんな風に語っています。 (一部抜粋です。 また、実際には、番組で三木住職がこの説法をされる姿は放送されていませんが、番組のホームページでのみ紹介されています。)

実は前世、前々世、前々々世でやった悪いことが、今、悪いこととなって現れているんです。ですから現れる世と書いて現世と。そんな世の中で嫌なことがあったときに私はいつも前世、前々世でやったことが今返ってきてるんだなというふうに考えるとともに、今これを許すことで私の罪が1つ消えるんだ、そんなふうに思うようにしてるんです。

ですからなんか嫌なことがこれは、過去の自分の罪が消せるチャンスだな、というふうに考えるようにしているんです。そうしていくと、徳を積んでいくことにもつながるんです。仏教では『積徳』、“徳を積む”ということをよく言われます。この徳を積むことで悟りに近づけるというふうにお経にも出てきます。

参照URL:https://www.nhk.jp/p/ts/YN499WWPNN/blog/bl/pxLLXG3NZx/bp/p1dONDRw3M/

一つ前に書いた記事のネタにしましたが、”許す” という言葉が出てきます。
斎藤一人の天国言葉にもありますが、”許す”って事は本当に大事ですね!

 

また、曹洞宗の安達瑞樹さんは、徳を積むための気づきのターニングポイントだと語っておられます。(一部抜粋)

「『煩悩即菩提』という言葉があります。この“菩提”というのは“お釈迦様のお悟りに近づきたいという思い”ですね。煩悩があるからこそ、私たちはこの菩提が起こるわけでございます。もしあなたがいらいらっとしたとき、それはもしかしたらターニングポイントなのかもしれません。少し立ち止まってじっくり考えてみる、それができればきっと良い方向へと転ぶことができるのではないでしょうか。」

参照URL:https://www.nhk.jp/p/ts/YN499WWPNN/blog/bl/pxLLXG3NZx/bp/p1dONDRw3M/

 

最後に、浄土宗の長谷雄蓮華さんの説法では、”鬼”ということばがでてきます。(一部抜粋)

『鬼』という言葉があります。実はこの『鬼』という言葉も仏教の言葉なんです。鬼という字は今のような漢字じゃなかったんです。鬼という字は、“隠れる魂(隠魂)”って書くんですよね。隠れる魂とは何か。実は自分自身の中に、鬼が住んでいるんです。

「鬼になりそうだったら、イライラしそうだったら、ちょっと手合わせてみるのもいいかもしれませんよね。手合わせてみたら、「あ!鬼になってる!」、そう省みていただきたいと思います。鬼になっちゃ駄目ですよ。仏様みたいなお顔になりましょう。

参照URL:https://www.nhk.jp/p/ts/YN499WWPNN/blog/bl/pxLLXG3NZx/bp/p1dONDRw3M/

 

人に対して愛を持って接し、許す心を持つことが、徳を積み、魂を成長させる秘訣の一つだと真に思いました。

前の記事に書きましたが、許す事ができないと、人は鬼になります。 本当です!

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

2022年1月 2日 (日)

「ゆるす」事の大切さ。 #斎藤一人 #三木大雲

ブログにご訪問頂き、ありがとうございます。

斎藤一人さんが言われる言葉の中に”天国言葉”と言うのがありますが、その最後に”ゆるします”という言葉があります。

もし、人を許せなくなったら、恨みだけが大きくなっていったらどうなるか?

怪談説法をやっている”三木大雲”住職のYouTubeでその実例を聞くことができます。

三木住職は、動画の中で以下のように言われています。

 ・一番人間にとって難しいことは、人を許すことではないか。

 ・人を恨んだら、自分の所へ戻ってくる。 人の幸福を願っても自分の所に戻ってくる。

 ・還著於本人: 恨みも善いことも悪いことも、業となり本人の元に還ってくる。

 天国言葉
  愛してます

  ついてる
  うれしい、楽しい
  感謝しています
  しあわせ
  ありがとう
  ゆるしま

動画を見ると、改めて天国言葉が重要だってわかります。

地獄言葉ばかり言ってると、本当に鬼になっちゃいます!

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

2022年1月 1日 (土)

2022年 明けましておめでとうございます。

2022年! 明けましておめでとうございます!!!

今年は、人生の新しいステージが始まるかも!

 

昨年は、八方塞がりの年で、何をやってもさっぱり。

悪いこと続きでしたが、逆に因果を断ち切れたと思います。

星占い的にもいい年になりそうなので、積極的に人生を切り開く行動を取り、幸せの道を歩みたく思います。

 

高千穂町にある”八大龍王水神”の碑文を掲載します。

Dsc_4822-2

場所はここ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

2021年10月25日 (月)

貴方に起きてる”悪いことの原因”教えます!

ブログを読んで頂きありがとうございます。

自分に起きている悪いことは、すべて自分がまいた悪い種が原因なんです。

悪いことをすれば、悪いことが起きる。

因果応報!

 

自分のまいた種は、自分で刈り取るのが決まり。

良いことをすれば(徳を積めば)、必ず良いことが起きる。

悪いことをすれば、必ず悪いことが起きる。

 

すぐに悪いことが起きるとは限りませが、来世かそのまた来世二なるかもしれませんが、必ず貴方におきいます。

今、断ち切らないと、永遠にその因果は断ち切れません。

 

悪い因果を刈り取って、

いつも笑顔でいて、天国言葉を使う。

ただそれだけで良い、

ただそれだけで、人生は好転していく。

 天国言葉
  愛してます

  ついてる
  うれしい、楽しい
  感謝しています
  しあわせ
  ありがとう
  ゆるします

 

それができないのは、貴方の”我”が邪魔しているからです。

自分がやったことが自分に起きている。

自分の因果を消すのは、自分しかいない。

 

因果を解消していけば、絶対に救われます。

でも、これができないと一生不幸です。 

そしてさらに、生まれ変わっても、生まれ変わっても、ずっとその不幸は続きます!!!

 

こちらは、三木大雲さんの怪談説法ですが。因果応報を身をもって悟られた方の例です。

話の中に出てくる人物は不眠症になっていますが、これって”もしもし地獄です。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

«毎日、いつも ”ついてる”!!!